GMO BtoB早払いの口コミ・評判を徹底調査!GMO BtoB売掛保証との違いも解説

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

この記事はこんな方にオススメです。

おすすめな人
  • GMO BtoB早払いを実際に利用した人の声を聞きたい
  • 事業を拡大するために手元資金を確保したい
  • GMO BtoB売掛保証との違いがよくわからない

この記事の結論をお伝えします。

3行でわかるまとめ
  • GMO BtoB早払いでは売掛金を手数料1%から現金化できる
  • 運営会社は上場企業
  • GMO BtoB売掛保証は売掛金が回収できないリスクを保証するもの

業績が好調なのに、資金不足で仕事ができないリスクは避けたいですよね。

GMO BtoB早払いは業界トップクラスの手数料水準で、86%のリピート率を記録しています。

売掛金を早期に現金化できれば、もう資金不足に悩むことはありません。大型の案件も迷わず受注できるので、ビジネスチャンスを失わず済みます。

上場企業が運営

GMOBtoB早払い公式HP

のりかえプラス

GMO BtoB早払いのメリット9選

GMO BtoB早払いのメリットは以下の9つです。

ぜひ9つのメリットをフル活用して、資金調達に役立ててください。

1.注文書の段階で資金調達できる

GMO BtoB早払いでは仕事が完了していない「注文書」でも買い取りができます。

注文書ファクタリングとは、仕事を受注した段階で債権を買い取ることで、通常の早払いよりも早く資金化ができます。

例えば、受注から納品まで60日間、納品から入金まで60日かかるとすると、合計120日間待たないと売上が入金されません。

この場合、受注した段階で注文書を買い取ってもらえれば、入金までの日数を120日間短縮できます。

注文書買い取りは業種・規模問わず、多くの企業に利用されています。

仕事が完了するまでに資金ショートしそうな企業はぜひご検討ください。

2.手数料は1.0%〜と業界最安水準

GMO BtoB早払いの手数料は1.0%〜と業界最安水準。

他の大手ファクタリング会社も安くて1.0%からの手数料なので、安い水準ですよね

以下はGMO BtoB早払いと大手ファクタリング会社の手数料の比較表です。

手数料で選ぶなら業界最安値のGMO BtoB早払いをご検討ください!

のりかえプラス

3.売掛先にバレずに資金調達できる

GMO BtoB早払いを利用しても売掛先にバレることはありません。

2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先に通知する必要がないからです。

2社間ファクタリングは利用者(御社)とファクタリング会社(GMO BtoB早払い)だけの契約だけで済むので、売掛先は関与しません。

一方で、3社間ファクタリングは売掛先も契約に含まれ、通知は必須です。
3社間はファクタリングの利用が知られてしまうので注意しましょう。

売掛先に買い取りをバレたくない企業は、2社間ファクタリングがオススメです。

4.繰り返し利用で審査がスムーズに

GMO BtoB早払いは繰り返し利用することで、2回目以降の手続きを大幅に省略できます。

GMO BtoB早払いは「継続タイプ」と「スポットタイプ」の2つのプランがあります。

「継続タイプ」を選ぶと初回の審査で買い取り限度額が決定し、2回目以降は審査が不要。

以下は「継続プラン」と「スポットプラン」の比較表です。

継続タイプスポットタイプ
期間・頻度1年間都度
買い取り可能額100万円〜1億円300万円〜1億円
手数料1.0%〜1.5%〜
対象債権原則、6ヶ月以内に入金される債権

手数料も継続タイプの方がリーズナブルです。

継続してGMO BtoB早払いを利用するなら継続タイプにしましょう

5.運営会社は東証プライム上場企業

GMO BtoB早払いの運営会社は「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」で、東証プライムに上場しており、信用度はトップクラスと言えます。

なぜなら、東証プライム上場企業は、厳しい上場基準をクリアしているからです。

参考:日本取引所グループ「プライム市場の上場基準」

ファクタリングは法的な整備が手薄で、悪質な業者が要るのは事実なので、どこを利用するかの判断は慎重に行うべきです。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社は信用力の高い上場企業なので、安心して利用できますよ。

6.仮想(バーチャル)口座を使うと返済手続きが不要

仮想口座を使えば、面倒な返済手続きが要りません。

売掛先からの入金を仮想口座に設定すれば、自動的に返済されるからです。

口座利用にかかる手数料は無料で、売掛先にファクタリングがバレることもありません。

以下の画像はGMO BtoB早払いの仕組みですが、⑤のご返金が不要ということです。

引用:GMO BtoB早払い

仮想口座を使えば、たとえ返済日を忘れても安心ですね。

7.買取額は1億円まで!売上が増えても安心

GMO BtoB早払いの上限金額は1億円なので、大型受注にも対応できます。

「継続タイプ」を選べば、最大1億円の範囲内で繰り返し利用できるので、機動的な資金調達が可能です。

金額は審査によって決まるので、全ての利用者が1億円まで利用できる訳ではありません。

GMO BtoB早払いなら、大型の受注で売上が増えている企業でも対応できます。

8.入金まで6ヶ月先の売掛債権まで対応可能

GMO BtoB早払いは入金まで6ヶ月以内の債権なら、買い取り可能です。

通常、売掛金は1〜2ヶ月で入金されますが、業種によっては4ヶ月以上かかることもあります。

入金まで4ヶ月を超える債権は期間が長い分、売掛先が倒産するリスクも高くなるので、審査で断られるケースが多いです。

GMO BtoB早払いは入金まで6ヶ月以内の債権なら買い取りできるので、他のファクタリング会社で断られた方も1度、相談してみてください。

9.担保・保証人が不要

GMO BtoB早払いでは担保・保証人が不要です。

担保や保証人は融資が回収できない時に備えるものですが、ファクタリングでは回収できないリスクを手数料に加味することで備えています。

保証人は当人にとってデメリットしかないので、頼みづらいですし、担保も資産がない企業にとっては現実的ではありませんよね。

GMO BtoB早払いは担保・保証人不要で資金調達ができます。

上場企業が運営

GMOBtoB早払い公式HP

GMO BtoB早払いのデメリット3選

GMO BtoB早払いのデメリットは以下の3つです。

1つずつ解説します。ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

1.個人事業主は利用できない

GMO BtoB早払いは法人専用のサービスなので、個人事業主の方は利用できません。

また利用者が法人でも、売掛先が個人事業主だと買い取りは不可です。

個人事業主の方は同じGMOグループの「フリーナンス」がオススメです。

個人事業主でも利用しやすいファクタリングサービスを提供しています。

また、個人事業主やフリーランスの場合、審査が緩いファクタリング会社に依頼することで、資金調達の可能性が広がります。

2.即日入金ができない

GMO BtoB早払いは新規の申し込みだと入金まで最短4営業日かかるので、即日での資金化はできません。

審査に最短2営業日、入金手続きに最短2営業日かかります。

引用:GMO BtoB早払い

ただし、継続タイプを選べば2回目以降の審査は不要なので、最短2営業日で資金調達できますよ。

来店不要で、即日入金ができるファクタリング会社もありますので、参考にしてみてください。

3.100万円未満の少額利用はできない

GMO BtoB早払いの利用可能額は100万円〜1億円なので、小規模の買い取りはできません。

法人向けのサービスなので、小口の取引には対応していないようです。

ただし、1枚数万円の請求書でも、複数枚で合計金額が100万円を超えれば利用できます。

GMO BtoB早払いの良い口コミ5選

ここではGMO BtoB早払いに寄せられた良い口コミを5つ紹介します。

他社を利用していた際は、信憑性に欠ける部分が正直ありました。 今回、初めてGMOさんを利用してみて、対応、条件、スピードどれをとっても申し分なかったです。とくに担当者の対応には満足しています。少額買い取りに対応してもらえれば更に良いサービスだと思いました。

引用:FACTORING会社の口コミ

GMO BtoB 早払いは買取限度額を設定してもらえるから、必要な時に利用できるのがメリット。買取限度額のおかげで、毎度書類を準備する手間がないから、簡単に資金調達できるのが嬉しい。

通常のファクタリング会社だと、請求書しか現金化できないのですが、GMO BtoB 早払いなら注文書の段階で買い取ってもらえるので、大変助かりました!弊社の場合は、請求書の段階に至るまでに支出が多いため、より早い段階で資金調達できる点は大きな魅力だと思います。手数料も悪くない額でした。

引用:FACTORING会社の口コミ

支払いサイトが2ヶ月後の売掛債権をファクタリングしました。利用したのは2社間の請求書買取で、入金されたのは申込みから1週間程度です。 短期間での資金調達がファクタリングのメリットだと思うので、今回の対応は満足の行くものでした。すぐに資金化できれば、当社としてもこれ以上資金繰りに頭を悩まされる必要はありません。 このスピードなら、納期が後ろ倒しとなった時でも余裕を持って対応できそうです。

引用:FACTORING会社の口コミ

コストで言えば、手数料は他サービスと比べてだいぶ安いです。急な大型案件の受注で費用を短期で確保する必要があったため、利用したのはスポットタイプです。継続利用でないのにも関わらず、弊社の売掛金を正当に評価して頂き、見積もり段階よりもさらに低い手数料で契約を結べました。また長期の支払サイトに対応している点も、建設会社という立場から言わせてもらうと大変助かります。早払いを導入することで、新規取引先とも積極的に契約できるようになりました。

引用:FACTORING会社の口コミ

GMO BtoB早払いの悪い口コミ3選

ここではGMO BtoB早払いに寄せられた悪い口コミを3つ紹介します。

乗り換え先を探しており、ホームページの宣伝を見て選びました。実際にファクタリングを利用し、売掛債権を現金化することができましたが、ホームページでは安さを売りにしていましたが、今まで利用したファクタリング会社と同程度でした。リピート利用することで手数料は低くはなっていくと思いますが、過度な期待は禁物だと感じました。

引用:FACTORING会社の口コミ

書類の用意に加えて、代金受取にGMOの仮想口座を利用する必要があるので、思ったよりも時間がかかったというのが正直な感想です。問い合わせ時にオペレーターから言われた「最短2日」というのは、なかなか厳しいように思います。これが継続利用なら2回目以降の手続きも素早く処理されるのでしょうが、今回お願いしたのは単発利用だったため、2社間ファクタリングに期待していた素早い入金は叶いませんでした。

引用:FACTORING会社の口コミ

公開されている手数料ですが、2社間と3社間がごっちゃになっており分かりにくいです。GMOの審査基準について知る由もありませんが、2社間で1%というのは非現実的な気がします。私どもの手数料で言うと、2社間ファクタリングとしては十分に現実的な金額でした。 「早払い」という名称の通り、スピードに重きを置いたサービスです。もう少し安さに重きを置いていれば、私どものような中小企業でも利用しやすくなると思います。

引用:FACTORING会社の口コミ

上場企業が運営

GMOBtoB早払い公式HP

GMO BtoB早払いの運営会社の特徴

GMO BtoB早払いの運営会社は「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」です。

決済サービスや金融サービスを事業者向けに提供しています。

GMOクリック証券や、GMOあおぞらネット銀行と同じく「GMOグループ」の一企業です。

以下は会社概要の一覧です。

会社名GMOペイメントゲートウェイ株式会社
代表者代表取締役社長 相浦 一成
事業所【東京】フクラスオフィス(本社)東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
ヒューマックスオフィス東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル
【大阪】大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 23階
【九州】福岡市中央区大名2-2-13 ビーロット大名ビル5階
設立年月1995年3月
従業員数825名
資本金133億23百万円
企業公式サイト詳細を見る

GMO BtoB早払いがおすすめな企業5選

GMO BtoB早払いがおすすめなのは以下の企業です。

もし1つでも思い当たることがあれば、GMO BtoB早払いはあなたにとって最高のパートナーになるでしょう。

次で詳しく解説します。

1.信用を傷つけたくない企業

GMO BtoB早払いは信用情報に傷をつけたくない企業にオススメです。

GMO BtoB早払いは借入ではないので、利用しても信用情報に影響を与えません。

借入をたくさんしていて、信用情報に不安がある企業でもGMO BtoB早払いは利用しやすいと言えます。

新たな資金調達の手段として、GMO BtoB早払いをご活用ください。

2.売掛金の入金までの期間が長くて悩んでいる企業

GMO BtoB早払いはたった数日で売掛金を現金化できるので、資金繰りに悩む方にとって特効薬の役割をします。

業種によっては、仕事が完了しても入金まで2〜3ヶ月かかることもあります。

売掛金を即現金化できれば、資金繰りを劇的に改善できるはず。

GMO BtoB早払いで資金問題を即解決し、ビジネスを飛躍させてください。

3.銀行の融資以外にも資金調達方法を探している企業

GMO BtoB早払いは融資とは別の資金調達手段として重宝できます。

ファクタリングの審査は信用情報の影響を受けないので、融資の枠が上限に達した企業でも利用できます。

融資は利用者を審査しますが、ファクタリングは売掛先の企業を中心に審査するので、根本的に違う仕組みです。

銀行に審査を断られても諦めず、GMO BtoB早払いに相談してみてください。

4.大型の案件受注で急ぎの資金が必要な企業

大型の案件を受注した時に、GMO BtoB早払いの効果は抜群です。

請求書があれば1週間程度で売掛金を現金化でき、様々な支払いに対応できるからです。

仕事を受注すると、以下のような支払いが経営者を悩ませます。

  • ・材料の仕入れ費用
  • ・人を雇う費用
  • ・仕事を外注する費用
  • ・交通費など

仕事が大きければ大きいほど先行費用は増えます。

GMO BtoB早払いは最大1億円まで利用できるので、頼もしいですね。

5.決算書の内容に不安がある企業

GMO BtoB早払いは独自の審査システムを採用しているので、業績不振が理由で融資を断られても、利用できるチャンスはあります。

ただし、税金や社会保険を滞納している場合は、原則買い取りができないので注意してください。

決算書の内容に不安があっても売掛先の信用力が高ければ買い取りできますので、1度相談してみましょう。

上場企業が運営

GMOBtoB早払い公式HP

GMO BtoB売掛保証との違いを解説

GMO BtoB早払いと似たサービスに「GMO BtoB売掛保証」というサービスがあります。

売掛保証とは倒産などで売掛金が回収できなくなった時に、GMOペイメントゲートウェイが取引先に代わって代金を支払うサービスです。

ファクタリングと異なり、資金を調達するものではありません。

将来起こるかわからないリスクに備えるので、保険に近い性質です。

以下は売掛保証の仕組みの図解です。

引用:GMO BtoB売掛補償

売掛金の未回収リスクは決算に悪影響を及ぼします。

不測かつ巨額のリスクに備えるために、GMO BtoB早払いと併用するのもオススメです。

のりかえプラス

GMO BtoB早払いの申し込み手順

GMO BtoB早払いの申し込み手順を5STEPで解説します。

申し込み

審査情報を登録し、必要書類を添付します。

条件の提示

GMOペイメントゲートウェイ側から、買い取り可能額や手数料などの条件提示がされます。

契約

条件に合意したら利用申込書や印鑑証明書を用意し、契約します。

ここまで申し込みから最短2営業日で完了します。

買取申し込み

請求書や注文書などの買い取ってほしい債権の書類を用意し、申し込みを行います。

買取実行

買取申し込みから入金までは最短2営業日です。

上場企業が運営

GMOBtoB早払い公式HP

GMO BtoB早払いに関するまとめ

今回はGMO BtoB早払いについて解説しました。

東証プライム上場企業で信用力がピカイチなので、安心して利用できるファクタリング会社です。

GMO BtoB早払いは売掛金を現金化できるので、資金繰りが一段と楽になりますよ。

新しい資金調達手段として、ぜひご利用ください。

GMO BtoB早払いに関するよくある質問

代金受け取りの仮想口座の利用は必須ですか?
仮想口座の利用を前提としたサービスですが、審査結果次第で利用ができないケースもあります。
どのような企業がGMO BtoB早払いを利用していますか?
企業間取引があり、売掛債権を有する企業に幅広く利用いただいています。
3社間ファクタリングも利用できますか?
3社間ファクタリングも取り扱っています。
利用者、GMOペイメントゲートウェイ、売掛先の3社で契約を行い、譲渡債権登記は原則不要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA