NO.1ファクタリングの評価・口コミの真相!7つの脱審査落ちコツを紹介!

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

この記事はこんな方にオススメです。

オススメな人
  • NO.1ファクタリングの口コミが良くないってウソ?ホント?
  • ファクタリングの審査に通るコツを知りたい
  • 融資を断られピンチ…明日にも資金が欲しい

この記事の結論をお伝えします。

3行でわかるまとめ
  • NO.1ファクタリングは手数料1%〜、審査通過率90%以上で利用しやすい
  • 赤字でも借入が多くても利用できる
  • 7つのコツを理解すれば、誰でも審査通過率UP

資金が足りなくて従業員に給料すら払えない事態は避けたいですよね。

この記事ではNO.1ファクタリングが業績が悪い会社でも利用できるのかを解説し、リスクゼロで審査落ちしない方法もお伝えしています。

ファクタリングはすぐに資金が手に入るので、経営難の特効薬になります。
ぜひこの記事を最後まで読んで、NO.1ファクタリングを使いこなしてください。

相談無料

NO.1ファクタリングに相談してみる

ファクタリングおすすめ17社!手数料や買取可能金額ごとに比較!

NO.1ファクタリングの良い口コミ5選

ここではNO.1ファクタリングに寄せられた良い口コミを5つ紹介します。

今まで利用したファクタリング会社の中で担当者の対応はずば抜けてよかったです。現状を改善するためにどうするべきなのか的確なアドバイスをしてもらえました。他社ではその場限りの対応が多かったので感謝しています。”

引用:FACTORING会社の口コミ

クリニックの設備更新のため、ファクタリングを利用しました。多数の方面にサービスを提供しているためか、担当者の方もテキパキしていて、好感を持てました。銀行融資では時間がかかりすぎてしまいますが、No.1では手頃な手数料でスピーディな資金調達ができたので満足しています。

引用:FACTORING会社の口コミ

独立して日も浅く、資金がショートしそうになったのでビジネスリンクスのファクタリングサービスを利用しました。独立から間もないため、売掛先との取引実績も少なく、売掛金の額も小さかったのですが、無事に売掛金を買い取ってもらうことができ助かりました。

引用:FACTORING会社の口コミ

売掛金が少額のため、他社で断られてしまったんですが、No.1では快く対応してもらえ、大変助かりました。銀行融資等も断られた後だったので、まさしく最後の砦として利用しました。手数料も思ったより安くすみ、何より迅速に現金化してもらえ、急場をしのぐことができました。

引用:FACTORING会社の口コミ

数社に問い合わせたのですが、どこも対応がマニュアル的で、開口一番に「いつから始めましょうか?」と言われるなど、まるで契約が前提のような対応に違和感を覚えていました。疑問点や不安点を相談しつつ、ファクタリングを行うという雰囲気ではなかったです。その点こちらはおそらくコンサルも手掛けているからなのか、担当者に長時間相談することができ、他社よりもサポートが整っている印象を受けました。サービス内容(主に手数料)も良心的でしたし、資金繰りに余裕を持って対処できました。

引用:FACTORING会社の口コミ

NO.1ファクタリングの悪い口コミ2選

NO.1ファクタリングの悪い口コミを2つ紹介します。

「建設業特化のファクタリング」とアピールしている割には、そうした点は感じませんでした。 資金繰りの専門家による助言は貴重だと期待していたのですが、積極的な提案はなく、こちらから助言を求めても具体性のある回答はして頂けませんでした。 売掛債権の買取はともかく、資金繰りのフォローアップは期待できません。

引用:FACTORING会社の口コミ

主にアプリやシステム開発を受注しています。大手企業からも仕事を請け負っており、そうした仕事の入金は数ヶ月も掛かることは珍しくありません。今回買取を依頼したのは、大手から受注した業務システムの案件で発生した売掛金です。大手だから問題ないだろうと思っていたのですが、手数料が仮査定の段階よりも高くなったのは残念でした。先方さんが仰るには、支払いサイトがネックだったとのこと。大手企業なら高く買い取ってくれる、という訳ではないようです。それでも他社の見積もりよりも条件は良かったので、こちらにお願いしました。

引用:FACTORING会社の口コミ

相談無料

NO.1ファクタリングに相談してみる

NO.1ファクタリングの口コミからわかる5つのメリット

NO.1ファクタリングのメリットは以下の5つです。

メリットを理解しておけば、NO.1ファクタリングを圧倒的に有効活用できます。

最後まで読み進めてくださいね。

1.3つのNo. 1で安心して利用できる

NO.1ファクタリングは以下の3つで業界No. 1を獲得しています。

  • 即日対応実績
  • 他社からの乗り換え実績
  • リピート率

圧倒的な実績の裏側には、お客さま目線に立ったサポートと最短即日で資金調達できるスピード対応が理由としてあります。

資金難に苦しむ方は複雑な問題を抱えていることが多いです。
実績豊富なNO.1ファクタリングにまずは相談してみましょう。

土日の急な資金調達が必要な方は、「土日対応のファクタリング」も参考にしてみてください。

2.手数料は1%〜で業界最安水準!

NO.1ファクタリングの手数料は、最低1%と業界内でも最安水準です。

手数料以外の諸費用も一切かかりません。

参考までにファクタリング会社の手数料を以下の表で比較しました。

3社間ファクタリングを取り扱っている会社で比較

ファクタリングは銀行より手数料が高いと言われますが、場合によっては安くなることも。

ファクタリングの手数料は主に以下の5つの基準によって決まります。

  1. 売掛先の信用力
  2. 2社間・3社間どちらにするか
  3. 売掛金額
  4. 売掛金が入金されるまでの日数
  5. 利用者の信用度や人柄

少しでも手数料を安くするためにも、参考にしてください!

3.赤字でも借入が多くても利用できる

NO.1ファクタリングは赤字でも借入が多くても利用できます。

審査では「売掛先の信用力」を最も重要視するからです。

売掛先の信用力が高ければ、利用者の業績が悪くても利用できます。

売掛先の信用力を判断する要素は以下の3つ。

  1. 業績・財務内容
  2. 今までの支払い状況
  3. その他、信用を悪くする問題

ご自身の会社の業績に不安があっても、信用力が高い売掛債権があればファクタリングを利用できます。

4.利用者の状況に特化したファクタリングを用意

NO.1ファクタリングでは利用者の状況に特化したファクタリングサービスが用意されています。

NO.1ファクタリングの特化サービス

NO.1ファクタリングでは特化型の専門的なファクタリングサービスを受けられます。

5.4つのポイントを押さえた経営支援を受けられる

NO.1ファクタリングでは、経営支援コンサルティングも受けられます。

実際、資金調達しただけでは経営の根本的な解決になりませんよね。

NO.1ファクタリングは以下の4つのポイントで事業再生ができます。

  1. キャッシュフローの正常化
  2. 融資の正常化
  3. 借入過多の解消
  4. 3期連続黒字化

NO.1ファクタリングの経営支援のメリットは、リスクを共に背負って経営改善をしてくれるところです。

ご要望によってNO.1ファクタリングが株式の一部を取得し、自らリスクを取って経営再建のサポートをします。

事業が立ち直ったら、改めて株式を買い戻すことが基本です。

NO.1ファクタリングなら、共にリスクを取った究極の経営支援を受けられますよ。

相談無料

NO.1ファクタリングに相談してみる

NO.1ファクタリングの口コミからわかる2つのデメリット

NO.1ファクタリングのデメリットは以下の2つです。

NO.1ファクタリングの2つのデメリット

事前にデメリットを理解して、利用した時に困らないようにしましょう。

次で詳しく解説します。

1.買取金額が20〜5,000万円まで

NO.1ファクタリングの買取金額は20〜5,000万円までなので、ロットが大きい売掛債権の買い取りは難しいです。

しかし、5,000万円以上の債権が絶対ダメということではありません。

相談すれば利用できることもあります。

売掛先の信用が良ければ審査に通るかもしれません。

5,000万円以上の高額債権でも諦めず、1度は相談することをお勧めします。

2.土日祝日は営業していない

NO.1ファクタリングは土日祝日に営業していないので、資金調達は計画的に行いましょう。

即日で資金調達ができると言っても、金曜日の夕方に申し込んだら厳しいでしょう。

良くても資金が振り込まれるのは週明けです。

とは言っても急に資金が必要になるかもしれませんよね。

急ぎの時のために以下の5つの対策をしておきましょう。

  1. 朝早くに申し込む
  2. NO.1ファクタリングの利用実績を作っておく
  3. 少額の売掛債権にする
  4. 定期的に事前審査をする
  5. 2社間ファクタリングにする

土日祝日は営業していないことをしっかり覚えて利用しましょう!

土日祝日のファクタリングの場合はこちらを確認してみてください。

NO.1ファクタリングってどんな会社?特徴を解説

NO.1ファクタリングの運営会社は株式会社No. 1で、2016年に設立されました。

設立以来、事業をどんどん伸ばし、2023年12月に資本金を1,000万円から8,000万円に増やしました。

以下は株式会社No. 1の会社概要一覧です。

会社名株式会社No.1
代表者代表取締役 浜野 邦彦
事業所東京本社東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル3F
名古屋支社愛知県名古屋市中村区則武2-3-2 サン・オフィス名古屋3F
福岡支社福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル2F
設立年月2016年1月
事業内容・ファクタリング業務
・経営に関する各種コンサルティング業務
・企業経営上の各種リスクの調査・分析の委託
ならびに、リスクの評価及びリスク回避の相談の受託業務
上記に附帯する一切の業務
公式サイト詳細を見る

今さら聞けないファクタリングの基礎知識

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社が買い取ることで、利用者が資金を得られるサービスです。

主な特徴は以下の3つ

  • 審査スピードが早い
  • 借入ではなく、「売掛債権の買い取り」
  • 返済資金は売掛先からの入金

また、ファクタリングには以下の3者が登場します。

  1. ファクタリング利用者(あなた)
  2. 売掛先(取引先)
  3. ファクタリング会社(NO.1ファクタリング)

登場人物が何人登場するかによって「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」に分かれます。

次で詳しく解説しますね。

2社間ファクタリング

利用者(あなた)とファクタリング会社だけが登場するのが2社間ファクタリングです。

特徴は主に以下の3つ

  1. 売掛先に知らせないので、ファクタリングがバレない
  2. 審査が3社間より早い
  3. 手数料は3社間より高い

売掛先にバレずに即日で資金が欲しいなら2社間一択です。

審査は3社間ファクタリングに比べ、厳しくなるため、「審査が緩いファクタリング会社」を参考に申し込みを入れるようにしましょう。

3社間ファクタリング

利用者とファクタリング会社の他に、売掛先も契約に加わるのが3社間ファクタリングです。

特徴は主に以下の3つ

  • 審査に通る確率が高い
  • 審査スピードは2社間より遅め
  • 手数料は2社間より安い

時間に余裕があり、売掛先がファクタリングを容認しているなら3社間ファクタリングがオススメです。

NO.1ファクタリングと他社の違いを徹底比較!

NO.1ファクタリングと他社の特徴を一覧にしたので、ファクタリング会社選びの参考にしてください。

サービス名株式会社No. 1日本中小企業金融サポート機構ビートレーディングアクセルファクター
手数料1%〜1.5%〜2%〜2%〜
ファクタリング形式2社間3社間2社間3社間2社間3社間2社間3社間
申込〜入金までの時間最短即日最短3時間最短2時間最短2時間
利用対象者法人個人事業主法人個人事業主法人個人事業主法人個人事業主
申込金額の制限20万〜5,000万円無制限3万円〜30万円〜1億円
特色・他社からの乗換実績No. 1・財務局及び経済産業局の認定を受けた機関・審査通過率98%・専任担当制

相談無料

NO.1ファクタリングに相談してみる

NO.1ファクタリングの審査通過率は90%以上!審査落ちしない7つのコツとは

NO.1ファクタリングで審査落ちしないコツは以下の7つ

1つずつ解説します。

1.信用力が高い売掛債権にする

ファクタリングの審査に提出する売掛債権は信用力が高いところを選びましょう。

売掛先の信用力は、審査で最も重要視するからです。

ファクタリング会社にとって売掛先が倒産することは、資金が回収できないことを意味します。

そのため売掛先の信用力は審査で最も重要な項目なのです。

調査は帝国データバンクなどの調査会社を用いて行い、売掛先の信用が低ければ審査落ちする可能性は高くなります。

審査に出す売掛債権は信用力の高い先にしましょう。

2.売掛債権は法人のものにする

売掛債権は個人のものだと、審査に通ることはまずありません。

個人は法人に比べ信用力が圧倒的に低いからです。

業績がどんなに良くても個人の売掛先は買い取りが難しいでしょう。

法人は登記簿謄本や国税庁のサイトなどで実態の確認ができますが、個人の場合、謄本がないので、実態の把握が困難です。

架空の事業をねつ造して、資金を騙し取ることも考えられます。

審査に出す売掛債権は法人先がマストです。

注文書ファクタリングは実施しておりませんので、注意してください。

3.期日まで日数が短い売掛債権にする

売掛金が入金されるまでの日数は、短いほど審査に通りやすくなります。

入金までの期日が長いと、倒産リスクや災害リスクが上がり、ファクタリング会社が資金を回収できない可能性が高くなるからです。

期日は短いに越したことはないですが、長くても180日を超えない売掛債権を審査に出しましょう。

4.3社間ファクタリングを利用する

3社間ファクタリングは資金を回収できる可能性が高いので審査に通りやすいです。

3社間は資金を返済する時に、売掛先からファクタリング会社に直接返済されるからです。

2社間は資金が利用者を経由するため、使い込まれるリスクがあります。

実際、2社間を敬遠するファクタリング会社も存在します。

審査に時間がかかりますが、急いでいなければ3社間ファクタリングがオススメです。

5.必要書類を確実に用意する

ファクタリングを利用するためには、売掛債権の存在を確実に証明しなければなりません。

実在しない債権を買い取ってしまうと資金が回収できないだけでなく、ファクタリング会社としての信用も疑われます。

審査に必要な書類は以下の通り

・売掛先からの入金が確認できるもの(通帳の写し)

・売掛債権が確認できるもの(請求書、納品書)

・売掛先との契約書

・決算書直近2期分

審査によっては他にも書類の提出を求められることはあります。

審査を早く終わらせるためにも、提出書類は早めに用意するのが得策です。

6.利用者の経営状況もチェックする

利用者の経営状態も審査に影響があります。

2社間ファクタリングを利用すると、返済の時に資金を使い込まれるリスクがあるので、利用者の審査も大切です。

しかし、審査の最重要項目は売掛先の信用力なので、決算が赤字でも利用できない訳ではありません。

売掛先の信用力が高ければ、審査に通る可能性は高いでしょう。

7.審査には誠実に対応する

ファクタリングの審査では人柄も重要視されます。

ファクタリング会社と利用者の信頼関係が構築されないと、契約は成立しないからです。

人柄が良くない人から「お金を貸してくれ」と言われても貸したくありませんよね。

ファクタリング会社からの問い合わせには迅速に答え、誠実な態度で対応しましょう。

NO.1ファクタリングのまとめ

今回はNO.1ファクタリングについて解説しました。

NO.1ファクタリングは審査通過率が90%以上で手数料も1%〜なので利用しやすいです。

ぜひこの記事を繰り返し読んで、まずは審査に請求書を出してみましょう。

ファクタリングを新しい資金調達手段としてご活用ください。

相談無料

NO.1ファクタリングに相談してみる

NO.1ファクタリングに関するよくある質問

NO.1ファクタリングは貸金業者ですか?
貸金業者ではなく、売掛債権の買い取りサービスを提供するファクタリング会社です。
売掛先が倒産したらどうなりますか?
ノンリコース契約を結んでいる場合、売掛先が倒産しても返済を求められることはありません。
倒産リスクも手数料に加味して審査しています。
個人事業主でも利用できますか?
個人事業主でも利用できます。
個人事業主に特化したファクタリングサービスも用意しているので、ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA