OLTA(オルタ)の口コミからわかる評判は?特徴から利用方法まで詳しく解説

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

まとまった資金が必要なのに、すぐに用意できない、そういった時もあるのではないでしょうか。

銀行の融資などでは時間がかかり過ぎ、すぐに必要としている資金を手に入れることができません。

そういったときにおすすめなのが、ファクタリングサービスです。

本記事では、ファクタリングサービスを提供している(オルタ)について詳しく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

土日祝日の急遽な資金調達が必要になった方はこちらをご確認ください。

OLTA(オルタ)とは?

引用元:公式サイト

OLTA(オルタ)とは、クラウドファクタリングサービスを提供している会社です。

申し込みから入金まで、オンラインで完結できる点が特徴です。手数料の上限が9%と低いため、資金は必要だけどできるだけ手数料を安く抑えたいという事業者におすすめのサービスといえます。

特徴やおすすめの人、申し込みの流れまでわかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

また、口コミからわかる評判も紹介します。

OLTA(オルタ)の会社概要

引用元:公式サイト

運営会社OLTA株式会社
住所〒107-6004東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 4F
電話番号03-5843-0488 (代表)
営業時間10:00~18:00
公式サイトOLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)とは、オンラインで完結できるファクタリングサービスを提供している会社。

従来のファクタリングサービスとは異なり、オンラインで全てが完結するため、簡単に売掛金を売却することができます。

また、2社間ファクタリングが可能なため、売掛先に知られることもありません

現金化は最短で24時間以内に可能という速さのため、とにかく急いで資金が必要な時におすすめのファクタリングサービスといえます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、入金が先の売掛金を即日現金化することができるサービスです。

売掛債権をファクタリング会社に売却することですぐに現金化することができます。

銀行の融資が受けられずに資金調達できないときや、すぐに現金が必要なときに利用することで、必要な資金を手にすることができます。

また、借入とは異なり、あくまでも入金予定日には入金されるはずだった売掛債権の権利を売っただけなので、後日返済の必要はありません。

ただし、手数料が取られるため、売掛債権の金額全てを手にすることはできない点がデメリットといえるでしょう。

そのため、ファクタリングは常に利用するものではなく、本当に資金が足りないときだけにしておきましょう

OLTA(オルタ)の特徴10選

引用元:公式サイト

ファクタリング会社はいくつもありますが、その中でOLTA(オルタ)ならではの特徴もあります。

どのような特徴があるのかをきちんと把握しておくことで、必要な時に必要な分だけ活用することができます。

OLTA(オルタ)を利用するべきか迷っているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

特徴①最短即日入金

OLTA(オルタ)の特徴の一つは、最短で即日の入金が可能という点です。OLTA(オルタ)は、ほかのファクタリングサービスとは異なり、非対面での契約が可能となっています。

つまり、わざわざ契約のために会社を訪れる必要がなく、また、遠方まで出向いてもらうこともありません。

移動に使う時間のロスがないため、最短で即日の入金が可能となっています。

とはいえ、あくまでも最短24時間以内に見積もり結果を回答という形になるため、申し込みの時間が速ければ最短即日入金も可能ですが、必ずというわけではありません。

また、書類が不備なくすべてそろっていなければ審査をすることができないため、もし不備などがあれば、審査がその分遅れてしまいます。なるべく早く資金を手に入れたいと考えているなら、書類に不備がないように確認してから提出しましょう。

特徴②2社間ファクタリング

OLTA(オルタ)は、2社間ファクタリングを行っているため、売掛金をOLTA(オルタ)に売却しても取引先に知られることはありません。

3社間ファクタリングでは売掛先の会社の了承を得る必要がありますが、2社間ファクタリングは自分とOLTA(オルタ)で完結できるため、売掛先の会社の了承も必要ありません。

そのため、ファクタリングを利用して資金調達をしたいと考えていることも、バレません。

なるべく取引先に知られたくないという人なら、2社間ファクタリングが可能なOLTA(オルタ)でファクタリングを行うのがおすすめです。

特徴③審査が早い

OLTA(オルタ)は、審査が速いのも特徴の一つです。前述したとおり、OLTA(オルタ)はすべてをインターネット上で完結することができるサービスを提供しています。

そのため、審査が速くスピーディーに行われるだけでなく、契約時の対面での顔合わせが必要ないため、移動などで無駄に時間を使うこともありません。

言い換えると、来店不要で即日入金が可能なファクタリングサービスです。

審査が速いだけでなく契約までも早いのがポイントで、とにかく早く資金を調達したいと考えているなら、おすすめといえます。

特徴④買取可能額の上限・下限がない

OLTA(オルタ)の買取可能額には上限や下限が設定されていません。そのため、少額の売掛債権の買取も可能であり、特に小規模な事業者や個人事業主にとっては、うれしいサービスであるといえます。

ファクタリング会社によっては、下限が50万円や200万円といったところもあり、個人事業主や小規模な法人では利用することが難しい場合もあります。

そのため、下限がないOLTA(オルタ)は利用しやすいといえます。

そのほか、上限の金額も設定されていないため、中小企業だけでなく大手企業もOLTA(オルタ)のファクタリングを利用することが可能です。

特徴⑤手続きがわかりやすい

OLTA(オルタ)は、手続きがわかりやすい点が特徴です。基本的にはすべての手続きがオンラインで完結するため、難しい操作などもありません。

ただし、パソコンを使い慣れていなければ難しい場合もあるため、そういったときには、OLTA(オルタ)に電話で連絡をして、パソコン操作ができないことを告げてください。

わからないことは、きちんと丁寧に教えてくれます。

そうでなくても手続きの方法はわかりやすいため、ぜひ試してみてください。

特徴⑥安心のノンリコース契約

OLTA(オルタ)は、ノンリコース契約を結ぶことが可能です。

リコースとは償還請求権のことであり、ノンリコースということは、償還請求権なしでの契約となります。

償還請求権とは、保証制度のことであり、もし償還請求権がある契約なら、OLTA(オルタ)が売掛先の会社から売掛金を回収できなかった場合は、依頼者がその分の意金銭を支払わなければならなくなります。

しかし、今回のように償還請求権がないということは、たとえ回収に失敗したとしても、依頼者側が金銭を請求されることはありません。

そのため、ファクタリング会社を選ぶ際には、できるだけ償還請求権なし、いわゆるノンリコース契約が可能な会社を選ぶ必要があります

特徴⑦個人事業主・フリーランスも利用できる

OLTA(オルタ)の特徴の一つは、個人事業主やフリーランスも利用が可能という点です。個人事業主やフリーランスの場合は、売掛債権も少額であることが多く、下限が決まっているファクタリング会社の場合は利用できない場合が多くあります。

しかし、OLTA(オルタ)は売掛債権の金額に関して下限が決まっておらず、保証人や担保も必要ありません。

つまり、少額の売掛債権しか準備できない個人事業主やフリーランスであっても利用しやすいといえます。

また、手数料が低い点もポイントです。いくら下限がなく少額で利用しやすいといっても、手数料として20%や30%も取られてしまうと意味がありません。

少額だからこそ、余計に手数料が高いと必要な資金が調達できない可能性もあります。しかし、OLTA(オルタ)の手数料は2~9%と低いため、利用しやすいといえるでしょう。

特徴⑧信用情報に傷がつかない

信用情報に傷がつかない、というのもOLTA(オルタ)を利用したい特徴です。

そもそも、ファクタリング自体、借り入れではありません。

そのため、信用情報を開示する必要はなく、借り入れではないからこそ、信用情報にも傷はつきません。

ファクタリングは、期日に資金が入ってくることを契約した売掛金を、ファクタリング会社が買取るものなので、後からお金を返す必要もありません。信用情報に傷をつけたくないなら、借り入れよりもファクタリングの方が良い場合もあります。

特徴⑨オンライン上で完結できる

OLTA(オルタ)は、オンライン上ですべて完結できるため、全国での対応が可能です。

地方にいるからファクタリング会社が利用できない、などといったことはありません。

インターネットを使える環境であれば、問題なく活用ができます。

わざわざ会社まで出向かなくても書類はネットで送ることができ、対面での面接も必要ありません。

無駄なく素早く融資を受けることができるのは、大きな利点といえるでしょう。

特徴⑩信頼性が高い

信頼性が高い点も、OLTA(オルタ)の魅力です。創業は2017年と歴史は浅いものの、創業者は野村證券での十分な経験を積んだ後でOLTA(オルタ)を創業しています。

創業してからわずか2年程度で利用者数が大幅に増え、2019年末にはファクタリング申込金額が150億円を突破するほどです。

申込者が増え続けており、大きなトラブルもないため、安心して利用できます。

OLTA(オルタ)の口コミからわかる評判

OLTA(オルタ)が気になっているという人はいても、やはり口コミや評判がよくなければ利用することをためらってしまいます。とくに日本ではまだファクタリング会社はそこまで多くはなく、ファクタリングというサービス自体、浸透していません。

そのため、興味はあっても利用すると決められない人がいるのも、当然の話です。

とはいえ、実際の利用者の声を聴くことで、安心して利用できるサービスかどうかがある程度判断できるでしょう。

ここでは、OLTA(オルタ)の良い口コミと悪い口コミを紹介します。良い口コミだけでなく、悪い口コミも参考にすることが大切です。

OLTA(オルタ)の良い口コミからの評判

OLTA(オルタ)の口コミからの評判は、以下のようなものがあります。

OLTA(オルタ)の口コミからの評判を見てみると、信頼性が高いというものが挙げられます。

ファクタリング業者は必ずしも良い業者ばかりではなく、中には悪質な業者もいます。

しかし、悪質な業者と良い業者を見分けることは難しく、つい甘い言葉に騙されてしまったということもあるのではないでしょうか。

OLTA(オルタ)なら、銀行などの金融機関から資金調達を行っているだけでなく、設立からわずか2年で申し込みが150億円を突破するなど、信頼できる要素が多くあります。

また、手数料が安い点も魅力といえるでしょう。

他のファクタリング会社は、手数料が2%~20%だったり、15%~30%であったりと、手数料をかなり高く設定している場合もあります。

しかし、OLTA(オルタ)は2%~9%の手数料のため、なるべく安いコストで使いたい事業者におすすめです。

また、買取下限がないのが良いという人もいました。

なぜなら個人事業主やフリーランスはそもそも高額な売掛債権は持っていないことが多いからです。そこまで大きな取引をすることなく、少額の売掛があることが考えられます。

そのため、下限が決まっていなければ個人事業主やフリーランスが利用しやすいサービスといえるでしょう。

取引先にばれないのも良い、という意見もあります。

2社間ファクタリングなので、売掛先に確認を入れる必要がなく、売掛先の調査自体はファクタリング会社が行うため、売掛先に売掛債権を売却したことがばれることはありません。そのため、今後の取引に影響することもないでしょう。

続きを見る

OLTA(オルタ)の悪い口コミからの評判

OLTA(オルタ)には、決して良い口コミだけではありません。悪い口コミもチェックしておくことで、余計なトラブルを避けることができるでしょう。OLTA(オルタ)の悪い口コミは、以下の通りです。

OLTA(オルタ)の審査スピードは速く、契約時に対面する必要がないため、契約までのスピードも速い点が特徴ですが、だからといって即日入金とは限りません。

実際にホームページを見ても即日入金ではなく、24時間以内(1営業日)の入金となっています。

もし金曜日に申し込みをすると間に土日が入ってくるため、入金は月曜日になるでしょう。

そのため、即日入金を期待している人はがっかりしてしまうかもしれません。

もし急いでいるなら、事前の急いでいることを伝えておくと良いでしょう。

また、手数料が高いという口コミもあります。

実際のところ、OLTA(オルタ)の場合は2~9%と手数料は業界内でも安いほうといえます。

しかし、2%ならよいですが、9%の手数料を取られると「手数料は2%~」とあったのに、と感じてしまう可能性もあります。

手数料は信用度や売掛金など、基準は公表されていないものの依頼者の状況によって異なるため、一概には言えません。

しかし、他のファクタリング会社と比べると上限も安くなっているため、おすすめです。

ちなみに、OLTA(オルタ)は将来債権はリスクが高いため買取不可となっています。

毎年同じように売掛金が発生するから、といった理由でまだ発生していない売掛金を売却することはできないのです。

なぜなら、去年はそうであっても今年は状況が変わっている可能性があり、必ず発生するとは限らないからです。

そのため、売却できるのは現在すでに発生している売掛債権だけとなっています。

続きを見る

OLTA(オルタ)の注意点

引用元:公式サイト

OLTA(オルタ)は、手数料も安くオンライン完結型で使いやすい点がポイントのファクタリング会社ですが、利用するにあたっての注意点もあります。

注意点をきちんと把握しておかなくては、「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することにもなりかねません。

とくに初めてファクタリングを利用する人にとっては、良くわからないこともあるでしょう。

ここでは、OLTA(オルタ)利用時にどのようなことに気をつければよいのかを詳しくみていきます。

3社間ファクタリングはできない

OLTA(オルタ)は、3社間ファクタリングは採用しておらず、2社間ファクタリングのみ可能となっています。

3社ファクタリングはファクタリング会社と利用者、さらに売掛先まで入る必要があり、売掛先に売掛債権を売却しようとしていることがばれてしまうのが難点です。しかし、売掛先も売掛債権が売却されることを知ることができ、ファクタリング会社は売掛金を回収できなくなるリスクが少なくなります。

リスクが少ない分、審査にも通りやすく売掛債権を売りやすいのは、利用者にとってのメリットといえるでしょう。

しかし、OLTA(オルタ)では3社間ファクタリングはできず、2社間ファクタリングのみとなっています。

2社間ファクタリングであれば利用者は売掛債権を売却したことを売掛先に知られることなく処理できます。

もちろんその分ファクタリング会社のリスクは高まりますが、OLTA(オルタ)の場合は償還請求権なしとなるため、依頼者にとってはリスクなく安心して買取を依頼することができます。

しかし、3社間ファクタリング取引をしたいと考えている企業にとっては、デメリットとなるでしょう。

そのため、自分がどのような取引を望んでいるのか、どの形態の取引がもっとも会社にとってメリットがあるのかをきちんと把握しておくことが大切です。

AIの審査

OLTA(オルタ)では、買取の可否などの審査において、AIを活用しています。たとえば、銀行で融資を受けるとなると審査には1~2か月程度かかることもあるでしょう。

しかし、独自のAI審査を行っているOLTA(オルタ)なら、審査の時間は短く、早ければ30分程度で終了します。

ただし、審査に落ちたとしても理由を教えてもらうことはできません。

土日祝日は休み

OLTA(オルタ)は、24時間365日稼働しているわけではなく、夜や土日はお休みです。

そのため、いくら早く現金を手にしたいと考えていても、金曜日に申し込んだら振り込みがされるのは月曜日、ということもあるでしょう。

もし月曜日が祝日なら、振り込みがされるのは1営業日以内となっているため、火曜日になる可能性もあります。

そのため、すぐに振り込みをしてほしいと考えているなら、土日祝日が間に入らないようにすることをおすすめします。

OLTA(オルタ)がおすすめな人

引用元:公式サイト

OLTA(オルタ)はだれでも利用できますが、だからといってすべての人におすすめ出来るというわけではありません。中にはファクタリングよりも銀行融資の方が向いている場合もあります。ここでは、OLTA(オルタ)の利用がおすすめの人についてみていきましょう。

すぐに現金を手に入れたい人

すぐに現金を手に入れたい、という人には向いています。

なぜなら、独自のAI審査によって審査がスピーディーに終わり、問題なければすぐに振り込みをしてもらえるからです。

そのため、とにかく現金が欲しいという人にはピッタリのサービスです。

売掛金はもともと自社に入るはずだったお金であり、ファクタリング会社は売掛先から回収するため、借入金とは違って依頼者が後日支払いをする必要がありません。

後から返さなくても良い、という点がファクタリングの特徴といえるでしょう。

ファクタリング会社にもいろいろありますが、OLTA(オルタ)は買取できる売掛金の種類に特に制限はなく、なおかつ金額の下限もないため、個人事業主やフリーランサーが契約しやすくなっています

銀行で借り入れできない人

銀行で借り入れができない人にも、OLTA(オルタ)は向いているサービスといえるでしょう。

銀行で借り入れできない理由はさまざまですが、個人事業主やフリーランスだと、収入が不安定で信用が少ないため、審査には通りにくいことが大きな原因でしょう。

そのほか、赤字経営や資金繰りの悪化、債務超過などが主な理由となります。

しかし、OLTA(オルタ)なら、その辺りは全く問題になりません。もちろん信用の違いで個人事業主やフリーランスの場合は手数料もが高くなってしまう可能性はありますが、それでもかなり安い方だといえるでしょう。また、銀行とは異なり、審査時に自社の財務状況を公開する必要がありません。

たとえば、税金を滞納しているといったときであっても、問題ありません。ファクタリング会社にとって重要なのは売掛先の会社であり、依頼人の会社ではないからです。

そのため、財務状況が悪くて資金繰りがきびしくて銀行から融資を受けることができないといったときでも、売掛債権があればOLTA(オルタ)の審査に通る確率は高くなります。

つまり、これ以上銀行から借りることができないといった人には資金調達の手段としておすすめといえます。

融資以外の方法を探している人

融資以外の方法を探している人にも、OLTA(オルタ)のファクタリングはおすすめです。

ファクタリングはあくまでも期日になれば入るはずの資金を早めに入金してもらうだけであり、売掛金を支払ってもらう権利を手数料を支払って売却しただけだからです。

そのため、後になってから返済をする必要はなく、自社の財務状況も関係がありません。

つまり、融資は難しくても、ファクタリングなら可能というケースは多くあります。主に中小企業や個人事業主、フリーランスには、相性が良いです

OLTA(オルタ)の必要書類

引用元:公式サイト

OLTA(オルタ)に申し込むためには、以下の書類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 請求書
  • 事業用口座の入出金明細(法人の場合決算書記載の全口座)
  • 昨年度の決算書(法人の場合)
  • 昨年度の確定申告書(個人事業主の場合)

本人確認書類は、免許証、パスポート、マイナンバーカードのうちのどれか1つで問題ありません。手元にある本人確認書類を用意しましょう。

また、事業用口座の入出金明細(法人の場合決算書記載の全口座)に関しては、4か月前から直近の入出金がわかるものが必要です。

そのため、起業してすぐの場合は利用できず、最低でも4か月経過してから利用することになります。法人の場合は昨年度の決算書を提出する必要があり、個人事業主やフリーランスであれば確定申告書の写しが必要です。

もし控えをなくしてしまったということであれば、税務署で情報開示請求をすることでもらうことができます。

ただし、情報開示請求をしてから確定申告書の写しがもらえるまでには3週間前後時間がかかるため、急ぎならスマホのアプリから手続きをするといいでしょう。

書類をきちんとそろえてミスなく渡すことで、素早く審査をしてもらうことができます。

OLTA(オルタ)利用の流れ

引用元:公式サイト

申し込み

必要書類は申し込みの時点でネット経由でOLTA(オルタ)に渡さなくてはなりません。

そのため、必要な書類は事前に用意しておくようにしましょう。

※画像データの対応可能形式はPDF/Excel/PNG/JPEGとなっています。

お客様情報の登録

会社の代表者の本人確認書類が必要です。

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートのどれか一つを用意しておきましょう。

登録は無料で利用でき、とくに月額料金がかかるようなこともありません。

AI審査

提出した書類をもとにAIが審査します。素早く審査を終えられ、24時間(1営業日)以内には結果がきます。

※書類不備や会社の状況によっては例外もございます。

※このタイミングでキャンセルも可能です。

契約

契約が問題なく済み次第、振り込みが完了します。

ただし、審査に落ちても理由までは伝えることができません。

また、このときはひとまず審査結果と買取できる見積金額がでるだけであり、見積金額が気に入らなければキャンセルが可能です。

よく考えて、売却するかどうかを決めましょう。

まとめ

今回は、日本初のクラウドファクタリングサービスを展開しているOLTA(オルタ)について詳しく解説してきました。

OLTAは、オンラインで申し込みから振り込みまでできるサービスです。

オンラインで、ファクタリングの申し込みができるのです。

ファクタリングはあくまでも後日入金予定の売掛金を前倒しにしてもらっているだけなので、借入金とは異なります。

そのため、銀行からの借り入れが困難、融資が受けられないといった場合でも、ファクタリングサービスは問題なく使用できます。借り入れではないため、後になってから返す必要もありません。

本当に資金調達に困っている、できるだけすぐにまとまったお金が欲しいといった場合には、ぜひOLTA(オルタ)を利用してみてください。うまくファクタリングサービスを利用して、会社を資金難で倒産させることなく回していくようにしましょう。

OLTA(オルタ)に関するよくある質問

OLTA(オルタ)を利用したくいても、気になる疑問や質問があってなかなか申し込みまでできない、という人もいるのではないでしょうか。ファクタリングに関しては、まだ日本での知名度が低く、誰かに聞こうにも答えが返ってくるとは限りません。

そこで、ここではOLTA(オルタ)に関するよくある質問をピックアップしました。これからOLTA(オルタ)との契約を考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

売掛先が倒産したらどうなる?
OLTA(オルタ)は償還請求権のない契約であるため、とくに保証をする必要がありません。売掛先が倒産したり回収が難しくなっても特にお金を払う必要はありません。
代表者個人の連帯保証や保証人は必要?
代表者個人を証明するための本人確認書類は必要ですが、連帯保証や保証人は必要ありません。
銀行からの借入れがあっても利用できる?
銀行で借り入れがあったとしても、問題になるわけでもありません。銀行の借り入れとファクタリングを両立してよいところだけ取っている人もいるので、使い方次第です。
遠方のため来社ができません。利用は可能ですか?
遠方に家があるため、来社ができないから契約もできないのではないかと悩んでいる人もいますが、そのような心配はいりません。
OLTA(オルタ)はオンラインで全てが完了できるサービスであり、ほかのファクタリングとは異なるからです。とくに対面する必要はなく、来社する必要がありません。
信用情報がなくても大丈夫?
借り入れではないため、信用情報がなくても大丈夫です。また、ファクタリングを使ったからといって信用情報に傷がつくようなことはありません。もし信用情報がなくても審査に通る可能性は十分にあります。
ファクタリング利用時に必要な書類は?
ファクタリング利用時に必要な書類は、以下の通りです。
・本人確認書類
・請求書、事業用口座の入出金明細(法人の場合決算書記載の全口座)
・昨年度の決算書(法人の場合)
・昨年度の確定申告書(個人事業主の場合)
もし失くしてしまった書類があるようなら、再発行できないか試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA