ファクタリングの二重譲渡とは?犯罪の理由や複数利用がバレる理由も解説!

ファクタリング 二重譲渡

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

ファクタリングにおける二重譲渡は犯罪になりますので、絶対にやめましょう。

ファクタリングにおける「二重譲渡」は、通常、債権の売却や譲渡に関する概念です。

企業が未回収の債権を金融機関やファクタリング会社に売却するファクタリングでは、債権が売却された時点で、企業は即座に資金を得ることができますが、同時に債権の権利も売却されます。

二重譲渡が問題となるのは、同じ債権が複数のファクタリング業者に売却され、それぞれが債権の所有権を主張することになるため。

つまり、契約違反や法的な混乱を引き起こしてしまいます。

また、混乱を起こすだけではなく、その後の会社、代表者、従業員、関係者、全ての人に悪影響を及ぼすことになりますので、絶対にしてはいけません。

土日祝日の、急な資金調達が必要な方はこちらをご覧ください。

ファクタリングの二重譲渡になる具体例

企業がある債権をファクタリングA社に売却したとします。しかし、同じ債権がすでに他のB社に売却されていた場合、二重譲渡が発生します。

この状況では、どちらの業者も同じ債権に対する所有権を主張できるため、法的な紛争の原因となります。

支払いを先に売却していた会社に行った場合、二重譲渡で資金調達したファクタリング会社からは、損害賠償請求だけではなく、慰謝料を請求される可能性さえあります。

絶対にやめましょう。

二重譲渡が起こる原因

二重譲渡は犯罪です。しかし、なぜ多くの二重譲渡が起こってしまうのでしょうか。

ここでは、二重譲渡が起こる原因となる理由を2つ紹介します。

①利用者が故意に騙している

二重譲渡がおこる原因の1つは利用者がファクタリング会社を騙してお金を得るために申し込みを行っていることが挙げられます。

資金繰りに困った経営者や事業者はどうにかして資金調達をできないかと考えますが、銀行融資、消費者金融などに頼ることができず、最終的に犯罪に手を染めてしまうケースも少なからずあります。

また、ファクタリングサービスはアメリカ発祥のサービスで日本に入ってきて、まだ歴史が浅く、法整備がしっかりと整っていないことを理由に騙してお金を取ろうという利用者もいます。

上記のような利用者がいる可能性があるため、ファクタリング会社は申し込みが入った際に審査を行うのです。

ファクタリングが銀行融資等の資金調達手段に比べ、手数料が高いのも上記のリスクを考えると納得ができます。

②利用者の知識不足

ファクタリングの二重譲渡は利用者が二重譲渡がダメだと知らずに、利用してしまうケースもあります。

前項でも解説した通り、ファクタリングはまだまだ馴染みの薄いサービスであるため、法律などを知らずに、利用してしまう方もいます。

利用者の知識不足が原因で二重譲渡が起こってしまったとしても、犯罪になってしまうため、処分から逃げることはできません。

三社間ファクタリングと違い、二社間ファクタリングの場合は、取引先を挟まない契約になることからもこちらの問題が挙げられます。

ファクタリングに限らず、初めて何かをする際には必ず確認してから行うことを心がけましょう。

二重譲渡や複数利用がバレる理由

ファクタリングの二重譲渡がバレる理由はいくつかありますが、ここでは2つ紹介します。

もし、審査で落ちてしまって二重譲渡を目論んでいる人は、審査がゆるいファクタリング会社を参考に、別の債券で審査を入れてみるようにしましょう。

①債権譲渡登記

債権譲渡登記は、特定の債権が他の個人や法人に譲渡されたことを法的に記録する手続きのことを指します。

債権譲渡登記では以下のステップで進めます。

  1. 登録手続きの提出
  2. 登録機関の審査
  3. 登録

上記の審査の時点で、債券が売却されている場合は譲渡人が別の個人または法人に移っているため、そもそも登記ができず、バレるのです。

②未入金

ファクタリング会社は債権を買い取る際に入金日の確認を必ず行います。

2社間ファクタリングの場合に限りますが、入金予定日にファクタリング会社への入金が確認できない場合、利用者への確認がすぐに入ります。

そこで、別のファクタリング会社へ支払いをしている、もしくは売掛金を偽造していることが必ずバレます。

※売掛金の偽造は私文書偽造の犯罪行為になりますので、こちらも絶対にやめましょう。

3社間ファクタリングの場合は、売掛先企業の同意の上、直接ファクタリング会社に振り込みが行われるため、ノンリコースで契約している場合は利用者には関係はありません。

二重譲渡をすると犯罪に問われる

二重譲渡をした場合、詐欺罪「刑法第246条 第三十七章」や業務上横領罪「第253条」に問われる可能性があります。

参考:e-GOV法令検索

罪に問われると現在の仕事はもちろん、その後の人生にも悪い影響を与えることになります。

犯罪を犯すのではなく、別の正当な手段を活用しましょう。

二重譲渡が判明することによる代償

二重譲渡は法律で罰せられることのみに関わらず、その後の取引等にも影響を及ぼします。

会社のみならず、あなた自身の人生へも影響することになりますので、絶対にやめましょう。

銀行からの信用を失う

まず1つ目に挙げられるのは銀行からの信用を失うことです。

銀行からの信用を失ってしまうと、銀行融資はもちろんのこと、反社との取引があるのではないかと疑いの目で見られることになります。

そうなってしまうと、融資をしてもらえる可能性は限りなく低くなることは避けられません。

また、会社としてだけではなく、代表者、従業員の信用も傷つけることになってしまいます。

そうなると、代表者はもちろんのこと、従業員の人生においても重大な過失となってしまい、多大な損害を被ることになります。

取引先からの信用を失う

資金調達ができなくなるリスクがある上に、取引先からの信用を失うことにもつながります。

自分自身に置き換えてみるとわかりやすいと思います。

あなたがもし、取引をしようとしている会社があったとして、その会社が過去に犯罪を犯していたとしたらどうでしょうか。

取引するかどうかの前に、犯罪を犯してしまった事実を知った時点で、取引自体を避けますよね。

このように、銀行等の期間だけではなく、関わっている取引先や今後取引を拡大しようとしている事業計画にも重大な影響を及ぼします。

そんな状況で経営していけると思うでしょうか。

結論、上記のような状況に追い込まれた場合、99%再建不可能ですので、絶対にやめましょう。

ファクタリング会社への相見積はOK

ファクタリング会社への二重譲渡はダメですが、ファクタリング会社への相見積もりは積極的に行うことがオススメです。

※各ファクタリング会社から見積を取るだけで、契約は相見積後に行います。二重譲渡はしないでください。

【手数料重視】ファクタリング会社3選

ファクタリング会社によって、買取金額、手数料、入金速度が違うため、相見積もりをする際は最低でも3社へ見積依頼をかけましょう。

以下の3社への依頼がオススメです。

会社名公式サイト口コミ・評判
ビートレーディングhttps://betrading.jp/詳細を確認する
ベストファクターhttps://bestfactor.jp/詳細を確認する
GoodPlushttps://goodplus-service.co.jp/詳細を確認する

上記の3社をあげた理由として、相見積もりをする際の原則として、大手企業、実績のある企業、中小企業とカテゴリーを分けて見積を取ることで業界の傾向がわかるためです。

大手企業や実績のある企業はネームバリューがあるため、手数料が少し割高でも利用されるケースもあります。

一方で、中小企業向けのファクタリング会社は実績を第一優先しているため、比較的安い手数料を提示してくれるケースもあります。

「大手だから良い」「ベンチャーはだめ」というような固定概念は捨て、しっかりと見積もりを見た上で判断することが大切です。

【審査通過率重視】ファクタリング会社3選

資金調達を迫られている場合、すでにファクタリング会社へ相談し、断られているケースも少なくありません。

ここでは、審査通過率が高い会社を紹介します。

会社名公式サイト口コミ・評判
ビートレーディングhttps://betrading.jp/詳細を確認する
アクセルファクターhttps://accelfacter.co.jp/詳細を確認する
日本中小企業金融サポート機構https://chushokigyo-support.or.jp/詳細を確認する

審査通過率が高い会社へ見積もりを依頼することで、資金調達できる可能性が高まります。

しかし、資金調達できるということだけで会社を選ぶことはリスクが高いため、しっかりと次項で説明する「ファクタリング会社の選定方法」を確認した上で、契約するようにしてください。

【入金速度重視】ファクタリング会社3選

資金調達が迫られていて、一刻の猶予もないという方には、入金速度重視のファクタリング会社への依頼をお勧めします。

以下3社は見積もりから入金まで早いため、相談してみましょう。

会社名公式サイト口コミ・評判
ビートレーディングhttps://betrading.jp/詳細を確認する
QuQuMo(ククモ)https://ququmo.com/詳細を確認する
ペイトナー(個人向け)https://paytner.co.jp/詳細を確認する

入金速度を重視する場合、絶対にやってはいけないことは、威圧的に依頼をしてしまうことです。

ファクタリングは業界として、電話対応等の対応面や話し方などをしっかりとみています。

そのため、相手に疑問を抱かれてしまうと、審査すらも通過しないことになってしまいますし、審査に通過したとしても、買取金額が低かったり、手数料が高額になってしまうことも少なくありません。

申し込みをする際は必ず紳士的な対応を心がけましょう。

ファクタリング会社の選定方法

ファクタリング会社を選ぶ際には、必ず以下の2つのことを考えることが大切です。

  1. 資金調達希望日
  2. 資金調達希望額

上記2点を必ず確認した上で、選定しましょう。

確認することで、資金調達不足による二重譲渡も防ぐことができます。

資金調達希望日

いつまでに資金調達をしなければいけないのかを明確にしましょう。

資金調達が必要になる理由はいくつかありますが、ほとんどの場合は会社内の資金が不足することが原因で支払いが追いつかなくなったためです。

つまり、支払い期日が決まっている取引に対して、お金を調達しなければいけないため、資金調達の期日に対応できるファクタリング会社を選定する必要があります。

ただ単に手数料比較のみで選定することは絶対にやめましょう。

資金調達希望額

いくら資金調達をしなければいけないのかも重要な要素の1つです。

資金調達が希望日までに行われたとしても、希望金額を調達できなければ、債務超過になってしまうリスクがあるためです。

ファクタリング会社によって、売掛金の買取金額も変わることに加え、手数料も変わってきます。

そのため、手数料が少し高くなったとしても、希望の調達額をしっかりと調達できるファクタリング会社を選ぶ必要があります。

そのため、相見積もりはもちろんのこと、あらかじめいくら必要なのかを確認してから、ファクタリングを利用するようにしましょう。

まとめ:ファクタリングの二重譲渡は絶対にダメ

ファクタリングにおいて、二重譲渡を行った場合、罪に問われることはもちろん、必ずバレるので絶対にやめましょう。

資金調達に苦しんでいるのであれば、他の資金調達の手段もあります。

取引先に支払いを少し待ってもらう交渉もできると思いますので、相談してみることから始めましょう。

ファクタリングの二重譲渡のよくある質問

ファクタリングの二重譲渡は違法ですか?
違法です。詐欺罪や横領罪に問われる可能性があるため、絶対にやめましょう。
ファクタリングの二重譲渡はバレますか?
バレます。ファクタリングでは債券が売却された時点で、債権譲渡登記を行うため、登録する際にすでに売却されている場合はわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA