ファクタリングを辞めたい!利用頻度を減らし抜け出すための方法も解説!

ファクタリングを辞めたいという方はキャッシュフローの改善が第一に必要になるため、まずは少しでも手数料削減や資金繰りを改善するために、「のりかえプラス」に相談してみましょう。

のりかえプラスではファクタリング手数料や買取債権額を今よりいい条件で提示してくれます。

ファクタリングは中小企業庁が推奨する資金調達方法である一方で、事業者の中ではファクタリングの利用をきっかけ悪いサイクルにハマっている方も多くいます。

参考:中小企業庁|中小企業の成長を支える金融

以下の業者はファクタリング手数料が業界最安水準となっておりますので、ファクタリングの利用を辞めたい方はぜひ参考にしてみてください。

3行でわかるまとめ:ファクタリングを辞めたい人が意識すべきこと
  1. 固定費を削減する
  2. 弁護士に相談し買掛金の支払いを遅らしたり、分割する
  3. 補助金・助成金を活用する

ファクタリングの利用は資金繰りを解消する一時的な特効薬にはなりますが、利用が当たり前になってしまうと、最悪の場合、倒産してしまう可能性すらあります。

そのため、当記事でファクタリングを辞めるために、利用頻度を減らし、資金繰り解消できるように努めていきましょう。

ファクタリングが辞められない理由3選

ファクタリングは一度利用すると、抜け出せなくなってしまう可能性もあります。

あなたが当てはまっていないか、ぜひ確認してみてください。

業界柄で入金サイクルが遅い

ファクタリングがやめられない理由の1つに入金サイクルが遅いと言うことが挙げられます。

特に、建設業や運送業は入金サイクルが業界的に遅く、入金が2ヶ月後や3ヶ月後ということがザラにあります。

建設業の方はすでに「けんせつくん」の利用者「ビートレーディング」などのファクタリング会社を利用している方も多いのではないでしょうか?

建設業は業界柄、工事の完工後に報酬が振り込まれることが多い一方で、職人や社員への給料の支払いはその月々で発生してくるため、資金繰りが悪化するケースが多くみられます。

建設業法上、未払いは少なかったとしても、出費が先に嵩んでしまうと資本力がない会社は資金ショートを起こしてしまいます。

参考:建設業法

そのため、入金サイクルが遅い事業者は少しでも早く入金してもらえるように元請け会社へ交渉してみることもファクタリングから抜け出すための1つの手段にもなります。

高額な手数料が経営を圧迫してしている

ファクタリングの手数料は2社間ファクタリングで10%〜20%程度、3社間ファクタリングで1%〜!0%程度となっております。

ファクタリングを辞めたいと思っている事業者は2社間ファクタリングを利用しているケースが多く、手数料が高額になっているケースが多く存在します。

そのため、一度ファクタリングを利用すると魔のサイクルにハマってしまい、抜け出せなくなってしまうのです。

利用者ならわかると思いますが、各ファクタリング会社が出している最低手数料はあくまで3社間ファクタリングを活用し、債権額が高いものに限ります。

そのため、まずは目先のファクタリング手数料を削減したいという方は「のりかえプラス」の利用で、手数料を削減しましょう。

参考:のりかえプラスの口コミ・評判は?運営会社やサービス概要についても徹底解説!

※手数料の削減は一時的な対処法に過ぎないため、弁護士に相談することも考慮しましょう。

利用するほど、返済金が膨れ上がる

ファクタリングを辞めたいのに辞められない一番の理由は利用するほど返済金が膨れ上がることと言っても過言ではないでしょう。

ファクタリングは簡単に言うと、手数料を払って、支払いを先延ばしにしている状態。

利用のたびに手数料を払えば払うほど、後々の返済金が膨れ上がってしまい結果として、ファクタリングを辞められなくなってしまうのです。

また、ファクタリングを辞められなくなると、資金繰り悪化から利用しているファクタリング会社の審査にも落ちてしまったり、最終的には審査の緩いファクタリング来店不要の即日資金調達できるファクタリング会社を頼り、さらに高額の手数料を支払っている場合もあります。

このような場合は、資金繰りを相談できる公的機関を紹介しておりますので、ぜひ一度相談してみてください。

ファクタリングをやめるための5つSTEP

資金繰り表を作成し、キャッシュフローを確認する

資金繰り表では、収入や支出、営業経費、財務収支、 次月繰越など、わかる数字を全て入力するようにしましょう。

京都銀行では、資金繰り表のテンプレートを無料ダウンロードできるので、資金繰り表の作成が自分では難しい方はぜひ参考にしてみてください。

参考:京都銀行(資金繰り表・経営(事業)計画書ダウンロード)

経費削減できるところを探す

ファクタリングを辞めたい人は、一番大事なのは目先の費用を削ることです。

多くの場合、余計な費用がかかっていたり、削減できるのに「めんどくさい」と言う理由で何も手をつけていない人が多いです。

ですが、経営において経費を把握すること、お金の使い道を把握しておくことは重要。

特に、固定費を削減できないかチェックしてみてください。

ファクタリングを利用する

いきなり、ファクタリングを辞めてしまうと、経営の危機に陥ってしまったり、最悪の場合、倒産にすらつながってしまいます。

そのため、ファクタリングは利用しながらも、少しずつキャッシュフローを改善していくことを心がけましょう。

オススメは「のりかえプラス」を利用して、少しでも手数料を安くしたり、買取債権額を増やしたりすることです。

キャッシュフローが回るようになったら利用頻度を減らす

固定費の削減や、ファクタリング手数料を改善していくと、少しずつ余裕が生まれてきます。

余裕が生まれたタイミングで、ファクタリングの利用回数を徐々に少なくしていきましょう。

ファクタリングを辞めて融資を受ける

ファクタリングの利用頻度を少なくすることに成功し、ファクタリングを利用しなくてもいい状況になれば、銀行融資などを受けられる可能性も高まります。

そんな時にはぜひ銀行に融資の相談をしてみましょう。

資金繰りを相談できる公的機関4選

ファクタリングの利用がどうしても辞められないと言う方は、公的機関に資金繰りに関して相談してみることも1つの手で

す。

都道府県等中小企業支援センター

引用:都道府県等中小企業支援センター

都道府県等中小企業支援センター」は中小企業庁中小企業支援法に基づいて、指定した法人で、都道府県等が行う中小企業支援事業の実施体制の中心として、各都道府県等に設置している場所です。

写真の通り、各都道府県ごとに相談センターが設けられており、ご自身の該当の都道府県に相談してみることができます。

東京都なら「(公財)東京都中小企業振興公社

事業承継や制度融資斡旋、またマーケティングや人材育成など幅広く協力してくれますので、資金繰りについても一度相談してみるのもオススメです。

商工会議所及び商工会

引用:農林水産省-商工会議所とは

商工会議所及び、商工会は地域ごとに組織が構築されており、その中に「経営指導員」と言う人が存在します。

そのため、自身の該当する商工会議所及び、商工会に相談することによって、あなたの悩みが楽になるだけではなく、問題解決の糸口が見つかるかもしれません。

行政とも連携している組織になりますので、一度自身の商工会議所に問い合わせ相談してみましょう。

地方自治体の商工課

あなたの会社がある地域には地方自治体が必ず存在し、その中に「商工課」が必ずもういけられています。

商工課では、会社の悩みや資金繰りに関する相談に乗ってくれます。

また、都道府県中小企業担当課というところもあり、中小企業庁から確認できるので、ぜひ確認してみてください。

中小企業基盤整備機構

引用:中小企業基盤整備機構

中小企業基盤整備機構では日本を引っ張っている起業家や事業者のために、幅広く事業支援を行ってくれます。

現時点で、経営がうまく回っていないのは失礼ながら、あなただけの力では不十分ということです。

専門家や外部の助けを借りながら資金繰りを改善していけるようにぜひ一度相談してみてください。

ファクタリングの利用者は増加している

引用元:FCI

日本はファクタリングが認知されるようになったのが2010年以降ということもあり、まだまだ利用者数は少なくなっておりますが、世界的にみると、市場規模はどんどん拡大傾向にあります。

また、日本においても、利用者数及び利用額についてはずっと増加しており、今後も利用者数は増加していくことが予想されます。

そのため、ファクタリングを利用していることが悪いことという間違った認識は捨てましょう。

ただ一方で、現実問題、ファクタリングを一度利用すると資金繰りが安定していない企業にとっては、抜け出せなくなってしまうというデメリットも隠れており、真摯に向き合う必要があります。

ファクタリングの優良企業の見つけ方

あなたが今ファクタリングを利用している場合、手数料や買取債権額に妥当性があるのかどうか気になる方も多いのではないでしょうか?

ファクタリングには過去、「二重譲渡」や「詐欺」が多かったことから、闇金と呼ばれる組織も中には存在しています。

ここでは、あなたが利用しているファクタリング業者が優良企業なのかどうかを確認する方法についてお伝えします。

また、ファクタリングのおすすめ会社17選も参考にしてみてください。

ファクタリング優良企業を見つけるコツは相見積もり

ファクタリングで優良企業を見つけるには「相見積もり」一択です。

信用しているから、大手企業だからという理由で相見積もりを行わず、ファクタリング契約を結んでいる場合、手数料を多く取られている場合があります。

手数料や買取債権額の妥当性を確かめる唯一の方法は「相見積もり」です。

相見積もりをすると、自分の利用していたファクタリングの手数料が高いのか安いのかが一発でわかります。

口コミやホームページを確認するという方法もありますが、いくらでもいじれてしまい、信憑性に欠けます。

そのため、今、利用しているファクタリングの手数料が妥当かどうか知りたい方は必ず以下の会社に相見積もりをお願いするようにしてください。

相見積もりオススメ3選
  1. のりかえプラスhttps://goodplus-service.co.jp/norikaeplus/
  2. PAYTODAYhttps://paytoday.jp
  3. ビートレーディング(https://betrading.jp

必ず、3社見積もりの上、契約に進むようにしましょう。

そうすることで、手数料削減だけではなく、手数料の目安についても理解することができるようになります。

ファクタリングを辞めたい人のまとめ

ファクタリングが辞められない理由3選

ファクタリングをやめるための5つSTEP

資金繰りを相談できる公的機関4選

ファクタリングは便利な資金調達手段である一方で、使い方を間違えてしまうと、自信を追い込んでしまいかねないサービスです。

必要な費用を必要な時に調達するにはぴったりのサービスですが、利用前には必ず利用意図を明確にすることが大切になります。

「いつまでに」「いくら必要なのか」をしっかりと自分自身で把握した上で、利用を検討するようにしましょう。

ファクタリングを辞めたい人がよくする質問

ファクタリングを利用して、お金を払わなくても大丈夫ですか?
いいえ、大丈夫ではありません。
ファクタリングでは、契約上、ファクタリング会社へお金の入金が必要になる場合があります。お金を返せない場合は、損害賠償請求になる可能性もあるため、必ず支払うようにしましょう。
ファクタリングで二重譲渡は違法ですか?
はい、違法です。
すでにファクタリング会社へ売却している債権を他のファクタリング会社に売却してしまうことはやめましょう。
参考:ファクタリングの二重譲渡とは?犯罪の理由や複数利用がバレる理由も解説!
資金繰りに関する相談はどこでできますか?
各種金融機関で相談することも可能ですが、公的機関でも相談することが可能です。

相談可能な公的機関4つ
・都道府県等中小企業支援センター
・商工会議所及び商工会
・地方自治体の商工課
・中小企業基盤整備機構

一度相談してみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA