建設業向けのファクタリング会社5選!一人親方や個人向けも紹介!

建設業では支払いが遅く資金繰りに悩む人も少なくありません。

業界柄、建設業では工事代金の入金が遅いことからファクタリングが活用されています。

この記事を読めば建設業特化のファクタリング会社と業者選定のポイントも理解できますので、最後までご覧ください。

3行でわかるまとめ
  • 建設業ではファクタリングが活用されている
  • 理由は着金までに時間がかかるから
  • 一人親方でもファクタリングは利用できる

のりかえプラス

のりかえプラス
のりかえプラス

のりかえプラスは乗り換えに特化したファクタリングサービスです。すでにファクタリングを利用している場合、利用歴が評価され審査に通りやすくなります。特に他社からの乗り換え利用の場合、手数料の優遇を受けられますので、建設業で乗り換えでの利用であれば、必ず相談してみるのをオススメします。

ビートレーディング

ビートレーディング
ビートレーディング

ビートレーディングはファクタリングのパイオニアと呼ばれる企業です。取引件数と累計買取額は業界トップレベルのファクタリング会社になります。

また、建設業の債権買取も積極的に行なっているため、法人であれば特に利用をオススメします。

建設業向けのファクタリング会社5選

ベストファクターのりかえプラスビートレーディングペイトナーファクタリングけんせつくん
ロゴベストファクターのりかえプラスビートレーディングペイトナーファクタリングけんせつくん
買取可能額30万円〜5,000万円500万円まで無制限初回:25万円まで
2回目以降:100万円まで
未詳
審査通過率92.2%90%以上98%95%90%以上
入金速度即日最短2時間最短2時間最短10分最短2時間
法人・個人(一人親方)法人:可能
個人:可能
法人:可能
個人:可能
法人:可能
個人:可能
法人:非対応
個人:可能
法人:可能
個人:可能
土日対応未対応対応未対応未対応未対応
2社間ファクタリング対応対応対応対応対応
口コミ・評判確認する確認する確認する確認する確認する
テーマ比較表

ベストファクター

ベストファクター
引用:ベストファクター

関連記事:ベストファクターの口コミからわかる評判を紹介!特徴や注意点まで詳しく解説

ベストファクターは手数料2%からで平均買取率は脅威の92.2%という大手ファクタリング会社です。

契約形態は2社間ファクタリング3社間ファクタリングに対応しており、企業でも、個人事業主や一人親方でも活用することができます。

ベストファクターでは、審査落ちしないようにできるように、資金調達シミュレーターを用意されております。

審査申し込み前からファクタリングを利用できるのかどうかを確認することができるため、安心して申し込みを行うことが可能です。

ベストファクターを利用することで以下の三つが可能になります。

シミュレーションを試してみる

ベストファクター

のりかえプラス

のりかえプラス
引用:のりかえプラス

関連記事:のりかえプラスの口コミ・評判は?運営会社やサービス概要についても徹底解説!

のりかえプラスは乗り換えに特化したファクタリングサービスです。

のりかえプラスを利用する利用者は建設業者が多いため、乗り換えでのファクタリングの利用であればのりかえプラスがオススメです。

また、のりかえプラスは乗り換えの場合さらに優遇されますが、乗り換えでなくても利用することができます。

のりかえプラスを利用することで以下の三つが可能になります。

  • 平均5%以上の削減
  • ご契約中のファクタリング会社と並行利用可能
  • ファクタリングの他社利用が評価される

1%でも手数料を低くする

のりかえプラス

ビートレーディング

ビートレーディング
引用:ビートレーディング

関連記事:ビートレーディングの評判・口コミ!メリット9選と審査通過のコツ5選も徹底解説

ビートレーディングはファクタリングのパイオニアと呼ばれる企業です。

累計のファクタリングの取扱件数は業界トップクラスの5.8万社以上、累計買取額1,300億円以上の実績があります。

また、完全非対面での契約ができるのに加えて、全国に5拠点(東京、仙台、名古屋、大阪、福岡)に店舗を構えているため、オンライン契約が不安な方は対面での契約も可能となっております。

ご利用事例でも、「建設業」から「運送業」「製造業」と幅広い業界で活用されており、安心安全なファクタリング会社です。

ビートレーディングを活用することで以下の三つが可能になります。

  • 最短2時間のスピード資金調達
  • 調達可能額は無制限
  • オンラインだけではなく、対面での契約

ファクタリングのパイオニア

ビートレーディング

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング
引用:ペイトナーファクタリング

関連記事:ペイトナーファクタリングの評判・口コミを徹底解説!審査落ちを避けるコツも紹介

ペイトナーファクタリングは個人事業主、フリーランス、及び一人親方向けのファクタリングサービスです。

ペイトナーファクタリングの特徴は手数料が10%固定とわかりやすい点です。

初回の利用については25万円までと限度額が決まっておりますが、1万円の売掛債権から利用することが可能なため、建設業者や一人親方によく利用されています。

最低金額が決まっておらず利用できるところは限られているため、少額債権の買取を希望している方は一度ご相談してみてください。

ペイトナーファクタリングを利用することで以下の三つが可能になります。

  • 最短10分での資金調達
  • 事業計画書などの書類は提出不要
  • 2回目以降の利用については書類をアップロードするだけ

手数料は10%固定

ペイトナーファクタリング

けんせつくん

けんせつくん
引用:けんせつくん

関連記事:【建設業必見】けんせつくんの口コミ・評判は?メリット5つも解説します。

けんせつくんは建設業に特化したファクタリングサービスです。

けんせつくんは建設業特有の工期の延長や追加工事の作業費用についても理解があるため、建設業者に多く利用されております。

また、スマホひとつで審査申し込みから契約、入金までを行うことができるため、パソコンを持っていない一人親方でも気軽に利用することが可能です。

けんせつくんを利用することで可能な三つのこと

  • 建設業に理解のある担当者が対応してくれる
  • 受注時の注文書でも利用することが可能
  • 他のファクタリング会社から断られていても利用できる可能性あり

建設業特化

けんせつくん

ファクタリングが建設業者に利用される理由3選

ファクタリングが建設業者によく利用される理由は大きく3つあります。

どれか一つでも当てはまる場合、ファクタリングを利用する価値はありますので、確認してみてください。

業界的に支払いサイクルが遅い

ファクタリングが建設業者によく利用される理由の1つ目は「業界的に支払いサイクルが遅い」という点です。

建設業では、1社で仕事を受けて、1社で現場が完結するということがほとんどありません。

基本的には元請け、二次請け、三次請けというように協力業者が参画してくる形になります。

その結果、元請けから二次請けに料金が支払われるのが元請けが委託先から入金が済んだ後の場合、早くて2ヶ月後の入金というような支払いサイクルになります。

また、建設業では思いもしない追加工事が発生することも多々あります。

追加工事が発生すると、現場に入る職人の費用は多く必要になるのに、支払いはさらに遅くなるというような事態が発生します。

上記のような状態が起こった際に、資金力がない中小企業や一人親方は資金難に陥り、ファクタリングを利用しているのです。

現場量で収入が決まるため不安定

ファクタリングが建設業者によく利用される理由の2つ目は「現場量で収入が決まるため不安定」という点です。

繁忙期シーズンは職人は稼ぐことができる時期ではありますが、閑散期は逆のことが起こります。

建設業界では4月から6月までは閑散期となっており、現場数も少なくなる傾向にあります。

(企業では年度末に合わせて3月末で工事の完工を予定しているところが多いため)

建設業界や一人親方にとって現場数が減ることは収入の減少につながってしまうため、資金難に陥ってしまうことが多々あります。

そのため、一時的な資金難でファクタリングを利用する建設業者や一人親方が多いのです。

未払いに対するリスク分散

ファクタリングが建設業者によく利用される理由の3つ目は「未払いに対するリスク分散」という点です。

建設業では、建設業法に則って契約が結ばれているため、基本的には未払いという事態は発生しないようにはなっておりますが、工事の完工遅れや現場作業員の作業内容などによっては契約後でも減額や未払い等が発生することも多々あるのです。

建設業者からすると未払いのままお金が入金されないという事象を一番避けたいため、回収リスクの分散としてファクタリングが活用されることがあります。

ファクタリングでは、ノンリコース契約(ファクタリング会社が建設業者に返金を要求することがない契約)という契約形態で結ぶことが多い。

もし万が一、取引先からの未払いが発生したとしても、ノンリコース付きファクタリング契約を結んだ後であれば、責任はファクタリング会社が取ることになりますので、回収リスクの分散につながるのです。

これらの理由からファクタリングは建設業者によく活用されています。

参考:国土交通省-土地・不動産・建設業

ファクタリングは一人親方でも利用可能

ファクタリングは一人親方でも利用することができます。

ファクタリングは個人事業主やフリーランスでも利用できるサービスとなっており、2024年現在においてファクタリングの利用者は増加傾向にあります。

参考:FCI「Total Factoring Volume by Country in the Last 7 Years (in million of Euros)

これは法人だけではなく、個人事業主やフリーランス、一人親方も含まれているため、個人での利用も拡大し続けているということが推測できます。

そのため、資金繰りに悩んでいる一人親方はファクタリングの利用も一度検討してみるのをオススメします。

関連記事:ファクタリングおすすめ17社!手数料や買取可能金額ごとに比較!

建設業者向け注文書ファクタリング会社3選

建設業者だからこそ、請求書ファクタリングだけではなく注文書ファクタリングを行ってくれる業者も確認しておきましょう。

注文書ファクタリングでは、発注をもらったタイミングで資金調達をすることが可能なため、仕事の幅が広がるだけではなく、安心しながら工事を進めることが可能です。

対応企業 ビートレーディングトップマネジメントGMO BtoB早払い
ロゴビートレーディングトップ・マネジメントGMO BtoB早払い
買取可能額上限値なし上限値なし上限値なし
入金速度最短2時間最短即日最短2営業日
法人・個人(一人親方)法人:対応
個人:対応
法人:対応
個人:未対応
法人:対応
個人:未対応
口コミ・評判確認する確認する確認する
テーマ比較表

それぞれ注文書ファクタリングに対応しておりますので、一社ずつ紹介していきます。

ビートレーディングに関しましては、「建設業向けのファクタリング会社5選」の1つとして紹介させていただきましたのでここでは割愛させていただきますが、個人事業主やフリーランス、一人親方が利用できる注文書ファクタリングとなっておりますので、ぜひ一度相談してみてください。

トップ・マネジメント

引用:トップマネジメント

トップ・マネジメントは2社間ファクタリング3社間ファクタリングだけではなく、注文書ファクタリングにも対応しています。

トップマネジメントの注文書ファクタリングでは、

  • 注文書
  • 見積書
  • 発注書

上記のうち、1点があれば、申し込みが可能です。

注文書だけではなく、発注書や見積書でも対応可能な点はとても魅力的だと言えます。

建設業で、追加工事のお見積書を提出したり、発注書をもらった時点で資金調達が可能な点は建設業者の力になります。

着手前のファクタリングの利用ならトップ・マネジメントがオススメです。

工事の注文書ファクタリングなら

トップ・マネジメント

GMO BtoB早払い

引用:GMO BtoB早払い

GMOは発注前の債権を買取してくれるファクタリングサービスです。

企業間同士の取引に関する債権のみを買い取っているため、個人は利用することができません。

また、個人事業主宛の債権も買取してもらうことはできません。

しかし、建設業特有の完工後の入金を待たずして現金を調達できることは建設業者にとってはメリットであり、とてもありがたいサービスとなっております。

企業間での債権に限定しているからこそ、手数料を安く押さえ、他よりも良い条件で契約できる場合がありますので、ぜひ一度相談してみてください。

企業への売掛債権なら

GMO BtoB早払い

建設業ファクタリングのポイント3選

建設業者が意識すべきファクタリングの3つのポイントをここでは紹介させていただきます。

いつまでに資金調達すべきなのか

建設業者がファクタリングを活用する際に意識しておきたいポイントの一つ目は「いつまでに資金調達すべきなのか」です。

ファクタリングを利用する際、お金が足りないということは把握している方は多くおりますが、いつまでに必要なのかが不明確のまま進めている方も少なくありません。

そのため、ファクタリングを利用する際には必ずいつまでに必要なのかを明確にした上で判断することが大切です。

特に、追加工事が発生する可能性があるのかどうかや、原稿の現場が工期通りに終わるのかどうかも合わせて確認しておくことで、資金難に落ちいることを回避することができます。

いくら資金調達すべきなのか

建設業者がファクタリングを活用する際に意識しておきたいポイントの二つ目は「いくら資金調達すべきなのか」です。

ファクタリングでは、希望の買取債権額をファクタリング会社へ提示することができます。

ただ単に、売掛債権のほとんど全部分を買い取ってもらおうと考えている方も多くいますが、手数料を考えると、必要な分だけ資金調達する方がキャッシュフローは安定します。

そのため、いくら必要なのかをしっかりと計算した上で債権を買い取ってもらうようにしましょう。

手数料が妥当かどうか

建設業者がファクタリングを活用する際に意識しておきたいポイントの三つ目は「手数料が妥当かどうか」です。

資金繰りに悩み、急ぎの資金調達を考えている方は特に手数料を気にせず売却してしまうケースが多く存在します。

例えば、1社しか審査依頼をしておらず、通った会社が15%の手数料を提示してきていたとしても、他の会社で依頼をすると10%で済んでしまうケースも多く存在するのです。

そのため、手数料が妥当なのかどうかを確認するためにも、最低3社に相見積もりをお願いするようにしましょう。

※他社の手数料をもとに交渉を進めていくと、手数料をさらに下げられるケースもあります。

まとめ

建設業者がファクタリングをよく活用する理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

建設業は業界柄、入金までが遅く、資金難に陥りがちです。

また、その際にファクタリングの審査を1社のみにしかださず、手数料を多く取られていたり、資金調達したのに、必要なお金を賄えていなかったという声も多いです。

そのため、建設業ファクタリングのポイントをしっかりと押さえた上で、申し込むようにしてください。

資金調達に関するお悩み相談は気軽にお問い合わせフォームからお願いいたします。

よくある質問

建設業がよくファクタリングを活用する理由はなぜですか?
建設業は業界柄、工事の完工後に入金をされるケースが多いため、工事期間が長い場合、入金が3ヶ月後等になってしまいます。
工事期間中にも咲き出してお金が出ていくため、資金不足に陥りファクタリングを利用する方が多いのです。
建設業にオススメのファクタリング会社はどこですか?
建設業であれば、
・ベストファクター
・のりかえプラス
・ビートレーディング
がオススメです。
法人、個人共に対応しています。
一人親方でもファクタリングを利用できますか?
はい、利用可能です。
スマホ一台あれば申し込みから契約まで可能なところも多いため、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA