3社間ファクタリングとは?手数料やオススメ会社、個人事業主OKなところも解説!

3社間ファクタリング」とは、3つの異なる企業間(事業者間)でのファクタリング取引を指します。

通常のファクタリング(2社間ファクタリング)では、1つの企業や個人事業主が売掛金(未回収の請求金額)をファクタリング会社に売却し、その代わりに即座に現金を受け取ります。

2社間ファクタリングについて知りたい方はこちらをクリックして確認してください。

3社間ファクタリングでは、さらに第三者(取引先)が関与します。

この場合、第三者(取引先)からファクタリング会社に支払いを行います。これにより、ファクタリング会社と第三者の間でリスクや責任の分散が行われることが特徴です。

ファクタリング会社の選定については、「オススメのファクタリング会社」や「オンライン完結、来店不要のファクタリング会社」も参考にしてみてください。

個人もOK!

3社間ならビートレーディング

3社間ファクタリングのメリット5選

それぞれ解説していきます。

債権回収リスクを分散できる

3社間ファクタリングの取引では、売掛金の回収リスクが複数の企業に分散されることになります。そのため、1つの企業(売掛先、お客様)が債務不履行になっても、他の企業がリスクを補うことができます。

また、2社間ファクタリングの場合、二重譲渡のリスクもありますが、取引先が契約に入ることによって、犯罪のリスクも軽減できます。

ただし、契約にノンリコース契約が付随している場合は、別途債務不履行のリスクはファクタリング会社が背負うこととなります。

資金調達の多様化

資金調達が必要な方にとって、ファクタリングを利用することで資金調達が可能になります。

銀行融資や個人ローンなどに比べ、期間や手数料は割安になる可能性すらあります。

そのため、1つの資金調達手段として活用できることは3社間ファクタリングのメリットの1つであるといえます。

2社間取引に比べ手数料が安い

2社間取引のファクタリングの場合、債権が本当に存在しているのかどうかはファクタリング会社からすると、入金履歴や契約書だけでしか判断がつきません。

一方で、3社間取引の場合は売掛先に債権の確認が入るため、ファクタリング会社は2社間取引に比べ、リスクを減少させることができます。

2社間取引に比べ、安心して取り組める結果として、手数料も安く提示してもらえるケースが多くあります。

そのため、手数料が安くなることは、3社間ファクタリングのメリットであると言えます。

融資などに比べ資金調達が早い

3社間ファクタリングに限らず、ファクタリングという資金調達手段では、銀行融資や個人ローンに比べ、すぐに資金調達が可能です。

特に銀行融資では、必要書類や審査期間が設けられていることが多く、どんなに早くても入金まで1ヶ月はかかってしまいます。

一方で、3社間ファクタリングの場合、お客様と取引先、ファクタリング会社の3社で合意が得られた段階で、資金調達ができるため、1週間程度で資金調達することも可能です。

そのため、他の資金調達手段と比べて、調達が早いということはメリットの1つだと言えます。

2社間取引に比べ審査が通りやすい

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの1番の違いは、審査の難易度です。

3社間ファクタリングでは、支払いをする取引先にまで連絡をとり、了承を得た上で、契約が成立するため、2社間取引よりも取引の信用度が格段に上がります。

そのため、取引先に通知せずに取引を行う2社間ファクタリングに比べ、3社間ファクタリングは審査が通りやすいのが特徴であり、メリットの1つといえます。

3社間ファクタリングのデメリット3選

それぞれ解説していきます。

2社間ファクタリングに比べ時間がかかる

3社間ファクタリングでは、売掛先である取引先も契約に関わってくるため、2社間取引に比べ、契約や入金までに最低でも1週間程度時間を要します。

そのため、当日や1日後の資金調達が必要という場合には、「2社間ファクタリング」の利用がオススメです。

しかし、2社間ファクタリングに比べ、時間はかかりますが、他の資金調達手段と比べると断然早く現金を手に入れることはできますので、緊急度合いと照らし合わせ利用するようにしてください。

取引先との関係性の悪化の可能性

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと違い、取引先にもファクタリングを使用するむねが通知されます。

そのため、資金繰りに悩みを抱えていることがバレてしまうため、今後の取引が心配な場合は2社間ファクタリングを検討するようにしましょう。

ただし、最近ではファクタリングはスタートアップの資金調達の手段としても使われており、前向きな使用方法もありますので、絶対に悪い印象を与えるという意味ではないということも理解しておきましょう。

2社間ファクタリングと比べ契約が煩雑

3社間ファクタリングの場合、2社間ファクタリングと比較すると契約が複雑になります。

取引先が入金を行う先が変更になったりと債権の回収方法などが変わってきます。

それに伴い、3社間で契約を締結することが必要になるため、契約にも数日かかってしまうことも多々あります。

そのため、デメリット1でも紹介させていただいた通り、3社間ファクタリングの場合、契約が複雑化することもあり、時間がかかってしまうということも覚えておきましょう。

3社間ファクタリングにオススメな会社5選

ビートレーディング

引用元:ビートレーディング

ビートレーディングはファクタリングのパイオニアと呼ばれる企業で、取引件数、累計買取額が業界トップクラスです。

ビートレーディングの口コミ・評判はこちらから

また、創業当初は3社間ファクタリングを中心に取り組んでいた背景もあり、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が手数料を押さえられるため、オススメです。

そのため、3社間ファクタリングを利用する際には、必ず見積もりを依頼しましょう

個人もOK!

3社間ならビートレーディング

ベストファクター

引用元:ベストファクター

ベストファクターは3社間ファクタリングの場合、業界最安手数料の2%からと低コストで資金調達をすることができる優良企業です。

ベストファクターの口コミ・評判はこちらから

また、買取額がファクタリング業界として、低下傾向にある中、ベストファクターは平均買取率92.2%と高い買取水準を実現しております。

そのため、少しでもコスト削減をしながら資金調達をしたいという方はぜひ一度お見積もり依頼をしてみてください。

買取率92.2%

低コストならベストファクター

アクセルファクター

引用元:アクセルファクター

アクセルファクターは審査通過率93%と高い審査通過率を誇る優良ファクタリング会社です。

アクセルファクターの口コミ・評判はこちらから

また、画像の通り、公式ホームページには「カンタン10秒診断」を整えており、審査を入れる前からファクタリングを利用できる可能性があるのかどうかを診断してもらえます。

そのため、審査を多くの会社で入れたくないという方は、こちらのカンタン10秒診断を使用するようにしてください。

カンタン10秒

アクセルファクターに相談する

日本中小企業金融サポート機構

引用元:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は累計支援額50億円を超えるファクタリング会社です。

日本中小企業金融サポート機構の口コミ・評判はこちら

また、企業の資金調達に限らず、資金繰り解決のコンサルもしてもらえるため、今のキャッシュフローに悩みを抱えているという方は必ず相談するようにしましょう。

キャッシュフローの改善

日本中小企業金融サポートに相談する

NO.1ファクタリング

引用元:NO.1ファクタリング

NO.1ファクタリングは即日対応、他社からの乗り換え、およびリピート率がNO.1の優良企業です。

NO.1ファクタリングの口コミ・評判はこちらから

NO.1ファクタリングは2社間取引、2社間取引ともに対応しており、多くの実績がある企業となっているため、安定した会社で資金調達したい場合にオススメです。

優良企業

NO.1ファクタリングに相談する

3社間ファクタリングに関するまとめ

3社間ファクタリングは多くのメリットがあります。一方で、取引先にファクタリングを利用していることがバレるということで、取引先に余計な心配をかけてしまうケースも少なくありません。

そのため、3社間ファクタリングを利用する際には必ずメリットデメリットを理解した上で活用するようにしましょう。

3社間ファクタリングでよくある質問

3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの違いはなんですか?
主な違いは、契約に取引先が絡むか絡まないかです。2社間ファクタリングの場合、取引先には通知されずに契約を行いますが、3社間ファクタリングの場合、取引先合意の上で、契約を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA