アクセルファクターの口コミを徹底調査!審査落ちしないコツ7選とメリット9選も解説

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

この記事がオススメな人
  • アクセルファクターの口コミが気になる人
  • 資金ショートしそう。今すぐお金を用意したい人
  • 審査に落ちないか心配な人

こんな悩みを解決できる記事になっています。

この記事を書くにあたって私は、アクセルファクターについて徹底的に調べた上で、口コミも隅から隅までチェックしています。

調査をしている過程では審査落ちを避けるコツも判明しましたので、紹介しますね。

アクセルファクターのまとめ
  • 審査スピードが速く、申込みから最短2時間で資金調達が可能
  • 他で審査落に落ちていてもあっさり通る場合もある
  • 想像以上高く買い取ってくれる

ファクタリングを利用したことがない」「そもそもファクタリングがわからない」という方でもわかりやすい内容になっています。

アクセルファクターは申込みから最短2時間で資金調達ができます。1日も早く資金調達したい方は、必ずこの記事を最後まで読んでください。

アクセルファクターでは申込みから60日以上先の入金を希望すると、手数料が2%安くなります。ファクタリングを利用したい人は早めの相談がお得です。

相談無料

アクセルファクターに相談してみる

目次

  1. アクセルファクターはファクタリング専門の会社
  2. ファクタリングは売掛金を即現金化できるサービス
  3. アクセルファクターの口コミ・評判
  4. アクセルファクターのメリット9選
  5. アクセルファクターのデメリット3選
  6. アクセルファクターの審査はココを見てる!
  7. アクセルファクターの審査落ちを避ける7つのコツ
  8. アクセルファクターの申込手順は6ステップ
  9. アクセルファクターに関するまとめ
  10. アクセルファクターに関するよくある質問
目次へ

アクセルファクターはファクタリング専門の会社

引用元:アクセルファクター

アクセルファクターは「全ての経営者様の利益に繋がるファクタリング会社を目指す」という理念のもと、2018年に設立されました。

金融、エンタメ、通販事業を展開するネクステージグループの企業です。

会社名株式会社アクセルファクター
代表取締役元成 善大
資本金3億676万円
従業員数200名
主要取引銀行・みずほ銀行・三井住友銀行
所在地・本社〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル5階
・仙台営業所〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-12-12 GMビルディング3F
・名古屋営業所〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F
・大阪営業所〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-11-10 心斎橋大陽ビルTHE HUB 心斎橋 B1階
連絡先TEL:03-6233-9185メール:info@accelfacter.co.jpFAX:03-6233-9186
事業内容ファクタリング事業
公式サイトhttps://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは「クライアント目線」を徹底したサービスを提供しています。

審査スピードが速く、申込みから最短2時間で資金調達ができますよ。

相談は無料でできますので、ぜひお問合せください。

相談無料

アクセルファクターに相談してみる

ファクタリングは売掛金を即現金化できるサービス

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社が買い取ることで、期日より早く資金化できるサービスです。

ファクタリングのメリット4つ
  • 売掛債権を即日現金化できる
  • 信用情報に影響を受けないので審査に通りやすい
  • 担保・保証人が要らない
  • 売掛先が倒産しても責任を負わなくていい

ファクタリングはよく「手形割引と似ている」と言われますが、手形割引は手形を担保にしているという点で大きく異なります。

ファクタリングのデメリット3つ
  • 手数料は最低2%〜と融資より高い
  • 分割返済はできない
  • 使い方によって資金繰りが悪化する

ファクタリングは売掛金を即日現金化できるため人気がありますが、あくまで「売掛金の前借り」であることを忘れないでください。

本来の期日には入金がされないので、ファクタリングを利用している間に資金繰りを改善しないと根本的な解決にはなりません。短期間で何回も利用するのはオススメしません。

ファクタリングの種類は「2社間」と「3社間」がありますので次で解説します。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは利用者(あなた)とアクセルファクターの2社だけで行う形式です。

売掛先に対する承諾や通知は必要としないのが特徴です。

2社間方式のメリット

  • 売掛先にファクタリングを利用したことがバレない
  • 即日入金もできる

2社間方式のデメリット

  • 3社間に比べ、手数料が高い
  • 審査が厳しい

2社間ファクタリングは売掛先への通知・承諾が要らないので、審査スピードが速く即日での入金も可能です。売掛先への通知をしないので、ファクタリングがバレることがないのは魅力的ですよね。

しかし、2社間ファクタリングは売掛代金の回収を利用者が行うので、ファクタリング会社は利用者が悪質な場合に代金を持ち逃げされるリスクを負います。

そのため審査も厳しいですし、手数料も高くなります。

 

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは債権譲渡したことを売掛先に通知または承諾した上で行う形式です。

売掛金の支払いは利用者ではなく、アクセルファクターに直接支払われる点も2社間とは大きく異なります。

3社間のメリット

  • 2社間より手数料が安い
  • 審査に通りやすい
  • 売掛金を回収する義務を負わない

3社間のデメリット

  • 入金まで時間がかかる
  • 売掛先に知られてしまう

3社間は売掛先が直接ファクタリング会社に売掛代金を支払うので、回収義務を負わなくていいのが1番のメリットです。

ファクタリング会社としても利用者に代金を持ち逃げされるリスクもなく、安全性も高いことから審査が通りやすく、手数料もリーズナブルです。

アクセルファクターは2社間、3社間どちらでもクライアント目線に立った柔軟な審査をしています。相談は無料ですので、ぜひお問合せください。

アクセルファクターの口コミ・評判

ここではアクセルファクターのネットでの口コミ・評判を紹介します。

以下ネットの口コミをありのまま紹介します。

ミスマッチがないように参考にしてください。

少額から売掛金を買取ってくれるところが良かったです。ただし手数料が他社よりも割安と謳っていますが、100万円未満の場合には手数料は高くなっています。これに関してはやや残念です。ですが、即日で現金調達ができたのは良かったです。以上の理由から評価は「良い」にしました。

引用元:みんなのキャリア

売上の回収が遅れがちな時期でも、スムーズな資金調達で、安定した資金繰りが可能になりました。知識を持つスタッフがいつでも対応してくれるので、安心して業務に集中できています。

引用元:FACTORING

個人事業主なので事業内容を証明するため各種書類を提出する必要はありましたが、思いの外あっさりと審査は通りました。 手数料は平均的か少し安い。数十万円なら普通に利用できます。

引用元:FACTORING

“大まかな流れとしては「申込み」「契約締結」「買取代金の振込」「債権譲渡通知」でした。

最終的な振込は、申込みから2日後でしたが、最低でも1週間程度は掛かると思っていたので、スピーディーなご対応に大変満足しています。

なお、提出書類は「レセプト請求に関するもの」がメインであり、膨大な量ではありましたが、メールでお送りできたので非常に楽でした。

3社間方式の場合は、新債権者(ファクタリング会社)の方に直接売掛金が支払われるようですので、わが社は買取代金の受取後は特段することはありません。

「簡単かつ早い」というのが、利用してみた率直な感想です。”

引用元:アクセルファクター

事前にアナウンスされていた書類を準備した上で面談に臨んだ所、なんとその日の内に買取額をご提示くださりました。

弊社が有していた売掛金が長くお付き合いのある取引先であったため「信頼性が高い」と判断していただけたようで、思ったよりもずっと高い額で非常に驚きました。

当日の内にお振込みまでしていただけたため、翌日残高証明書を無事取得する事に成功し、建設業許可要件クリア。

こんなにあっさり終わるとは思っておらず、今でも信じられません。

また機会があれば利用したいサービスだと思います。

引用元:アクセルファクター

“連絡が遅くて不安になります。担当の方に連絡をしても折り返しがありません。不安になりフリーダイヤルの方へ連絡をしている内に、現在進行しておりますとの返事をいただきました。

LINEでやり取りをしているのに、進捗が全くありません。

また、一通り資料を提出して印鑑証明・謄本を入手する旨を伝えられたために入手しましたが、その後に買取不可の連絡を受けました。

※他のファクタリング会社では買取可であり、アクセルファクター様よりも手数料は安くありました。

謄本・印鑑証明だけでも3,000円ほどの損失であり、半日動いた交通費や労力も無駄です。

先に必要書類だけを用意・提出させる点が非常に手際が悪いと感じました。”

引用元:Google口コミ

他の方も書かれていますが取り敢えず連絡が遅いです。

追加資料も多く、結局3日間やりとりしました。

私は諦めて他に問い合わせてみる事にしました。

引用元:Google口コミ

アクセルファクターのメリット9選

ここではアクセルファクターのメリットを9つ紹介します。

メリットをしっかり理解してアクセルファクターを上手に利用しましょう。

1.総資本3億円超のネクステージグループ

アクセルファクターは「金融」「エンタメ」「通販」の3事業12社を展開するネクステージグループです。グループの総資本金は3億円を超えます。

事業を複数つくることで収益源を分散でき、1つの事業に頼らないグループ経営を確立しているので、経営基盤はしっかりしています。

アクセルファクター単体の実績も十分です。

  • 累計契約数11,000件
  • 申込総額350億円超

ファクタリング事業は行政の認可や登録がなくてもできるので、無資格で開業が可能です。

そのため怪しいファクタリング会社も存在するのが現状です。

出典:金融庁「ファクタリングの利用に関する注意喚起」

その点アクセルファクターは企業規模、実績どれをとっても安心して利用できると言えます。

2.最短2時間で資金調達できる

アクセルファクターは「即日振込は50%超、最短2時間で振込」が魅力的で、審査のスピードが他のファクタリング会社より速いです。

理由は3

  • 審査が非常に柔軟
  • 書類は極力簡素化
  • 決済判断は現場の担当者

実際に「書類が用意できなかった」「税金を滞納している」そういったお客様に対しても柔軟に対応し、買取りを実現しています。

アクセルファクターは「お客様目線」をモットーにしています。1分1秒を争うシーンこそアクセルファクターに相談してみましょう。

3.審査通過率が93.3%と高い

繰り返しになりますが、アクセルファクターの審査は柔軟に対応してくれるので、審査通過率は93.3%と非常に高いです。

個人や親族経営の場合、必要書類を全て用意できるとは限りません。特に1分1秒を争うケースでは書類を何日もかけて用意するのは現実的ではありませんよね。

アクセルファクターでは「書類が足りない」だけで断るのではなく「どうすれば解決できるのか」に焦点を当てて審査をしています。

他社で審査落ちをした方は一度アクセルファクターに相談をしてみましょう。

 

4.少額から高額まで対応できる

アクセルファクターでは最低買取金額を30万円〜とし、上限額は1億円です。

これもお客様目線の徹底という理由からです。

少額債権でも高額債権でも審査にかかる手間は同じで、儲けも少ないことから、少額の債権については取り扱っていないファクタリング会社は多いです。

アクセルファクターでは少額債権であっても手数料がリーズナブルになっていますので、申込金額が理由で諦めた人でも一度無料相談してみましょう。

5.手数料が2.0%〜と安い

アクセルファクターは買取手数料が最低2.0%〜と大手のファクタリング会社の中でも安いです。

アクセルファクターは手数料の根拠をしっかり説明し、100%納得した上で契約をしています。

手数料の根拠まで明らかにするというのは他のファクタリング会社では行われていませんから、透明性の高い取引ができますよ。

高い手数料はキャッシュフローを悪化させる原因にもなり、本末転倒です。

アクセルファクターではファクタリングの乗り換え相談もできますので、気軽に聞いてみましょう。

6.早期申し込みで最大2%手数料割引

画像引用元:アクセルファクター

アクセルファクターには業界初の早期割引サービスがあります。

  • 申込から入金まで60日以上の場合→手数料2%引き
  • 申込から入金まで30日以上60日未満の場合→手数料1%引き

アクセルファクターの手数料水準は大手の中でも安いですから、さらに割引となると嬉しいですね。

資金需要が発生したら早めに相談しましょう!

7.資金調達のプロが専任担当になってくれる

アクセルファクターでは資金調達のプロがマンツーマンで資金繰り改善のアドバイスをくれます。

ファクタリングは即日現金化できるという劇薬でもあるので、過度な利用は資金繰りを余計悪化することになりかねません。

アクセルファクターの専任担当がファクタリングがそぐわないと判断した場合には無理に買取はしません。

利用者が100%納得するまでしっかりと説明してくれますよ。

悪い点も説明してくれるので、安心して利用ができます。

8.売掛先にバレずに資金調達できる

2社間ファクタリングを利用すると、売掛先にバレることなく資金調達ができます。

2社間ファクタリングは利用者とアクセルファクターとの契約になるので、売掛先に知らせる必要がありません。

ファクタリングを利用したことを知られると「業績が悪化したのでは?」「資金繰りが大変なのかな」と要らぬ心配をかけるリスクがありますよね。

売掛先にバレたくなければ、2社間ファクタリングを利用しましょう。

9.経営のアドバイスを中長期的に受けられる

アクセルファクターはその場限りの付き合いではなく、財務の健全化ができるように中長期的にサポートしてくれます。

利用者にファクタリングを利用することによって、利益に繋げてもらいたいからです。

ファクタリングは売掛債権を即現金化できる「特効薬」ではありますが、同時に将来のキャッシュフローを圧迫する恐れのある「劇薬」でもあります。

アクセルファクターは継続して利用すると手数料が安くなっていくシステムを採用しており、長期利用すると財務体質の改善に繋がりやすいです。

アクセルファクターを利用する際は長期的な取引がおすすめです。

相談無料

アクセルファクターに相談してみる

アクセルファクターのデメリット3選

アクセルファクターを利用するデメリットは次の3つです。

詳しく解説していきます。

キャッシュフローが悪化する恐れがある

※キャッシュフロー・・・事業においてどれだけお金が入ってきて、どれだけお金が出ていったかを示すもの

ファクタリングは「即日現金化」というメリットがありますが、本来の期日に入金されないので、将来のキャッシュフローを悪化させる恐れがあります。

ファクタリングは適度に利用する分にはいいですが、利用頻度を間違えると自転車操業に陥るでしょう。

アクセルファクターは専任の担当者がマンツーマンでサポートしてくれますから利用方法に不安があれば遠慮なく相談してみましょう。

ファクタリングの上限額が1億円

アクセルファクターのファクタリングは上限額が1億円までとなっています。

必要額が1億円を超える場合には銀行融資など他の調達方法も考えましょう。

アクセルファクターでは1億円に満たない高額債権の場合には手数料が安くなる傾向があります。

1億円以下のファクタリングはアクセルファクターがおすすめです。

必要書類が7種類と多い

アクセルファクターの審査書類は原則4種類、必要に応じて最大7種類です。

原則必要な書類

  • 売掛金が確認できる書類(請求書など)
  • 売掛金の入金が確認できる通帳
  • 直近の確定申告書・決算書
  • 代表者の公的証明書(免許証・マイナンバーカードなど)

必要に応じて必要な書類

  • 納税証明書(納付書や領収書でもOK)
  • 印鑑証明書
  • 売掛先との契約書

ただしこれはあくまで一例です

アクセルファクターでは柔軟な審査をモットーにしています。

「ネット銀行なので通帳がない」「直近の決算書がまだできていない」場合も良くあることです。

必要書類が不足している場合でも審査に通った例はありますので、一度相談してみましょう。

アクセルファクターの審査はココを見てる!

ここではアクセルファクターが審査で何を重点的にチェックしているのか解説します。

審査では次の2点が重要事項です。

詳細を解説していきます。

 

売掛先の財務・信用力

ファクタリングの審査では売掛先の財務内容と信用情報を重点的にチェックします。

なぜならファクタリングは売掛金を返済原資としているからです。

売掛金の入金期日に支払いされなければ、ファクタリング会社の損害になってしまいます。

そのため財務内容や信用情報が良くない売掛債権の場合は審査が厳しくなり、通ったとしても手数料が高くなります。

利用金額と申込者の財務内容

利用金額や利用者の財務内容も審査において重要ポイントです。

過度な資金調達はキャッシュフローを悪化させてしまいますし、差押えの可能性がある財務内容は回収できないリスクが高くなります。

年商3,000万円の企業が2,000万円を調達したいといっても明らかに不自然ですよね。

ファクタリングは利用者の財務内容は関係ないとはいえ、差押えされてしまうと売掛金を回収できなくなります。

次では審査落ちを避けるコツを解説していますので、このまま読み進めてくださいね。

アクセルファクターの審査落ちを避ける7つのコツ

ここでは、アクセルファクターの評判・口コミからわかる審査落ちを避けるコツをお教えします。

①信用力が高い売掛債権を選ぶ

ファクタリングの審査での最重要ポイントは売掛債権の信用力です。

「売掛債権の信用力が高い=売掛金が入金される可能性が高い」ということなのでファクタリング会社は回収リスクを減らせます。

売掛先が上場企業や公的機関の場合、信用力が非常に高いので審査に通りやすくなります。

売掛債権が複数ある場合には信用力の高い取引先にしましょう。

②支払い期日が短い売掛債権を選ぶ

売却する売掛債権が入金されるまでの日数が短いほど、審査に通りやすいです。

入金までの日数が長いとファクタリング会社が代金を肩代わりする期間が長くなり、災害や倒産などの理由で回収できないリスクが高くなります。

入金されるまでの平均的な日数は30〜60日程度とされ、120日間を超えると審査は厳しくなるでしょう。

審査に提出する売掛債権は入金までの日数が短いものにしましょう。

③取引実績がある売掛債権を選ぶ

売掛先との取引実績が十分かどうかも審査においては重要です。

なぜなら悪質な利用者が売掛先と悪巧みをして、架空債権を利用し、お金を騙し取る事件があったからです。

出典:株式会社NO.1「ファクタリングの不正利用により裁判にまで発展した例」

取引実績が十分な売掛債権を選ぶことによって、審査に通る確率は高くなりますよ。

④譲渡禁止特約がない売掛債権を選ぶ

売掛債権に※譲渡禁止特約が付いていることをアクセルファクターが知っていて買い取った場合には、売掛先から支払いを拒絶される可能性があります。

※譲渡禁止特約・・・売掛先の同意を得ずに売掛債権の譲渡を禁止する特約

改正民法により「譲渡禁止特約は無効」となりました。しかし、売掛先が債権譲渡の事実を知らなかった場合には支払いを拒否できるので、ファクタリング会社は回収できないリスクが高くなります。

出典:経済産業省「債権法改正により資金調達が円滑になります」

譲渡が禁止されている売掛債権は避けたほうが審査に通る確率は上がりますよ。

⑤3社間ファクタリングを利用する

3社間ファクタリングは売掛代金を回収する時に、売掛先がファクタリング会社に直接支払いをするので、2社間に比べて安全性は高いです。

2社間の場合は利用者が売掛金を回収するので、他の支払いに使われる恐れがあるからです。

審査に通る確率を優先するなら3社間ファクタリングを利用しましょう。

⑥申込金額は売上高とのバランスを考える

申込金額が年商に対して多すぎると審査落ちの可能性が高くなります。

ファクタリングは早期資金化できる反面、将来の資金繰りを悪化させる危険性があるからです。

申込をする際は資金使途の範囲内の金額にしましょう。

⑦担当者との対応は丁寧&誠実に行う

ファクタリングの審査は利用者の人柄に問題があると落ちることがあります。

今後の取引でトラブルになりそうな利用者の場合「架空債権を隠しているんじゃないか」と疑われるでしょう。

審査担当とやり取りをする場合には、誠実に対応し信頼関係を作りましょう。

アクセルファクターとは中長期的に取引をすることも考えて丁寧な対応を心がけましょう。

アクセルファクターの申込手順は6ステップ

申込手順は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで違います。

どのような点が違うのか復習も兼ねて確認しておきましょう。

2社間ファクタリング

申し込み
必要書類の提出
見積もり金額の提示
審査
契約
買取金額の入金
債権譲渡登記

3社間ファクタリング

申し込み
必要書類の提出
見積もり金額の提示
審査
契約
売掛先への通知または承諾
買取金額の入金

2社間のほうが売掛先への通知・承諾のステップがないので、審査に問題がなければ即日入金もできます。

3社間では売掛先に対して「印鑑証明書の提出」と「同意書の記名捺印」が必要になるので入金までに数日かかることも。

審査スピードなら2社間、審査に通りやすくするなら3社間を選ぶといいです。

アクセルファクターに関するまとめ

アクセルファクターは「お客様目線」を徹底した大手ファクタリング会社です。

「申込みから最短2時間で資金化」「審査通過率93.3%」など1日も早く資金が欲しい人にとっておすすめのファクタリング会社です。

アクセルファクターでは申込みから60日以上先の入金を希望すると、手数料が2%安くなります。ファクタリングを利用したい人は早めの相談がお得です。

相談無料

アクセルファクターに相談してみる

アクセルファクターに関するよくある質問

アクセルファクターは怪しくないですか?
アクセルファクターは総資本3億円超、12の企業から成るネクステージグループの一企業です。
アクセルファクター単体の実績も十分です。
・累計契約数11,000件
・申込総額350億円超
ファクタリングは認可が不要な事業なので怪しい企業も多いのが現状です。
利用する際はアクセルファクターのような実績のある会社を選びましょう。
個人事業主でも利用できますか?
アクセルファクターは個人事業主の方でも積極的に支援しています。問題なく利用ができます。
銀行のファクタリングと何が違いますか?
銀行融資とファクタリングは性質が全く異なりますので上手く使い分けることが大切です。
「即日入金できる強い味方」としてぜひファクタリングを有効活用してください。

必要書類
審査にかかる時間
審査で重視する項目
性質

銀行融資
・決算書・試算表・事業計画書・資金繰り表・印鑑証明書・登記簿謄本
1週間〜2週間新規の場合1ヶ月ほど
利用者の信用力
借入れ

ファクタリング
・請求書・通帳・確定申告書・決算書・代表者の公的証明書
最短2時間
売掛先の信用力
売掛債権の売買
ファクタリングは違法ですか?
ファクタリングは違法ではありません。合法です。
理由は2つ
・民法466条に「債権は売り渡すことができる」と記載してる
・円滑な資金調達を実現するための法改正がされた
出典:神戸合同法律事務所「債権の譲渡性」
出典:経済産業省「債権法改正により資金調達が円滑になります」
ファクタリングは法律で認められているのがわかりますね。経済産業省は中小企業が円滑に資金調達できるようファクタリングを推奨しています。
ファクタリングは合法な資金調達方法ですので、安心して利用して大丈夫です。
 Q分割返済はできますか?
ファクタリングで売掛金を返済原資としており、一括返済しかできません。
ファクタリングで分割返済を認めてしまうと「融資」と同じ扱いとなり、ファクタリング会社は貸金業の登録をしなければなりません。
逆に分割払いを認めているファクタリング会社があった場合は悪質な業者の可能性が高いので注意してください。
返済できなくなった場合どうなりますか?
2社間ファクタリングを利用していて返済ができなくなると、債権譲渡したことが売掛先に知られるので、メリットが無くなってしまいます。
また、売掛金が入金されているにも関わらず、返済に応じない場合は詐欺罪に問われる可能性が高いです。
3社間を利用すれば売掛先はファクタリング会社に支払い義務を負うため、利用者が返済に追われることはありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA