日本中小企業金融サポート機構の評判・口コミ!メリット9選と審査通過のコツ5選も解説

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

この記事がおすすめな方

また、この記事のまとめを先に伝えておきます。

本記事は、以下の項目について解説しています。

日本中小企業サポートのまとめ
  • 最短30分で審査、最短3時間で資金調達が可能
  • ファクタリングサービスでは珍しい、非営利団体のファクタリング会社
  • 審査通過率は95%以上

日本中小企業金融サポート機構は最短30分で審査、最短3時間で資金調達ができるため、なるべく早く資金を手に入れたい方にぴったりのサービスです。

審査に落ちる原因など重要な点も解説しているため、必ず最後まで記事を読んでくださいね。

相談無料

日本中小企業金融サポート機構に相談してみる

土日祝日の、急遽資金調達が必要になった方はこちらをご覧ください。

のりかえプラス

日本中小企業金融サポート機構とはファクタリング専門の会社

引用元:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業サポート機構の口コミを紹介する前に、まずは日本中小企業サポート機構がどのような会社なのかを解説します。

会社概要

日本中小企業金融サポート機構はファクタリング専門の会社で、2017年に設立されました。

団体名一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
代表理事谷口亮
所在地東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
資本金非開示
事業内容資本調達、資本政策、企業の財務および事業再生に関するアドバイザリーおよびコンサルティング業務
公式サイトhttps://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業金融サポート機構ファクタリングサービスでは珍しい、非営利団体のファクタリング会社です。

ファクタリング以外にも、資本政策や事業再生に関するコンサルティング業務を行っています。

申し込みから契約まで非対面で完了するため審査スピードが速く、最短30分で審査が完了、最短3時間で入金が完了します。

ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債権(売掛金や受取手形)をファクタリング会社に買い取ってもらい、資金を調達するサービスです。

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

2社間ファクタリング3社間ファクタリング
概要利用者とファクタリング会社が主体となって契約を結ぶ利用者が売掛金を事前に受け取った後に売掛金の支払いに関する手続きを取引先とファクタリング会社が行う
メリット・売掛先にファクタリングの利用がバレない・資金化までスピーディ・手数料が安い・2社間ファクタリングよりも扱える売掛債権の幅が広い
デメリット・3社間ファクタリングよりも手数料がやや高め・売掛先にファクタリングの利用を知られる・2社間よりも資金化に時間がかかる

日本中小企業金融サポート機構はプロからアドバイスをもらえるため、資金繰りや経営状況の改善が期待できます。

経営改善を狙いたい場合は、日本中小企業金融サポート機構に一度相談してみてください。

日本中小企業金融サポート機構の評判・口コミ

ここでは日本中小企業金融サポート機構のネットでの評判・口コミを紹介します。

ミスマッチによる後悔を防ぐため、ぜひ参考にしてください。

今まで利用したファクタリング会社の中で、一番手数料が安かったです。

担当の方が凄くいい人で、ファクタリングだけじゃなく助成金なども詳しくて頼りになりました。

引用元:Google口コミ

最近知り合った社長さんに教えてもらった業者です。

必要な書類なども少なく、非常に手軽に資金調達ができて便利です。

中小企業にはありがたい存在。

引用元:Google口コミ

初めて利用したんですが、他のファクタリング業者に比べて対応が良かった気がします。

入金もスムーズで手数料も安く、使いやすいなと感じました。

引用元:Google口コミ

前回の対応がとても良く、再度利用させてもらいました。

同じ方が担当してくれたので、とてもスムーズに対応してもらえて良かったです。

引用元:Google口コミ

知人からの紹介で使わせてもらいました。

こんな便利なサービスがあるなんて全然知らず、もっと色んな事にアンテナを張りたいなと感じます。

初めての方でも使いやすくておすすめ。

引用元:Google口コミ

少し怪しいと思いましたが、急を要していたので相談することに。

話を聞く限り良いサービスだったので利用してみました。

最後までトラブルなく資金調達できてよかったです。

引用元:Google口コミ

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%からと、ファクタリングサービス業界では最安水準です。

また、担当者の対応がよかったことや、助成金についても詳しいことから、長期に渡って利用している方も多いようです。

相談無料

日本中小企業金融サポート機構に相談してみる

日本中小企業金融サポート機構のメリット9選

ここでは日本中小企業金融サポート機構のメリット9選を紹介します。

1. 審査通過率が95%以上と高い

日本中小企業金融サポート機構の最大のメリットは、審査通過率が95%と高いことです。

審査通過率95%以上という数値は業界最高水準を誇っているため「ファクタリング審査に通るか不安」という方も安心です。

また、日本中小企業金融サポート機構は個人事業主も利用できるというメリットもあります。

個人事業主が持つ売掛債権に不安があることから、個人への対応を断っているファクタリングサービスも多数あります。

その点、日本中小企業金融サポート機構は個人事業主でも法人と同様の対応が期待できるため、安心して相談可能です。

審査がゆるいファクタリング会社一覧も参考にしてみてください。

2. 業界最安水準の手数料

日本中小企業金融サポート機構の手数料は、業界最安水準を誇っています。

一般的な2社間ファクタリングを利用した場合、手数料は10〜30%に設定されていることが多いです。

日本中小企業金融サポート機構の手数料は、1.5〜10.0%に設定されているため、コストを抑えられます。

手数料が高いと、利益が圧迫されて資金繰りが悪化する可能性が考えられるため、手数料を抑えたい方におすすめです。

のりかえプラス

3. 契約手続きは来社不要で簡単

日本中小企業金融サポート機構の手続きは、オンラインまたは郵送で行えます。

日本中小企業金融サポート機構に足を運ぶ必要がないため、日本全国どこからでも利用できます。

審査にかかる時間は最短30分、入金まで最短3時間とスピーディに資金調達ができます。

来店不要で即日入金が可能なファクタリング会社はこちらも参考にしてみてください。

郵送で契約手続きする場合は、入金まで3〜5日ほどかかるため注意してください。

4. コンサルティングサービスが受けられる

日本中小企業金融サポート機構では、コンサルティングサービスも受けられます。

会社を経営していると、資金繰り悪化や経営の見直しなど、さまざまな悩みが出てきます。

しかし、日本中小企業金融サポート機構であれば、経営改善に向けての相談が可能です。

お金に関する悩みを抱えている場合は日本中小企業金融サポート機構に相談し、アドバイスをもらいましょう。

5. 経営革新等支援機関に認定されているため安心

日本中小企業金融サポート機構は、経営革新等支援機関(認定支援機関)に認定されているため、安心して利用できます。

経営革新等支援機関とは、中小企業支援についての専門知識や実務経験が一定レベル以上にある者として国の認定を受けた支援機関です。

日本中小企業金融サポート機構を利用することで、経営全体のサポートまで行ってくれます。

6. 信用保険協会の保険料が安くなる

日本中小企業金融サポート機構は経営革新等支援機関に認定されているため、信用保険協会の保険料が安くなります

ただし、誰でも安くなるわけではありません。

信用保険協会の保険料を安くしたい場合は認定支援機関の支援を受け、事業計画と進捗報告を行う必要があります。

7. 認定支援機関が条件のさまざまな補助金に申請可能

日本中小企業金融サポート機構が認定されている経営革新等支援機関では、さまざまな補助金に申請ができます。

具体的には事業再構築補助金とものづくり補助金、事業継承・引継ぎ補助金の3種類です。

事業再構築補助金新分野展開・業態転換・業種転換など思い切った事業再生構築への挑戦を支援する補助金
ものづくり補助金サービスの開発・生産体制の効率化を達成するために設備投資などを支援する補助金
事業継承・引継ぎ補助金事業継承を円滑に進めるために経営方針を刷新または新規事業に取り組むなどの活動に対して支援される補助金

いずれの補助金も中小企業の課題解決に結びつく施策です。

日本中小企業金融サポート機構はファクタリングだけではなく、補助金申請のためにも利用できます。

8. スタッフの質が高い

日本中小企業金融サポート機構のメリットには、スタッフの質が高いことも挙げられます。

国から経営革新等支援機関の認定を受けていることもあり、法人としてのスキルやスタッフの専門性が高いです。

また、希望すれば会計士や弁護士なども紹介してもらえるため、経営全般の相談が可能です。

9. 2社間ファクタリングまたは3社間ファクタリングが選べる

ファクタリングには2社間3社間の2種類がありますが、日本中小企業金融サポート機構ではどちらも利用できます

売掛先にバレずにスピーディに資金を調達したい場合は2社間ファクタリング、手数料を抑えて利用したい場合は3社間ファクタリングなど、状況に合わせて選べます。

ただし、3社間ファクタリングの契約には売掛先の同意が必要になるため、時間がかかることを理解しておきましょう。

日本中小企業金融サポート機構のデメリット3選

ここでは日本中小企業金融サポート機構のデメリット3選を紹介します。

1.売掛先が個人事業主の場合はファクタリング不可

日本中小企業金融サポート機構では、売掛先が個人事業主の場合はファクタリングを利用できません

なぜなら売掛先が個人事業主の場合、どうしても企業より信用度が落ちてしまうからです。

日本中小企業金融サポート機構には2社間ファクタリング3社間ファクタリングの2種類がありますが、どちらも売掛先が個人事業主の場合はファクタリング不可です。

そのため、個人事業主の取引先が多い場合は注意してください。

2. 2社間ファクタリングは手数料がやや高め

日本中小企業金融サポート機構に限ったことではありませんが、2社間ファクタリングの手数料はやや高めに設定されています。

なぜなら、3社間ファクタリングよりも売掛金の未回収リスクが高まるからです。

ただし、日本中小企業金融サポート機構の手数料は1.5〜10.0%と、他社よりも低めに設定されています。

元々手数料は低いですが、さらに手数料を抑えたい場合は3社間ファクタリングを利用しましょう。

3. 3社間ファクタリングは入金までに時間がかかる

こちらも日本中小企業金融サポート機構に限ったことではありませんが、3社間ファクタリングの場合は入金までに時間が遅いです。

3社間ファクタリングの利用は、売掛先の同意が必要となるため、どうしても時間がかかってしまいます。

しかし、2hs間ファクタリングよりも手数料が安いというメリットがあります。

急いで資金を調達しなければならない状況でない限り、手数料を抑えられる3社間ファクタリングがおすすめです。

相談無料

日本中小企業金融サポート機構に相談してみる

日本中小企業金融サポート機構で資金調達する3ステップ

日本中小企業金融サポート機構は次の3ステップで始められます。

問い合わせをする

日本中小企業金融サポート機構公式サイトにアクセスし、以下の項目をフォームに入力します。

  • 会社名
  • 法人または個人事業主か
  • 担当者名
  • 電話番号
  • メールアドレス

必要項目を入力した後は「確認する」ボタンをクリックすることで、無料見積もりを確認できます。

無料見積もり後、担当者から連絡がくるため、状況の確認や手続きの説明を受けましょう。

必要書類を提出する

日本中小企業金融サポート機構の審査には以下2点の書類が必要です。

  1. 通帳のコピー(表紙付き・3ヶ月分)
  2. 売掛金に関する資料(請求書・契約書など)

必要書類2点を提出した後に審査が行われ、最短30分で結果が提示されます。

契約する

審査結果や金額に納得した場合、契約に進みます。

郵送希望の場合は日本中小企業金融サポート機構から契約書が発送されます。

利用者は契約書を確認し、同意してから日本中小企業金融サポート機構に返送しましょう。

オンラインの場合はクラウドサインで実施されます。

急いで資金を調達したい場合は、最短3時間で入金されるオンライン契約を選びましょう。

ちなみに、17時までに契約が完了した場合は即日に振り込まれます。

相談無料

日本中小企業金融サポート機構に相談してみる

日本中小企業金融サポート機構で審査に落ちる原因5選

ここでは日本中小企業金融サポート機構で審査に落ちる原因を5つ紹介します。

日本中小企業金融サポート機構を初めて利用する方で審査に不安がある場合は、ぜひ最後までご覧ください。

1.支払いまでの期間が長い

売掛金を支払うまでの期間が長いと、ファクタリング審査に落ちる可能性があります。

なぜなら、支払期日が遅いと、その間に災害や経営悪化、不祥事などが原因で売掛金が回収できなくなる可能性が考えられるからです。

ファクタリング会社にとって、買い取った売掛金の支払いが先になるほど、回収リスクが高まります。

そのため、ファクタリング審査に通過したい場合は、売掛金の支払期日が近いものを選ぶとよいでしょう。

2.二重譲渡の疑いがある

二重譲渡とは、1つの債権を異なる業者に買い取ってもらうことで、資金を二重に得ることです。

これは立派な違法行為にあたるため、たとえ審査に通過したとしても売掛金を回収する際に発覚し、法的措置を取られる可能性が高いです。

罪を犯した場合、社会的信頼を失ってしまうことになるため、二度と事業を継続できなくなります。

3.売掛債権の期限が過ぎている

ファクタリング審査に通過するためには、有効な債権である必要があります。

売掛債権の期限が過ぎていたり、不良債権であったりする場合、ファクタリングを利用できません。

なぜなら、不良債権や期限が過ぎた売掛金は支払われない可能性が高く、回収できないリスクがあるからです。

ファクタリング会社は、回収できないリスクのある売掛債権は買い取りません。

ただし、中には不良債権だとわかった上で買い取り、不正な費用を請求するファクタリング会社も存在するため、注意してください。

4.売掛先の社会的信用度が低い

ファクタリングを利用する場合、売掛先の社会的信用度が低い個人事業主だと審査に落ちる可能性があります。

売掛先の信用度を確認してファクタリング審査を行います。

個人事業主は企業よりも信用度が低いため、問題なく売掛金を支払える状況であっても審査に落ちることもあります。

また、個人事業主は企業より、事業内容や業績の調査が難しい業務形態であることも理由の1つです。

企業は信用調査機関やファクタリング会社独自に調査できますが、個人事業主は調査しても信用度が高まる情報が出てこないこともあります。

そのため、ファクタリング会社の多くは、売掛先が個人事業主だと利用できないのです。

5.売掛先の赤字続きや税金滞納等の経営不振

ファクタリングは売掛先が赤字続きや、税金滞納などの経営不振に陥っている場合、審査に落とされる可能性が高いです。

基本的にファクタリング審査は利用者ではなく、売掛先が対象となります。

ファクタリングは売掛先を売却して資金を調達する方法のため、審査に通過するためには売掛先の経営状況が重要です。

売掛債権を買い取るかを判断するため、日本中小企業金融サポート機構側は売掛先の業種や会社の規模、利益などを総合的に見ています。

売掛先の業績が悪く、赤字が続いていたり税金を滞納していたりすると、期日通りに売掛金を支払えない可能性が高いです。

また、売掛最近を買い取った後に売掛先が倒産や経営破綻してしまうと、売掛金の回収ができなくなります。

ファクタリング会社の多くは、売掛先の倒産や経営破綻で売掛債権を回収できなくなった場合でも利用者から弁済金を要求しない「ノンリコース契約」を採用しています。

ノンリコース契約は利用者によっては大きなメリットですが、ファクタリング会社側は大きな損失です。

そのため、ファクタリング審査に通過するためには、できる限り業績が安定している企業を選びましょう。

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングと銀行融資の違いは以下の通りです。

ファクタリング銀行融資
資金調達できる金額売掛金の金額まで約300万円〜3億円程度
返済期間30〜45日程度1〜15年程度
返済方法一括払い分割返済
必要な費用手数料利息・保証料
審査期間1日〜1週間程度1〜3ヶ月程度
審査対象売掛先を審査借りる人を審査
資金調達が不可な場合口座差し押さえの可能性がある他の金融機関からの借入が多い税金の滞納がある支払い遅延が多い
審査難易度低い高い

まとめ

日本中小企業金融サポート機構は資金調達だけではなく、資本政策や事業再生に関するコンサルティング業務も行っているファクタリング会社です。

資金繰りに困っている、安い手数料でファクタリングを利用したい、経営に関することを相談したいという方にはおすすめのファクタリング会社です。

ぜひ一度問い合わせてみてください。

相談無料

日本中小企業金融サポート機構に相談してみる

日本中小企業金融サポート機構のよくある質問

日本中小企業金融サポート機構に関してよくある質問をまとめました。

最後に疑問点を解消しておきましょう。

日本中小企業金融サポート機構の必要書類は?
日本中小企業金融サポート機構の審査で必要な書類は以下の2点です。
①通帳コピー(表紙付き・3ヶ月分)
②請求書・契約書など売掛金に関する資料

※審査では申込企業の業績は加味されないため、融資の審査で必要な確定申告書・決済書などは不要です。
入金まで最短何時間かかる?
日本中小企業金融サポート機構は、最短3時間で入金されます。
そのため、「急いで資金を調達したい」と考えている方でも、日本中小企業金融サポート機構であれば間に合うかもしれません。
しかし、日本中小企業金融サポート機構はAIやシステムで審査を行っているわけではありません。
人間の担当者が審査を行うため、混雑時は審査に時間がかかる可能性があります。
急いで資金調達をしたい場合、午前中の早い時間帯に申し込み、急いでいることを伝えましょう。
日本中小企業金融サポート機構の営業時間は?
日本中小企業金融サポート機構の営業時間は以下の通りです。
営業時間:9:30〜18:00
営業日:平日
電話番号:03-6435-7371
日本中小企業金融サポート機構の買取額に上限はありますか?
日本中小企業金融サポート機構には買取額に上限はありません。
少額から高額までの資金調達に対応しています。
個人事業主やフリーランスが利用できるファクタリングサービスは、上限が決まっていることが多いです。
日本中小企業金融サポート機構であれば、大きな売掛債権も安心して任せられます。
日本中小企業金融サポート機構は赤字でも利用できる?
日本中小企業金融サポート機構は赤字でも利用できます。
ファクタリング審査で重視される点は売掛先の信用度です。
そのため、申込企業が赤字や債務超過であっても、審査に通過する可能性があります。
赤字を理由に銀行融資を断られた場合でも、日本中小企業金融サポート機構であれば資金調達ができます。
また、税金を滞納している場合は金融機関で融資を受けることはできませんが、ファクタリングであれば利用可能です。
滞納を理由に銀行融資を断られた場合も、日本中小企業金融サポート機構の利用を検討しましょう。
個人事業主やフリーランスでも利用できる?
日本中小企業金融サポート機構は個人事業主やフリーランスでも利用可能です。
突発的な資金不足にも対応してくれます。
しかし、売掛先が個人事業主の売掛債権は取り扱っていないため、注意してください。
一般社団法人と株式会社の違いは?
一般社団法人と株式会社は、主に営利活動の有無が異なります。
一般社団法人は非営利で、事業利益を社員に還元できません。
一方、株式会社は営利法人で、利益を社員や株主に分配できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA