ペイトナーファクタリングの評判・口コミを徹底解説!審査落ちを避けるコツも紹介

ペイトナーファクタリング 評判・口コミ

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

この記事はこんな人にオススメです。

必見な人
  • ペイトナーファクタリングについて知りたい
  • ペイトナーファクタリングの評判・口コミが気になる
  • 向いてる人を知りたい

どのサービスでも、初めて利用する場合は評判や口コミが気になるものですよね。

そこで今回は、ペイトナーファクタリングの評判・口コミについて詳しく解説します。

また、ペイトナーファクタリングで審査落ちを避けるコツや利用方法も紹介するため、利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

ペイトナーファクタリングのまとめ
  • 手数料は一律10%で、手続きは完全オンラインででき、最短10分で資金調達可能
  • 累計申請件数10万件を突破し、70%以上のリピート率
  • 個人事業主、フリーランスに特化したファクタリング会社

土日祝日に、急遽資金調達が必要になった方はこちらをご覧ください。

ペイトナーファクタリングとは?

画像引用元:ペイトナー

ペイトナーファクタリングの評判・口コミを紹介する前に、ペイトナーファクタリングの概要を解説します。

運営会社や手数料、入金速度はもちろん、ファクタリングについてもあわせて紹介します。

ペイトナーファクタリングの基本情報

運営会社ペイトナー株式会社
手数料一律10%
入金速度最短10分
利用可能額1万円〜100万円※初回25万円まで
取引形態2社間ファクタリング
審査通過率非公開
必要書類請求書本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
参照元:ペイトナー

ペイトナーファクタリング(旧yup 先払い)は、ペイトナー株式会社が運営するフリーランス向けのファクタリング(報酬即日払い)サービスです。

ペイトナーファクタリングは累計申請件数10万件を突破し、70%以上のリピート率と早さや簡単さもあって高い顧客満足度を獲得しています。

手数料は一律10%で、手続きは完全オンラインででき、最短10分で資金調達ができます。

また、取引形態は2社間ファクタリングのため、取引先にペイトナーファクタリングを利用していることを知られる心配はありません。

ファクタリングとは

ファクタリングは債権買取という意味で、資金を調達する方法の1つです。

具体的には「売掛債権(商品やサービスの対価を受け取る権利)」を、ファクタリングサービス会社に売却し、手数料を引いた現金を得ます。

ファクタリングは借入や融資ではないため、負債が増えません。

また、売掛金の支払期日前に資金を調達できるため、資金繰りの改善が見込めることが特徴です。

ペイトナーファクタリングの良い評判・口コミ

ペイトナーファクタリングの良い評判・口コミは以下の通りです。

それぞれ詳しく解説します。

ポエム書きます。

他人に多くを求めフリーランス必見!入金が遅い請求書をペイトナーが最短10分で現金化!報酬の先払いなら!ペイトナー!

嗚呼広告入っちゃった。

引用元:X(旧Twitter)

ペイトナーファクタリングはAI審査を採用しているため、ほかのファクタリングサービスよりも圧倒的に資金調達までのスピードが早いです。

3時間前後で入金できるファクタリングサービスが多い傾向にありますが、資金調達までに平均2〜3日かかることが一般的です。

一方でペイトナーファクタリングは繁忙期であっても、AIによる審査のため、スピードは変わることなく早めに現金化できます。

ペイトナーは請求書を買い取って報酬を先払いしてくれるサービス。請求書を送付してから現金が振り込まれるまでの時間はたったの10分。請求額の10%のみ手数料としてかかりますが、それでも業界最安値◎

「フリーランスと資金繰り」は切っても切れない関係。支払われない報酬を待つ必要はありません😌

引用元:X(旧Twitter)

直近6ヶ月で4回利用させていただいている。少額から活用できることがありがたい。

引用元:ペイトナーファクタリング公式サイト

ペイトナーファクタリングは手数料10%で、1万円から活用できます

2社間ファクタリングの手数料は10〜20%、最低利用額は30〜50万円程度が相場です。

このことから、ペイトナーファクタリングは手数料が安く最低利用額も低いため、使いやすいファクタリングサービスだといえます。

実は2つほど別のサービスを申し込みました。しかし、審査が非常に厳しく利用に至りませんでした。あるサービスは申込の際に用意する書類がかなり多く、審査に通りませんでした。

また、もう1つのサービスは、電話での細かな審査がありました。銀行の融資を受けるときの審査に近く、不便さを感じてしまいました。あくまで売掛金の先払いサービスなので、もう少し手軽に使えればと思いましたね。

こういった経緯があり、今はペイトナーのみを使っています。

引用元:ペイッター by Paytner

ペイトナーファクタリングはほかのファクタリング会社より買取上限金額が低いため、審査に通りやすいと考えられます。

他社で審査落ちした場合であっても、ペイトナーファクタリングでは審査に通過する可能性があります。

やっぱりペイトナー楽ちんだ(^^)

請求書をメールでもらったら、そのままペイトナーのアドレスに転送。

数日後、データ化された請求書を確認し、振込の手配。

期日が来れば、勝手に振り込まれている。

顧問先にも勧めてみよう☺️

これを給与振込もやって欲しいですね!!

引用先:X(旧Twitter)

ペイトナーファクタリングは会員登録が完了した後、書類を提出するだけで機械によって自動的に審査が行われます。

そのため、面談やヒアリングなど、スケジュールを調整する必要はありません。

また、振り込みまで自動で行ってくれ、会計ソフトにも連携しています。

従来の資金調達と比べて無駄な手続きがないため、多忙で時間がない方でも利用しやすいです。

一番は、「柔らかい」イメージがあったから、ですかね。というのも、他の会社からファクタリングサービスの案内を受けたときには、最初から露骨に数字の話をされ、しつこく営業を掛けられたので、不愉快な思いをしました。

そんな中で、ペイトナーに対しては「金融」や「借金」といったイメージが薄く、「便利なサービスを提供する会社」という印象を抱きました。

また、不快な勧誘などもなかったので、思い切って利用してみることにしました。

引用元:ペイッターbyPaytner

ペイトナーファクタリングは原則、面談やヒアリングがなく、オンラインですべて完結します。

そのため、露骨に数字の話をされたりしつこい勧誘など、スタッフとの関わりで不愉快になる状況にはなりません。

また、「メール対応がよかった」「レスポンスが早かった」という口コミも多い傾向です。

ペイトナーファクタリングは顔を合わせないサービスだからこそ、文章から伝わる雰囲気を大切にしていると考えられます。

ペイトナーファクタリングの悪い評判・口コミ

ペイトナーファクタリングの悪い評判・口コミは以下の通りです。

それぞれ詳しく解説します。

最近お行儀の悪い営業メールが増えてるんだけど。

誰か糸引いてるんかな。ここにぶら下げていこう

<ペイトナー>

10月31日までにご対応が完了しない場合、サービスの継続利用ができかねますので早急にご対応お願いいたします。

-> そもそも申し込んでないし

引用元:X(旧Twitter)

突然のように連絡がくる問題が指摘されています。

サービスを利用している方からすれば、突然の連絡は面倒に感じるでしょう。

また、上記口コミのように、申し込みを行っていない場合でも連絡がくる可能性があります

今のままでも満足していますが、強いて言うならば、利用限度額がより上がれば嬉しいです!利用する側も気持ちに余裕が出ますからね。

引用元:ペイッター by Paytner

ペイトナーファクタリングは最大100万円までしかファクタリングできません。

また、ペイトナーファクタリングを初めて利用する場合は最大25万円までと、利用限度額は少ないです。

個人であれば問題ないかもしれませんが、法人で利用する場合には物足りないと感じるでしょう。

ペイトナーファクタリングのみの利用では必要な資金を猛威できない可能性もあります。

そのため、ほかにも利用できるファクタリング会社を用意しておきましょう。

うーん、欲を言えば、もう少し返済の期日が長ければ嬉しいですね(笑)。そのほうが、余裕が生まれるので。

引用元:ペイッター by Paytner

ペイトナーファクタリングの支払期日は、請求書の支払期日から3営業日以内です。

一般的には、売掛金の入金から10〜15日以内に設定されているため、支払期日が短いと感じる方も多いかもしれません。

支払期日にもう少し猶予がほしい場合は、ほかのファクタリングサービスの利用を検討するとよいでしょう。

ペイトナーファクタリングのメリット7選

ペイトナーファクタリングのメリットは以下の通りです。

それぞれ詳しく解説します。

最短10分で資金調達ができる

ペイトナーファクタリングは、ファクタリング業界のなかで最も資金調達までのスピードが早いです。

申し込みから審査、契約まですべてオンラインで完結するため、最短10分で資金調達ができます。

また、AI審査を導入しており、機械的に提出された情報をもとに審査を行うため、人が審査を行うファクタリング会社よりも審査スピードが早いです。

面談やヒアリングが必要ない

ペイトナーファクタリングはWeb完結型のため、面談やヒアリングはもちろん、スタッフとの連絡のやり取りも必要ありません。

会員登録から書類提出まで完了すれば、いつでも資金調達できます。

そのため、ミーティングや電話などの時間を作れない方でも、気軽に利用できます。

利用手数料が固定だから計画が立てやすい

ペイトナーファクタリングの利用手数料は一律10%と固定されているため、申し込み段階から手数料を計算して資金計画を立案できます。

ほかのファクタリングサービスでは売掛先の状態や、請求書の金額によって手数料が異なります。

また、一般的に少額債権のファクタリングは手数料が15〜20%のため、ほかのファクタリングサービスよりも手数料を押さえられます。

取引先にファクタリングを利用していることがバレない

ペイトナーファクタリングは2社間ファクタリングを採用しているため、利用したことを取引先に知られる心配がありません。

取引先と資金繰りの相談をするほど信頼関係を築いている場合、2社間ファクタリングでも問題ないでしょう。

しかし、取引回数が少ない売掛先にファクタリングの利用を知られてしまうと、資金繰りに困っている印象を与えてしまいます。

そのため、今後の取引に悪影響を与える可能性が考えられます。

ペイトナーファクタリングは、2社間ファクタリングで取引先にバレることがありません。

さらに、ISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)を取得しているため、ファクタリングの利用情報が外部に漏れる心配がありません。

ISMSとは情報の機密性や完全性、可用性を維持し、絶えず改善を行うための仕組みです。

情報の安全対策を行い、情報漏洩に第今日されるインシデント事故を低減させるため、安心して利用できます。

個人間取引の請求書でも利用できる

ペイトナーファクタリングは、個人間取引で発生した請求書の買い取りも対応しています。

ほとんどのファクタリングサービスでは、売掛先が法人の請求書しか売却できません。

そのため、個人との取引が多い場合はペイトナーファクタリングが有効です。

ほかのファクタリングサービスを利用している場合であっても、ペイトナーファクタリングを個人の請求書として併用することをおすすめします。

信用情報への影響がない

ペイトナーファクタリングは、どれだけ利用しても信用情報への影響がありません。

銀行やクレジットカードでは、審査の際に信用情報が照会され、返済が滞ると与信に傷が付きます。

また、利用実態も記録されますが、ペイトナーファクタリングは信用情報機関との関わりがありません。

そのため、関連性を気にすることなく利用できます。

ノンリコース契約だから安心

ペイトナーファクタリングはノンリコース契約のため、安心して利用できます。

ノンリコース契約とは、ファクタリングを利用した後で売掛先が何らかの事情で代金の回収が不能になった場合でもファクタリング会社は売掛金の買い戻しを請求しないという契約です。

つまり、取引先が倒産しても、利用者が返済の責任を負う必要がないということです。

万が一売掛先が倒産した場合、売掛先の引き渡し義務がなくなって取引は終了します。

もちろんペイトナーは安易に危険な売掛債権を買い取ってくれることはありません。

それでも万が一のことが起こり得る可能性があるため、仕組みを理解しておきましょう。

ペイトナーファクタリングのデメリット3選

ペイトナーファクタリングのデメリットは以下の通りです。

それぞれ詳しく解説します。

初回利用限度額の上限が25万円と少ない

ペイトナーファクタリングは、初回利用限度額の上限が最大25万円と少ないです。

どれだけ信用情報上問題がなくても、請求書の金額がいくらであっても、初回の利用では一律25万円までと設定されています。

交渉の余地はなく、25万円以上を調達しないといけない場合は、ペイトナーファクタリング以外の利用を検討しましょう。

電話でのサポートは実施していない

ペイトナーファクタリングは電話でのサポートは実施していません。

相談したいことがある場合はチャットでのやり取りか、サポートまでメールを送ることになります。

そのため、サービス選びでカスタマーサポートを重視する方や、電話対応を希望する方には不向きといえます。

土日は利用できない

ペイトナーファクタリングの営業時間は平日の10時から19時までのため、土日祝日は利用できません。

ただし、会員登録や書類のアップロードなどの手続きは、土日祝日でも進められます。

どのため、土日祝日であっても手続きを済ませておくことで、早めに資金を調達できます。

ペイトナーファクタリングを利用する際の流れ

ペイトナーファクタリングを利用する際の流れは以下の通りです。

会員登録をする

ペイトナーファクタリングを初めて利用する場合、会員登録が必要です。

会員登録は無料ででき、ペイトナーファクタリング公式サイトから行えます。

  1. ペイトナーファクタリング公式サイトにアクセスし「まずは登録する」をクリック
  2. メールアドレス・パスワードを入力し、持っている場合は紹介コードも入力します
  3. 「利用規約とプライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れる
  4. その後「無料ではじめる」をクリック
  5. 登録したメールアドレス宛に届いたURLから本登録をする

Googleアカウントを持っている場合は、Googleアカウントでも登録できます。

また、スマホでアクセスする場合はLINEの会員登録ポップアップが表示されることがあり、LINEの友達登録からの手続きも可能です。

スムーズに利用するためにも、会員登録とあわせて本人確認書類と活動実態を証明できるものをアップロードしておきましょう。

請求書を準備する

会員登録が完了した後は、買い取ってほしい請求書を準備します。

このとき請求書に記載してある金額をすべて申請するのか、一部だけにするのかを決めておきましょう。

請求書をアップロードする

次は、請求書のアップロードを行います。

請求書のアップロードは、PDFまたは画像データに変換した請求書を、ペイトナーファクタリングの会員用ページにログインしてアップロードします。

ただし、有効な申請は取引先に送付済みの請求書のみで、契約解除や契約変更の恐れがある請求書のアップロードはできないため注意してください。

審査結果を待つ

請求書のアップロードが完了した後は、審査を待つだけです。

ペイトナーファクタリングは、最短10分で審査結果の通知が届きます。

しかし、夜間や週末などの営業時間外にアップロードした場合、翌営業日の朝まで待つ必要があります。

出金する

審査に通過した旨のメールが届いたら、ファクタリング成功です。

メールが届いた時点で自分の口座に買取金額が振り込まれており、いつでも好きなタイミングで出金できます。

ちなみにペイトナーファクタリングを利用するための専用口座を作る必要はなく、プライベートで使っている口座も指定できます。

もちろん審査に通過しなければ入金はされませんが、審査に対しての手数料は取られないため、安心してください。

取引先から報酬が入金されたらペイトナーに振り込む

最後は取引先から受け取る報酬をペイトナー側に振り込みます。

取引先から報酬が入金されたら、すぐにペイトナーの指定口座に振り込みましょう。

振込日時が近づいたら、ペイトナーファクタリングからメールまたはSMSで通知が届くため、安心してください。

ペイトナーファクタリングの審査落ちを避ける5つのコツ

ペイトナーファクタリングの審査落ちを避けるコツは以下の5つです。

それぞれ詳しく解説します。

正確に入力する

ペイトナーファクタリングを利用する際には登録フォームに情報を入力します。

しかし、情報が間違っていると、スムーズに利用できません。

また、修正依頼の連絡が入ったり、最悪の場合は即審査落ちになったりする可能性があります。

そのため、請求書に記載されている日付や金額などの情報が登録フォームに登録した内容と一致しているかを確認しましょう。

入出金履歴がわかる通帳をアップロードする

ペイトナーファクタリングは任意で以下のものを提出できます。

  • 3ヶ月分の入出金履歴がわかる通帳のコピー
  • 実態が確認できるSNS・ホームページのURL

入出金履歴がわかる通帳のコピーをアップロードすることで、審査の通過率を高めることができます。

また、入出金の履歴がわかる通帳は、取引先からの支払いが確認できるため、事業の実態がわかります。

継続取引のある売掛先からの入金を確認できれば、審査に通過する確率がさらに高まります。

そのため、請求書や身分証明書に加え、入出金履歴がわかる通帳のコピーもあわせてアップロードしましょう。

対応していない請求書を利用しない

ペイトナーファクタリングには対応していない請求書がいくつかあります。

  • 公共料金の請求書
  • フードデリバリーの請求書
  • クラウドソーシングサービスの請求書
  • アフィリエイトによって発生する請求書

対応していない理由は記載されていませんが、利用規約に規定されているため、上記の請求書は現金化できません。

ファクタリングしたい請求書を利用できるのかわからない場合は、カスタマーサポートに問い合わせて確認するとよいでしょう。

書類に記載された文字が読み取れる画像を利用する

ペイトナーファクタリングのAI審査は、提出した書類を画像認識して審査するため、書類の文字が見にくいと審査に落ちてしまいます。

そのため、アップロードする書類は十分に明るく、ぼやけていない画像を利用してください。

また、ツールを利用して画像を加工することはおすすめしません。

審査では加工前の画像データであることを確認している可能性があるため、スマートフォンで撮影し、無加工の画像をアップロードしましょう。

記載するべき情報が載っている請求書を利用する

審査に通過するためには、記載するべき情報がすべて載っていることが重要です。

ペイトナー株式会社で紹介されている請求書の作り方では、以下の項目が記載されています。

  • 書類の受付を受ける事業者名
  • 取引年次月日
  • 取引内容
  • 取引金額(税込)
  • 書類作成者名
  • 請求書の支払期日
  • 請求金額の振込先

上記を確認しながら請求書の準備を行いましょう。

ペイトナーファクタリングの評判・口コミまとめ

ペイトナーファクタリングの評判・口コミについて紹介しました。

実際の内容をまとめると以下のようになります。

ペイトナーファクタリング最大のメリットは短時間で処理できることで、利用者が年々増加していることも評判が良いことがわかるポイントです。

最短10分で入金までを実現している点が使いやすく、利用者としても安心感が得られます。

また、ほかのファクタリング会社では手数料が売掛先の状態や、請求書の金額によって異なります。

ペイトナーファクタリングは手数料が一律10%のため計算しやすく、申し込み段階から今後の計画が立てやすいサービスです。

さらに、請求書の管理や振り込みまですべて自動化のため手間がかからず、会社のイメージも柔らかく、安心して利用できることが魅力です。

しかし、営業の連絡が突然くることや利用限度額が少ないこと支払期日が短いなど、マイナスな要素もあります。

本当にファクタリングサービスを利用するのであれば、安心して利用できるサービスを選びたいものです。

そのため、目的に沿ってペイトナーファクタリングの利用を検討することがおすすめです。

ペイトナーファクタリングに関するよくある質問

ペイトナーファクタリングに関するよくある質問は以下の通りです。

ペイトナーファクタリングで請求書を偽造したらバレる?
ペイトナーファクタリングで請求書を偽造した場合、バレる可能性が高いです。
また、3社間ファクタリングの場合は売掛先の企業とファクタリング会社が直接やり取りするため、請求書の偽造はすぐにバレます。

請求書の偽造では、金額の水増しや架空請求がよくありますが、仮にファクタリングで資金を調達できても、その場しのぎにしかなりません。
ファクタリング会社に支払う現金を支払期日までに用意できなければ、結果的に請求書の偽造がバレてしまいます。

ファクタリングで請求書を偽造すると、詐欺罪に問われる恐れがあります。
詐欺罪とは加害者が被害者を欺き、財物や財産上不法の利益を得る行為に成立する犯罪です。
刑法第246条に規定されており、違反した者は最大10年以下の懲役に科されます。

ペイトナーファクタリングに限ったことではありませんが、最悪の事態を回避するためにファクタリングで請求書を偽造することはやめましょう。
ペイトナーファクタリングはブラックリストでも利用できる?
ペイトナーファクタリングは、ブラックリストに載っていても利用可能です。
信用情報機関は賃金業者や信販会社、銀行、クレジットカード会社以外は個人信用情報を開示できません。
つまり、ファクタリング会社であるペイトナーファクタリングは、過去の金融事故を確認できないということです。
そのため、ペイトナーファクタリングはブラックリストに載っており、お金を借りることができない方でも利用できます。
ペイトナーファクタリングで返済できないとどうなる?
ペイトナーファクタリングで取引先からの入金がなく、支払いに遅れてしまった場合、取引先からの支払い約束を取り付ける必要があります。

本来の支払期日から7日以内を目安に、支払い約束を取り付けましょう。

その後、支払い約束を取り付けたやり取りを証拠として、ペイトナーに提出してください。
ペイトナーファクタリングは、取引先の賃倒リスクをペイトナーが負う契約のため、取引先から入金がない場合は原則ペイトナーから支払いを請求されることはありません。
ただし、取引先の倒産や不渡りなどがなく、支払期日に返済しないことは詐欺罪にあたり、逮捕されるリスクがあるため避けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA