ファクタリングおすすめ17社!手数料や買取可能金額ごとに比較!

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

手元の資金が少なくなると、焦りますよね。

今回この記事では売掛金を現金化する、ファクタリングサービスについてご紹介します。

手数料、入金スピード、土日等、条件別のおすすめのファクタリング会社も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. おすすめのファクタリング会社社比較
  2. ファクタリングの活用が向いている方
  3. 5000万円以上のファクタリングにオススメな会社5選
  4. 1000万円のファクタリングにオススメな会社5選
  5. 500万円以下の小口ファクタリングにオススメな会社3選
  6. ファクタリングのサービスの利用手順
  7. ファクタリング会社の選び方ポイント5選
  8. ファクタリングの審査基準
  9. ファクタリングを活用するデメリット2選
  10. ファクタリングを活用するメリット3選
  11. オススメなファクタリング会社各社紹介
  12. まとめ
  13. ファクタリングについてよくある質問
目次へ

おすすめのファクタリング会社社比較

手数料入金スピード買取可能上限額土日営業個人事業主
ビートレーディング
ビートレーディング
2%〜最短2時間無制限無し有り口コミ・評判
えんナビ
えんナビ
5%〜即日5,000万円有り有り口コミ・評判
ququmo(ククモ)
QuQuMo(ククモ)
1%〜最短1時間非公開無し有り口コミ・評判
ベストファクター
ベストファクター
2%〜即日1億円無し有り口コミ・評判
OLTA(オルタ)
OLTA(オルタ)
2%〜即日無制限無し有り口コミ・評判
フリーナンス
フリーナンス
3%〜即日1,000万円無し有り口コミ・評判
アクセルファクター
アクセルファクター
2%〜即日1億円無し有り口コミ・評判
NO.1ファクタリング
No.1ファクタリング
1%〜即日5,000万円無し有り口コミ・評判
株式会社ウィット 
ウィット
非公開最短2時間小口専門無し有り口コミ・評判
グッドプラス
GoodPlus(グッドプラス)
5%〜最短90分小口専門有り有り口コミ・評判
ペイトナー
ペイトナー
一律10%最短10分取引に応じて変動無し有り口コミ・評判
事業資金エージェント
事業資金エージェント
1.5%〜即日3億円有り有り口コミ・評判
PAYTODAY
PayToday
1%〜最短30分無制限無し有り口コミ・評判
GMO BtoB早払い
GMO BtoB早払い
1%〜最短2営業日1億円無し無し口コミ・評判
トップ・マネジメント
トップ・マネジメント
0.5%〜最短3時間3億円無し有り口コミ・評判
ベストペイ
ベストペイ
5%〜即日3億円無し有り口コミ・評判
イージーファクター 
イージーファクター
2%〜最短60分無制限無し有り口コミ・評判
ラインナップ

ファクタリング会社の規模により、買取上限や手数料も違います。

個人事業主の場合、ファクタリングを活用すると、大企業に比べ債権額が低いため、手数料が高くなる傾向があります。

手数料 算出例

例:買取額1億円、手数料5%の場合

支払い手数料 = 100,000,000 × 0.05% = 5,000,000円

例:買取額100万円、手数料10%の場合

支払い手数料 = 1,000,000 × 0.1% = 100,000円

当然、買取金額が大きければ大きいほど、手数料は安くなります。

そのため、買取金額の上限が高い会社ほど、手数料は安くなりますが、小規模事業者の場合、手数料が高くなる傾向があるため、しっかりと比較をすることが大切です。

また、二社間ファクタリングと比べ、三社間ファクタリングの場合、入金速度も遅くなりますので、必ず確認した上で申し込みを行うようにしてください。

ファクタリングの活用が向いている方

ファクタリングの活用は以下のような事業者にオススメです。

ファクタリングの活用に向いている方
  • キャッシュフローが悪くなっている中小企業
  • 毎月の資金繰りに苦しむ個人事業主
  • 支払サイトが2ヶ月以上先の企業
  • 新しい仕事を進めるにあたり資金が必要な企業

ファクタリングは手元の売掛金を現金化できるサービスでキャッシュフロー改善の1つの手段でもあります。

企業、個人事業主、両方が活用できるのも大きなポイントです。

あなたの必要とする資金調達額に合わせて企業を紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

5000万円以上のファクタリングにオススメな会社5選

5000万円以上の売掛債権をファクタリングサービスを利用して、現金化するなら大手のファクタリング会社を利用することがオススメです。

5,000万円以上のファクタリングにオススメな会社5選

それぞれの強みと合わせて紹介していきます。

ビートレーディング

画像引用元:ビートレーディング
会社名(HP)株式会社ビートレーディング(https://betrading.jp/
所在地東京都港区芝大門一丁目2-18野依ビル3階・4階
設立年月日2012年(平成24年)4月
特徴(強み)HPのチャットボットでのサポート最大買取率98%月間契約数1,000件注文書ファクタリングにも対応
評判・口コミ詳細を確認する

ビートレーディングは月間で1,000件もの契約をしている大手ファクタリング会社です。

累計の買取額は1,000万円を超え1,170億円を達成

信頼と実績のあるおすすめのファクタリング会社です。

大口の売掛金の買取をご希望の方は一度、見積もり依頼をしてみるのがおすすめです。

ビートレーディングに相談してみる

QuQuMo(ククモ)

画像引用元:QuQuMo
会社名(HP)株式会社アクティブサポート(https://ququmo.com/
所在地東京都豊島区南池袋二丁目13番10号 南池袋山本ビル3階
設立年月日2004年10月
特徴(強み)手数料は最大1%来店不要オンライン完結必要書類は請求書・通帳の2点のみ
評判・口コミ詳細を確認する

QuQuMo(ククモ)は手数料が脅威の1%からと低い手数料が特徴の大手ファクタリグ会社です。

また、見積もり時の必要書類は

  1. 請求書
  2. 通帳

の2点のみ。

無駄な手間を省きながら、即時資金調達をしたいと考えている方にオススメなファクタリング会社です。

少しでも安く資金調達をしたい方は一度お見積もり依頼をしてみましょう。

QuQuMoに相談してみる

OLTA(オルタ)

画像引用元:OLTA
会社名(HP)OLTA株式会社(https://www.olta.co.jp/
所在地東京都港区赤坂1-12−32アーク森ビル 4F
設立年月日2017年4月14日
特徴(強み)大手銀行・地方銀行と多数提携がある諸経費こみのリーズナブルな手数料フィンテックを活用している
評判・口コミ詳細を確認する

OLTA(オルタ)はファクタリング業界の中でもトップクラスに銀行との提携数が多い大手ファクタリング会社です。

また、メディア掲載では日本経済新聞をはじめ、多数のメディアにも取り上げられており、社会生や信頼性のあるおすすめのファクタリング会社となっております。

大口のファクタリングを希望される場合、信頼や実績を大事にしたい方はぜひ一度、OLTA(オルタ)への見積もり依頼をしてみてください。

OLTA(オルタ)に相談してみる

ベストファクター

画像引用元:ベストファクター
会社名(HP)株式会社アレシア(https://bestfactor.jp/
所在地東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー24階
設立年月日2017年1月
特徴(強み)手数料が業界最安水準の2%〜平均買取率92.2%注文書ファクタリングを利用できる
評判・口コミ詳細を確認する

ベストファクターは仕事開始前でも即現金化ができる大手ファクタリング会社です。

ベストファクターの強みは、なんといってもファクタリングを利用した方限定で、財務コンサルティングサービスを無料で受けられる点です。

現在、キャッシュフローが悪化している企業、現状、資金に行き詰まっている企業様に特にオススメです。

キャッシュフローを改善したい方はぜひ一度活用してみてください。

ベストファクターに相談してみる

PayToday

画像引用元:PAYTODAY
会社名(HP)Dual Life Partners株式会社(https://paytoday.jp/
所在地東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
設立年月日2016年4月
特徴(強み)即日AIファクタリング動画解説があるため初めてでも使いやすい手数料が1%〜
評判・口コミ詳細を確認する

PayTodayはAIを活用したファクタリング会社です。

ファクタリングに馴染みのない方でも、動画でやり方を説明してくれているため、安心して、活用することができます。

また、中小企業やベンチャー企業、個人事業主に注力しており、創業初期にも対応が可能。

事業拡大のための資金調達にファクタリングを活用したい方はぜひ一度PayTodayに相談してみましょう。

PAYTODAYに相談してみる

1000万円のファクタリングにオススメな会社5選

1000万円前後の売掛債権をファクタリングサービスを利用して、現金化するなら中規模のファクタリング会社を利用することがオススメです。

得意としている領域の金額を申し込むことで、手数料が低く抑えられる可能性が高まります。

1,000万円以上のファクタリングにオススメな会社5選

それぞれの強みと合わせて紹介していきます。

えんナビ

画像引用元:えんナビ
会社名(HP)株式会社インターテック(https://ennavi.tokyo/
所在地京都台東区東上野3丁目5-9 本池田第二ビル4階
設立年月日2017年4月
特徴(強み)24時間365日対応業界最安水準の手数料5,000万円まで対応可能
評判・口コミ詳細を確認する

えんナビは24時間365日対応が可能なファクタリング会社です。

買取金額は5,000万円までと制限がありますが、いつでもどこでも対応してもらえるのは事業者にとってとてもありがたいことです。

特に、土日祝日の営業をしているファクタリング会社は少ないため、休日に急遽資金が必要になった場合に、オススメです。

えんナビに相談してみる

フリーナンス

画像引用元:フリーナンス

会社名(HP)GMOクリエイターズネットワーク株式会社(https://freenance.net/
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
設立年月日2002年4月
特徴(強み)専用の講座を開設フリーナンス口座を使うほど信用度がアップ3つのプランから選べる(無料あり)
評判・口コミ詳細を確認する

フリーナンスは会社独自で専用の口座を開設することで使えるようになるファクタリングサービスです。

特徴として、講座を使えば使うほど、信用度が高くなります。

信用度が上がるということは手数料も安くなる可能性が高いため、プロジェクト的にファクタリングを活用したい事業者にオススメなファクタリング会社です。

今後の事業展開を加速させるためにファクタリングの活用を考えている事業者は一度相談してみるのがオススメです。

フリーナンスに相談してみる

アクセルファクター

画像引用元:アクセルファクター

会社名(HP)株式会社アクセルファクター(https://accelfacter.co.jp/
所在地東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル5階
設立年月日2018年10月
特徴(強み)審査通過率93%HPにて自動診断が可能早期申込割引がある
評判・口コミ詳細を確認する

アクセルファクターは審査通過率が脅威の93を誇るファクタリング会社です。

審査にあたり、早期にファクタリングの申し込みを行うことで、早期申込割引を受けることもできます。

建設業界で、新規プロジェクトのための資金調達を考えている事業者などには特にオススメなファクタリング会社となっています。

前もって資金調達が必要なことがわかっている事業者はアクセルファクターに早期相談してみましょう。

アクセルファクターに相談してみる

No.1ファクタリング

画像引用元:NO.1ファクタリング
会社名(HP)株式会社 No.1(https://no1service.co.jp/
所在地東京都豊島区池袋4丁目2−11 CTビル3F
設立年月日2016年1月7日
特徴(強み)他社からの乗り換えに実績が多い「DX認定事業者」の認定を取得リピート率NO.1
評判・口コミ詳細を確認する

NO.1ファクタリングは乗り換えに強みを持ったファクタリング会社です。

現在、ファクタリングを活用しているが、手数料や対応にあまり満足できていない事業者の方にオススメです。

乗り換えをしたお客様のリピート率はNO.1。

乗り換えをするメリットは手数料を安く抑えることができる可能性が高いこと。

少しでも手数料を安く抑えたい、もう少し条件をよくして活用したいという事業者は一度相談してみることをオススメします。

NO.1ファクタリングに相談してみる

GMO BtoB早払い

画像引用元:GMO BtoB早払い
会社名(HP)GMOペイメントゲートウェイ株式会社(https://www.gmo-pg.com/lpc/hayabarai/
所在地東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(総合受付15階)
設立年月日1995年3月
特徴(強み)B to Bのみ対応上場企業によるサービスの提供注文書買取にも対応
評判・口コミ詳細を確認する

GMO BtoB早払いは東証プライム上場企業が運営するBtoB専門のファクタリング会社です。

HPには買取額シミュレーションが用意されているため、申し込む前に確認することが可能。

入力項目は以下の4つです。

  1. 売掛債権額
  2. 支払サイト
  3. 取引先(請求先)
  4. 買取のタイミング

申し込む前に買い取ってもらえるのかどうかを知りたい方は一度無料のシミュレーションを試してみるのがオススメです。

GMO BtoB早払いに相談してみる

500万円以下の小口ファクタリングにオススメな会社3選

大手では買い取ってもらえない小口の売掛債権の買取は小規模事業者へ対応をお願いするのがオススメです。

小規模事業者だからこそ、小規模の事業者様にも寄り添える企業が多く存在します。

結果として、手数料が大手に比べやすく済んだり、初めてのファクタリングの利用者にも丁寧な対応をしてくれることが見込めます。

500万円以下のファクタリングにオススメな会社3選

それぞれの強みと合わせて紹介していきます。

GoodPlus(グッドプラス)

画像引用元:GoodPlus
会社名(HP)GoodPlus株式会社(https://goodplus-service.co.jp/
所在地東京都渋谷区東三丁目25番3-1107号
設立年月日2021年12月3日
特徴(強み)・小口専門のファクタリング乗り換え利用で手数料最大5%割引
・LINEの見積もり依頼にも対応クラウドサインでの契約で取引先にもバレない
評判・口コミ詳細を確認する

GoodPlusは小規模事業者に特化した、小口専門のファクタリング会社です。

売掛金額が理由で大手のファクタリング会社に断られた事業者には特にオススメです。

小規模事業者であるからこそ、小規模事業者に寄り添った丁寧な対応をしていただけます。

また、別会社にてファクタリングを利用している事業者はGoodPlusに乗り換えることで最大5%もの手数料を削減することができるため、出費を抑えて資金調達することが可能です。

クラウドサインで契約が完結するため、現在利用中のファクタリング会社へバレる心配はありません。

500万円以下の売掛金買取を希望の小規模事業者は一度相談してみることがオススメです。

GoodPlusに相談してみる

ウィット

画像引用元:ウィット
会社名(HP)株式会社ウィット(https://witservice.co.jp/
所在地東京都品川区東五反田1-6-3いちご東五反田ビル3F
設立年月日2016年11月4日
特徴(強み)建設業界特化の「けんせつくん」運営運送業界特化の「うんそうくん」運営信用情報なしでの審査
評判・口コミ詳細を確認する

株式会社ウィットは「けんせつくん」や「うんそうくん」を運営しているファクタリング会社です。

業界に特化したファクタリングサービスに強みを持っており、建設業界、運送業会から絶大な支持を得ております。

建設業界での急な追加工事や納期遅れなどにも柔軟に対応してもらえるため、一度相談してみるのがオススメです。

ウィットに相談してみる

ペイトナー

画像引用元:ペイトナー
会社名(HP)ペイトナー株式会社(https://paytner.co.jp/
所在地東京都港区虎ノ門五丁目9番1号麻布台ヒルズ ガーデンプラザB 5F
設立年月日2019年2月4日
特徴(強み)個人事業主に特化手数料が一律10万円アカウント内で完結
評判・口コミ詳細を確認する

ペイトナーは個人事業主に特化したファクタリング会社です。

2019年創業と若い会社ではありますが、2023年8月には上場の準備を始めるなど、勢いのある会社です。

手数料が一律10%と事業者にわかりやすく、資金繰りの計画も立てやすいことから多くの個人事業主に活用されております。

個人事業主でファクタリングの活用を希望されている場合は、一度相談してみるのがオススメです。

ペイトナーに相談してみる

ファクタリングのサービスの利用手順

ファクタリング会社の選定

ファクタリング会社を選びます。その際に、信頼性や手数料、提供するサービスなどを比較検討の上、適切なファクタリング会社を選ぶことが大切です。

※相見積を行いましょう。

ファクタリング会社へ見積依頼

選定したファクタリング会社へ自社の売掛債権や必要書類を合わせて見積もり依頼をします。

ファクタリング契約の締ぶ

ファクタリング会社と契約を締結します。契約には売掛金の売却に関する条件や手数料、期間などが含まれていますので、しっかりと確認の上締結しましょう。

※対面の場合と、電子契約の場合があります。

売掛金の受け取り

ファクタリング会社は買い取った債権額(一部もしくは全額)を契約者に支払います。

買取金額をファクタリング会社へ入金

売掛金が入金されたら、すぐにファクタリング会社へ契約金を入金します。

再契約または解約

ファクタリングの契約期間が終了後は、契約者とファクタリング会社は再契約を検討する、もしくは他の取引手段に切り替えることが可能です。

※ファクタリング会社の乗り換えは通帳でわかってしまうため、何度も乗り換えをすることはあまりオススメできません。

ファクタリング会社の選び方ポイント5選

ファクタリング会社選びで失敗したくない人も多いのではないでしょうか?

会社を選定する際に大事なポイントを5つ紹介させていただきます。

確認不足で損してしまう企業や事業者も多くいるため、しっかりと確認してから契約を締結することが大切です。

体験談について確認したい人は、こちらのサイトでも紹介されておりましたので、ぜひ参考にしてみてください。

(参考:ファクタリングおすすめ人気ランキング8選【体験談・感想あり】|サクフリブログ

ファクタリング会社の選び方ポイント5選

  • 手数料の安さで比較する
  • 買取債権額で比較する
  • 信頼性で比較する
  • 評判を調べる
  • 取引形態で選ぶ

手数料の安さで比較する

ファクタリング会社の選定の際に一番重要視するのは手数料の部分ではないでしょうか?

ファクタリング会社によって手数料も違うため、相見積もりをとって比較してみることがオススメです。

また、当記事でも最初に手数料比較をさせていただいておりますが、手数料の最低水準はあくまで最低水準であることは覚えておきましょう。

手数料を図にすると、以下の図のようなイメージを持っておくと良いです。

手数料だけで選んでしまうと、希望の資金を調達できない場合もあるため、残り4つも一緒に確認しましょう。

買取債権額で比較する

手数料でファクタリング会社を選定する方が多いですが、買取債権額も重要な要素の一つです。

例えば、

ファクタリングA社

希望の資金調達額:500万円

売掛債権:1,000万円

買取金額:580万円

手数料:15%

580万円(買取金額) × 0.85(手数料を引いた割合) = 493万円(調達額)

ファクタリングB社

希望の資金調達額:500万円

売掛債権:1,000万円

買取金額:600万円

手数料:16%

600万円(買取金額) × 0.84(手数料を引いた割合) = 504万円(調達額)

上記例で見ると、一見A社の方が手数料が安く済む分、いいと思いがちですが、目的である500万円の資金調達ができていません。

・目的(希望の資金調達額)に合わせてファクタリング会社を選定することが大事です。

信頼性で比較する

信用できるファクタリング会社は、市場での実績があるはずです。

しかし、ファクタリングサービスは歴史が浅く、まだまだ信頼性に関しては似たり寄ったりになってしまいます。

そのため、会社の株主背景や、上場会社か非上場会社なのか等、何を一番に考えたいのかをしっかりと考えた上で、ファクタリング会社を選定することがオススメです。

口コミ・評判を調べる

信頼や実績を重視する方は、必ず口コミや評判を調べるようにしましょう。

口コミや評判は以下の媒体などで確認することが可能です。

口コミや評判を調べる方法3つ

  • Yahoo知恵袋で「会社名」で検索する
  • X(旧Twitter)で「会社名」で検索する
  • Google検索で「会社名 口コミ」で検索すると一般の消費者が投稿した生の声が見れます。

このように、口コミや評判を調べる方法も様々ですので、各種サービスで検索してみるのもオススメです。

時間がないという方は、Google検索で「ファクタリング会社名 評判」のように検索すると、各種「〇〇会社の評判・口コミ」というような記事が出てくると思いますので、そちらを参考にしていただくのも良いでしょう。

※当記事もそのうちの1つです。

取引形態で選ぶ

ファクタリングは大きく分けて、2社間取引と3社間取引があります。

取引先にバレるか?手数料
2社間取引バレない高く傾向
3社間取引バレる低い傾向

ファクタリングを利用する際に、ファクタリングを活用していることが取引先にばれてしまわないかどうか、心配になる事業者も多いです。

ファクタリングを利用していることを取引先にばれたくない場合、2社間取引を行うことが大切です。

一方で、グループ会社への売掛金や新規事業、新規プロジェクトのためにファクタリングを活用する場合は、3社間がいい場合もございますので、目的にあった取引形態を選ぶことが大切です。

ファクタリングの審査基準

ファクタリングには、会社ごとにそれぞれの基準を設けています。

そのため、A社がダメだったから全ての会社がダメというわけではありません。

資金調達のためにファクタリングを活用したい場合は、何社かにしっかりと問い合わせの上、活用できるかどうかを確認しましょう。

ここでは、ファクタリング会社が買取をする際に基準としている項目を1つずつ説明していきますので、一緒に確認していきましょう。

売掛債権の金額

ファクタリング会社が売掛債権の金額を決定している要素の1つとして、売掛債権の金額があります。

ファクタリングでは、売掛債権の満額を買い取っていただくケースよりも、売掛債権の90%のように、調達したい金額を買い取ってもらうケースが多くなっております。

あなたが調達したい金額をしっかりと考えた上で、ファクタリング会社に売掛金の○%買い取って欲しいというようなアプローチをするようにしましょう。

売掛債権の支払い期日

ファクタリング会社は売掛債権の支払い期日もしっかりとチェックします。

1ヶ月後に入金予定なのか?

それとも4ヶ月先なのか?

支払い期日までの期間によっても利用時の手数料や買い取ってもらえるかどうかの判断が変わります。

売掛債権の支払い期日が短ければ短いほど、手数料は優遇される傾向にありますので、ご自身がもっている売掛債権の期日がいつなのかをしっかり確認の上、申し込みを行うようにしましょう。

売掛先企業の信用度

売掛先企業の信用度もまた一つ重要な要素の一つです。

ファクタリングではノンリコース取引が採用されるケースが多いです。

ノンリコース取引とは、売掛先企業が倒産しても、ファクタリング会社はファクタリング利用者に請求等ができない契約であるため、売掛先の与信もしっかりとチェックするのです。

そのため、売掛先が個人事業主なのか、法人なのか、はたまた上場起業なのかによって、手数料や買取金額等も変わってきますので、注意が必要です。

売掛先企業との取引期間

ファクタリングでは、売掛先との取引期間も重要な要素の1つとなります。

売掛先企業との取引が長ければ長いほど、通帳の入金履歴も多くなるため、ファクタリング会社からの信用につながります。

そのため、売掛先が個人事業主の場合、買い取ってもらえる可能性も低くなりますので、他の資金調達の手段も考えておくことが大切です。

申込者の信用度

売掛先企業の情報も重視しますが、同様に申込者の信用度も大切になります。

事業を始めてからどれくらい経つのか、個人事業主で活動しているのか、法人を設立しているのかによっても信用度は変わります。

また、売掛債権を偽ってファクタリングを申し込む悪徳な業者もいるため、申込者の信用度も重視される傾向にあります。

ファクタリングを活用するデメリット2選

ここまで、ファクタリングを活用する際の会社の選び方やオススメなファクタリング会社を紹介してきましたが、ここではファクタリングを活用するデメリットを紹介していきます。

ファクタリングを活用する際は、必ずデメリットも踏まえた上で活用するようにしましょう。

ファクタリングのデメリット2選

①悪徳業者も存在する

②他の資金調達手段と比べ手数料が高い

デメリット①悪徳業者も存在する

ファクタリングの歴史は浅く、まだまだ法整備が整っていないことが特徴の業界でもあります。

そのため、法律の穴をついた利用者にとって不利になるような契約書を結んだり、手数料以外に費用を請求されたりするケースもございます。

ファクタリング会社の中には悪徳業者も含まれているということをしっかりと頭の片隅に入れておくことが重要です。

トラブルに巻き込まれないようにしっかりと会社情報を確認した上で、申し込むことが大切です。

デメリット②他の資金調達手段と比べ手数料が高い

ファクタリングは銀行や補助金・給付金等と違い、売掛債券の有無によって利用可否が判断されます。

ファクタリング会社はその分、リスクを背負って、売掛金を買い取るため、手数料が必然的に他の資金調達の手段に比べ、高くなる傾向があります。

手数料だけに焦点を当てると、あまりよく見えませんが、ファクタリングを活用するメリットもしっかりと存在しますので、確認していきましょう。

ファクタリングを活用するメリット3選

ここでは、ファクタリングを活用するメリットについて紹介していきます。

ファクタリングを活用するメリット3選

売掛金を即時現金化できる

売掛金の有無で活用できる

銀行融資などに比べ利用のハードルが低い

メリット①売掛金を即時現金化できる

ファクタリングを活用するメリット1つ目は「売掛金を即時現金化」できる点です。

ファクタリングでは契約時に「債権譲渡契約」を結びます。

結ぶことにより、将来入金予定である売掛金の一部をファクタリング会社が支払うというスキームとなっており、契約後、すぐに資金調達をすることが可能です。

また、審査のスピードも1日以内ですむ会社がほとんどであるため、入金までは3日あれば入金されるケースも少なくありません。

そのため、ファクタリングは急な出費や、支払いがある企業や事業者にオススメなサービスとなっております。

メリット②売掛金の有無で活用できる

ファクタリングを活用するメリットの2つ目は「売掛金の有無で活用できる」点です。

ファクタリングの審査は

  1. 売掛金の有無
  2. 売掛先の企業情報
  3. 申込者様

サービスの提供ができるかどうかは上記の3点で基本的には、審査をしています。

売掛金があるということは、売掛先企業が存在し、申込者も存在するため、根本的に必要なのは売掛金ということになります。

過去の入金履歴や契約書等で、売掛金の存在が確認できれば、利用できる可能性も高いため、企業の与信情報等に自信がなかったとしても、活用する企業や事業主が多いのです。

そのため、売掛金の有無で活用できるファクタリングはメリットの1つと言えます。

会社の与信情報に自信がないけど、売掛金がある企業や事業主にオススメです。

メリット③銀行融資などに比べ利用のハードルが低い

ファクタリングを活用するメリットの3つ目は「銀行融資などに比べ利用のハードルが低い」点です。

銀行融資では、事業計画書の作成、どこにどのように資金を使うのかなど、詳細な情報や資料が必要となりますが、ファクタリングでは不要です。

また、銀行融資では融資までに時間を要しますが、ファクタリングでは即時入金が可能です。

個人事業主や銀行融資が受けられない企業にとってファクタリングは大変便利なサービスとなっているため、多くの方に利用されています。

オススメなファクタリング会社各社紹介

上記会社はすでにご紹介しておりますので、クリックすると各会社の説明ページまで戻ります

事業資金エージェント

画像引用元:事業資金エージェント
会社名(HP)ANNEX株式会社(https://js-agent.com/
所在地東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
設立年月日2020年5月12日
特徴(強み)年間取扱件数3,000件以上審査通過率90%以上手数料は1.5%〜
評判・口コミ詳細を確認する

事業資金エージェントは2020年に設立された会社ではありますが、すでに年間の取扱件数は3,000件を超え、多くの実績を積んでいる会社です。

また、審査の通過率は90%以上と、初めてファクタリングを活用する方や他のファクタリング会社に断られてしまった方でも通る可能性があります。

手数料は1.5%からとなっており、業界最安水準を確保しており、ファクタリングの申し込みであれば、必ず申し込みをしたい会社です。

問い合わせは無料ですので、ぜひ初めてファクタリングを活用される方、他のファクタリング会社に断られてしまった方はお問い合わせしてみてください。

事業資金エージェントに相談してみる

トップ・マネジメント

画像引用元:トップ・マネジメント
会社名(HP)株式会社トップ・マネジメント(https://top-management.co.jp/
所在地東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
設立年月日2009年4月21日
特徴(強み)創業13年の実績専用のバーチャル講座がある広告・IT企業専門の資金調達サービス
評判・口コミ詳細を確認する

トップ・マネジメントはファクタリング業界では比較的長い13年の歴史のある会社です。

ファクタリング専用のバーチャル講座を用意できたり、広告・IT企業専門の資金調達サービス(ペイブリッジ)も運営しております。

また、顔の見えるファクタリング会社として運営されており、取引をする際にはHP上の担当者の顔を確認してから進めることができます。

誰が担当しているかわかることは安心にも繋がりますよね。

信頼と実績を大切にファクタリング会社を選びたいという方に大変オススメな会社となっております。

トップ・マネジメントに相談してみる

ベストペイ

画像引用元:ベストペイ
会社名(HP)株式会社アレシア(https://best-pay.jp/
所在地東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー24階
設立年月日2017年1月
特徴(強み)簡単シミュレーションを完備オンライン受付24時間対応注文書買取が可能
評判・口コミ詳細を確認する

ベストペイはオンライン受付が24時間可能なファクタリング会社です。

30秒ほどで買取手数料の診断ができるため、手数料が気になる方は是非一度試してみることがオススメです。

また、注文書でのファクタリングも実施しており、注文書ファクタリングに対応できないと断られてしまった方は、一度相談してみるのがオススメです。

ベストペイに相談してみる

イージーファクター

画像引用元:イージーファクター
会社名(HP)株式会社 No.1(https://no1service.co.jp/easyfactor/
所在地東京都豊島区池袋4丁目2−11 CTビル3F
設立年月日2016年1月7日
特徴(強み)株式会社NO.1が運営するサービスフィンテックを活用したサービス最短60分で現金化
評判・口コミ詳細を確認する

イージーファクターは株式会社NO.1が提供するファクタリングサービスです。

株式会社NO.1の中でもフィンテックに力を入れたサービスとなっており、ネットや非対面で完結させたいという事業者にオススメなファクタリング会社です。

また、最短60分で現金化も可能なため、急ぎで現金を用意しないといけない方は是非活用してみてください。

イージーファクターに相談してみる

まとめ

ファクタリングで気にすべき内容

  • 手数料
  • 買取限度額
  • 土日営業
  • 支払い期日
  • 個人事業主対応

ファクタリングは規模の資金調達額から逆算してお申し込みをすべき

今回はファクタリングを活用する際のオススメ会社17選を紹介させていただきました。

最近、知名度が上がってきたファクタリングですが、まだまだ成長市場にある業界です。

ファクタリングを活用することで、新規の案件を獲得できたり、急な出費に対応したりできるようになります。

しかし、悪質なファクタリング会社も中には存在しますので、注意が必要です。

しっかりと、確認した上で、お申し込みをされることをオススメします。

ファクタリングについてよくある質問

ファクタリングとは何ですか?
ファクタリングとは、企業または個人事業主が売掛金や未収入金などの債権を、割引率を適用してファクタリング会社に買い取ってもらうことです。これにより、企業は即座に資金を得ることができます。資金調達の1つとして数多くの企業から活用されております。
Q. ファクタリングの仕組みはどのようになっていますか?
企業はファクタリング業者に債権を売却し、業者はその債権を手数料を割り引いて即座に現金を支払います。その後、ファクタリング業者が債権の回収を担当し、回収額から手数料や割引率を差し引いて企業に残りの金額を支払います。
ファクタリングを利用するメリットは何ですか?
ファクタリングを利用することで、企業は資金調達を迅速に行うことができ、キャッシュフローを改善することができます。また、債権の回収リスクを業者に転嫁できるため、経営リスクも軽減できます。未払いや支払いが遅い建設業や運送業に特に効果的です。
どのような企業がファクタリングを利用することが一般的ですか?
小規模な企業や新興企業、取引先が信用力に不安がある企業が、ファクタリングを利用することが多くなっております。しかし、大手企業でも活用するケースもあります。
ファクタリングと似た金融商品には何がありますか?
ファクタリングと似た金融商品には、リースや貸付け、銀行融資などがあります。これらも企業の資金調達や資産の活用に関連しています。また、補助金・助成金の活用も資金調達の1つとして活用されています。
ファクタリングのデメリットは何ですか?
ファクタリングは手数料や割引率がかかるため、手数料が他の資金調達手段よりも高くなることが一般的です。また、3社間取引の場合、企業イメージに影響を与える可能性もあります。
ファクタリングとリバース・ファクタリングの違いは何ですか?
ファクタリングは企業が債権を売却するのに対し、リバース・ファクタリングは企業が未収入金や買掛金を担保に融資を受ける形式です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA