【確認】2社間ファクタリングとは?違法性やメリット・デメリットも合わせて解説!

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

「2社間ファクタリング」とは、通常のファクタリングと同様に、企業や個人が売掛金を売却し現金化する手段の一つですが、売掛金の買い手であるファクタリング会社と2社間でやりとりする点が特徴です。

具体的には、売り手が買い手企業に商品やサービスを提供し、その代金を受け取る前にファクタリング会社が介入し、売掛金の一部を即座に売却することで現金を得る仕組みです。

この方法により、売り手は売掛金を早期に現金化でき、買い手は支払いの期限を調整することで資金繰りを改善することができます。

ぜひ、オススメのファクタリング会社オンライン完結、来店不要のファクタリング会社も参考にしてみてください。

のりかえプラス

2社間ファクタリングは違法性があるのか?

結論、国が中小企業の資金調達方法として推奨しているため、違法性はありません。

債権譲渡は民法で自由と定められており、かつ違法との判決も出ておりません。

多くの国や地域では、2社間ファクタリングが適法であると見なされる場合もありますが、一部の法域では特定の条件を満たさない場合に、違法とされることがあります。

ファクタリングと偽った貸付に注意

日本の金融では、貸付業を行う際、利息制限法というものが法律として定められております。

しかし、ファクタリング手数料には制限がなく、手数料は業者ごとの言い値で商売ができる事業となっていることが原因で、利息制限法を超えた手数料で融資を行う悪質業者も中には存在します。

そのため、ファクタリング業者を偽って事業をしている人の中には、請求書の買取ではなく、貸付の契約書を使用しているところも実際に存在しておりますので、違和感を感じたらすぐに確認するようにしましょう。

※大前提、契約を結ぶ際には、必ず契約書の内容をよく確認しましょう。

2社間ファクタリングのメリット5選

それぞれ紹介していきます。

売掛先にバレずに資金調達できる

二社間ファクタリングでは、お客様(あなた)とファクタリング会社の二社間で取引が行われます。

そのため、売掛先には通知はいかず、取引先に心配をかけることなく、資金調達が可能です。

ファクタリングを利用していることが取引先にわかってしまうと、業務以外の余計な心配をかけることにつながるため、取引先にバレずに資金調達したいという要望にこたえることが出来ます。

信用情報に問題があっても利用できる

ファクタリングは銀行融資と違い、売掛金の存在が確認できれば、利用することが可能です。

そのため、万が一、会社として、返済遅れが生じていたとして、経営者自信の信用情報に傷がついていたとしても、ファクタリングの審査に影響することはありません

銀行融資が使用できなかったとしても、一時的な資金不足の解消の手段として、ファクタリングを活用することができます。

売掛金さえあれば即時資金調達が可能

ファクタリング会社は審査をする際に、お客様情報、並びに売掛金(請求書)が本当にあるのかどうか、取引先の与信情報に問題はないのかを確認します。

あなたがたとえ税金の滞納や支払いの遅延をしていたとしても、審査には影響することはありません

オンライン完結で契約できる

二社間ファクタリングの場合、お客様と、ファクタリング会社の二社間で取引が成立するため、オンラインで即日の契約も可能です。

また、審査の早いファクタリング会社の場合、申し込み当日に資金調達をすることも可能。

来店不要で即日入金のファクタリングを希望の方も多くいるため、今では多くの会社がクラウドファクタリングやオンラインファクタリングを導入しています。

3社間ファクタリングの場合は、売掛先も絡んでくるため、オンラインでの三社間契約を進んでやっているところは少ないため、二社間ファクタリングのメリットの1つだと言えます。

償還請求権がない

償還請求権とは売掛先が倒産した場合にも、ファクタリングの契約が済んでいた場合、お客様に請求されることをはないという契約です。

ノンリコースとも言われます。

償還請求権がないということはお客様にとってもリスクヘッジになるため、メリットの1つと言えます。

2社間ファクタリングのデメリット3選

それぞれ説明していきます。

他の資金調達手段に比べ手数料が高い

二社間ファクタリングでは、銀行融資に比べ、手数料が割高になるケースがほとんどです。

銀行融資の場合、金利という形で表されますが、ファクタリングの場合、は買取債券の何%という手数料でかかります。

銀行融資の場合、返済期限に比例して、手数料がかかりますが、ファクタリングの場合は1回きりになります。

その分、手数料が割高になってしまうということを覚えておきましょう。

審査が厳しい

二社間ファクタリングでは、三者間ファクタリングに比べ、審査が厳しくなる傾向にあります。

銀行融資に比べると必要書類の少なさやスピード感で言うと早くはなりますが、審査という点においては厳しくなるということを覚えておきましょう。

審査が緩いファクタリング会社も存在しますので、審査落ちを避けるために一度確認しておくことも必要です。

悪質なファクタリング会社も存在する

二社間ファクタリングについてはお客様との取引のみのため、初めにも少しご紹介させていただいた通り、中には悪質な業者も存在します。

高額な手数料を要求してきたり、電話で話していた内容とは違う契約書を提示してきたりするケースもあります。

また、逆に、お客様が二重譲渡を行ってしまっているケースも少なくないため、契約をする際には、お客様自身とファクタリング会社双方が注意しながら契約を結ぶことが大切です。

二社間ファクタリングにオススメな会社3選

ビートレーディング

引用元:ビートレーディング

ビートレーディングはファクタリングのパイオニアとも呼べる企業であり、累計5.2万社を超える取引先、また1,170億円以上の債券買取を行っているファクタリング会社です。

信頼と実績のある企業ですので、企業様の場合は、迷いなく相談したい1社です。

ビートレーディングの口コミ・評判はこちら

ファクタリングのパイオニア

ビートレーディングに相談する

ペイトナーファクタリング

引用元:ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングは個人事業主・フリーランスに特化したファクタリング会社です。

上場を目指しながら、個人事業主・フリーランスの支えとなってくれる会社でもあり、資金調達は最短10分と驚きの速さ。

手数料も10%固定とわかりやすいため、個人事業主、フリーランスの方はぜひ押さえておきたい1社となっております。

ペイトナーファクタリングの口コミ・評判はこちら

登録無料

ペイトナーファクタリングに相談する

GoodPlus

引用元:GoodPlus

GoodPlusは中小企業向けのファクタリングサービスを展開しており、小口専門のファクタリング会社となっております。

特に、個人事業主やフリーランスの方、法人で債券金額が500万円未満に強みを持っているファクタリング会社であることから、手数料も他社に比べ、低く提示してくれる可能性が高い会社となっております。

また土日祝日にも対応しており、365日相談可能です。

そのため、資金繰りを悪化させたくない、中小企業や個人事業主にとっては必ず押さえておきたい1社となっております。

GoodPlusの口コミ・評判はこちら

小口専門

GoodPlusに相談する

のりかえプラス

2社間ファクタリングに関するまとめ

二社間ファクタリングは取引先にバレずに資金調達できる1つの手段です。

手数料は銀行融資や3社間ファクタリングに比べ、高くなる傾向にありますが、最短即日で資金調達なことを加味するととても魅力的な資金調達手段といえます。

そのため、事業者であれば、必ず頭の片隅にでも知識として覚えておきましょう。

2社間ファクタリングに関するよくある質問

ファクタリングを利用していることは、取引先にバレますか?
バレません。二社間ファクタリングの場合、お客様とファクタリング会社の2社間で完結します。
すでにファクタリング会社に売却した債権を他のファクタリング会社に売却することは違法ですか?
違法です。二重譲渡になり、違法になりますので、必ず、売却していない別の債権を提示するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA