ファクタリングを利用中に他社へ申し込みは大丈夫?2社目を利用する際の注意点も解説!

ファクタリング会社を2社併用することはできるのか疑問に思っているのではないでしょうか。

この記事を読めば、悩みが解決するだけではなく、審査落ちを避けることにもつながりますので、確認していきましょう。

3行でわかるまとめ
  • ファクタリング会社の2社併用は可能
  • 2社目のファクタリング会社の審査は通りづらい
  • 併用するよりも乗り換えを検討しよう

ファクタリング会社の2社併用は可能ですが、申し込む際にはいくつかのポイントがあります。

注意点も確認していきましょう。

ファクタリング2社目なら

のりかえプラス

ファクタリング会社の併用はできるのか?

結論、ファクタリング会社の併用は可能です。

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社へ売却し、資金調達をする手段です。

つまり、ファクタリングを利用中に他のファクタリング会社へ売却することも、売掛債権があれば可能になります。

他社申し込みをする際には必ず債権があることが前提で申し込むようにしましょう。

すでに売却済みの債権を利用することは二重譲渡になり、法律違反になりますので、絶対にやめるようにしてください。

参考記事:ファクタリングの二重譲渡とは?犯罪の理由や複数利用がバレる理由も解説!

ファクタリングを利用中に他社へ申し込む際の注意点

ファクタリングを利用中に他社申し込みを行う際にはいくつかの注意点があります。

まず、ファクタリング会社の併用の場合、すでに利用しているファクタリング会社を2社目のファクタリング会社は知ることになります。

すでに利用しているファクタリング会社があるにも関わらず別会社に申し込むということは何かあるのではないかと疑いの目がある上での審査になります。

そのため、通常の審査は通りづらいということを頭に入れておきましょう。

また、現在使用しているファクタリング会社と2社目で申し込みを入れようとしているファクタリング会社ではサービスの提供方法が違う場合があります。

すでに利用しているファクタリング会社のサービスに慣れてしまっている場合、使いづらさやトラブルに繋がってしまう可能性があるため、契約する際には必ず、確認した上で行うようにしましょう。

ファクタリング利用中に2社目の審査は通りづらい

先述した通り、ファクタリング会社をすでに利用している場合、2社目の審査は通りづらいです。

理由としては、2社目のファクタリング会社の審査の際に、入金履歴を確認されるため、他社の名前で振り込みがされていることがわかってしまうためです。

ファクタリング会社が疑問に思うことは以下の点です。

  • なぜ既存のファクタリング会社で申し込みをしないのか
  • 二重譲渡ではないか
  • 債権を何個も売却していて経営は大丈夫なのか

などがファクタリング会社の疑問としてあります。

そのため、通常の審査よりもより厳しくなるということを頭に入れた上で、申し込むのが良いでしょう。

2社目を検討する前にすでに利用しているファクタリング会社へ相談してみたり、他のファクタリング会社へ乗り換えを検討してみるのもオススメです。

関連記事:ファクタリングの乗り換えはバレる?リスクや検討ポイントも解説!

ファクタリング利用中に他社申込みをする際のポイント5選

ファクタリング利用中に他社へ申し込みをする際のポイントはいくつかありますが、ここでは5つ紹介していきます。

すでに利用しているファクタリング会社には伝えない

ファクタリング利用中に他社申込みをする際のポイント1つ目は「すでに利用しているファクタリング会社には伝えない」ということ。

ファクタリング会社を併用する場合、あなたから連絡をしない限り、ファクタリング会社を併用していることはばれません。

ファクタリング会社からすると顧客が併用を考えているということを知ると、今後審査に通りづらくなる原因にもなってしまいます。

そのため、ファクタリング会社の併用をする際にはすでに利用しているファクタリング会社には伝えないということを徹底するようにしましょう。

2社目のファクタリング会社へは別会社の利用を伝える

ファクタリング利用中に他社申込みをする際のポイント2つ目は「2社目のファクタリング会社へは別会社の利用を伝える」ということ。

あなたが、2社目のファクタリング会社へすでにファクタリングを利用していることを伝えなかったとしても、通帳の入金履歴を見られると一発でばれます。

あなたから申告していない場合、ファクタリング会社からするとなぜ隠す必要があるのかと疑問の目で審査されることになります。

2社目というだけでも審査に通りづらいのにプラスして、隠し事があると捉えられてしまうと、審査落ちを避けることが難しくなってしまいます。

そのため、必ず2社目のファクタリング会社へはすでにファクタリングを利用していることを自分から伝えるようにしてください。

売却済みの債権は審査に出さない

ファクタリング利用中に他社申込みをする際のポイント3つ目は「売却済みの債権は審査に出さない」ということ。

すでに売却済みの債権を再度売却することは二重譲渡という法律違反を犯してしまうことになります。

また、売却済みの債権で審査に出したとしても、債権譲渡登記の際にバレることになり、売却はできません。

犯罪を犯してしまうとサービスの利用辞退ができなくなってしまいますので、絶対にやめましょう。

融資も合わせて相談してみる

ファクタリング利用中に他社申込みをする際のポイント4つ目は「融資も合わせて相談してみる」ということ。

ファクタリングを利用している人は大きく2パターンに分けられます。

  1. 資金繰りが厳しく経営難に陥ってしまっている
  2. 時期的な要因で一時的に資金不足になっている

上記の2つのうち、「時期的な要因で一時的に資金不足になっている」場合、金融機関からの短期融資やプロジェクト融資などで資金調達をできる可能性があります。

また、「資金繰りが厳しく資金難に陥ってしまっている」場合でも事情を説明し、改善の余地がある場合、融資をしてもらえる可能性もあります。

そのため、ファクタリングの利用、申し込みと合わせて貴社の取引銀行に融資の相談をしてみることも大切です。

ファクタリングよりも時間はかかりますが、手数料や条件などはファクタリングよりも好条件で受けられる可能性がありますのでぜひ一度相談してみてください。

2期連続赤字の場合、こちらの記事を参考にしてみてください。

2社使うのではなく乗り換えも検討する

ファクタリング利用中に他社申込みをする際のポイント5つ目は「2社使うのではなく、乗り換えも検討する」ということ。

ファクタリングの併用を考えている人には2パターンの可能性が考えられます。

  1. 現在利用しているファクタリング会社に不満がある
  2. 現在利用しているファクタリング会社の審査に落ちた

現在利用しているファクタリング会社に不満がある」場合、2社目の利用を検討すると同時に、今後の利用に関しては、2社目のファクタリング会社に乗り換えすることを考えるのが最良です。

乗り換えを検討することで、今よりも契約条件が良くなったり、調達額が増える可能性があります。

そのため、2社目の利用を考えるだけではなく、乗り換えを検討してみましょう。

ファクタリング2社目なら

のりかえプラス

ファクタリングの乗り換えを検討するポイント3選

ファクタリングの乗り換えを検討する際にはいくつかのポイントがあります。

ここでは、3つのポイントを紹介させていただきます。どれか1つでも当てはまれば、乗り換えを検討するに値しますので、確認していきましょう。

ファクタリング手数料

ファクタリングの乗り換えを検討するポイント1つ目は「ファクタリング手数料」です。

仮に、現在のファクタリング会社の手数料が15%だった場合、他社からの見積もりで12%で提示されると3%の手数料削減に繋がります。

このように、現在利用中のファクタリング会社の手数料が高いと感じている場合、2社目のファクタリング会社にも審査依頼を出すと今よりも安い手数料を提示されるケースも少なくありません。

そのため、乗り換えを実施する際には最低でも3社には審査依頼をする事をオススメします。

ファクタリングの乗り換えならのりかえプラス

のりかえプラス
引用:のりかえプラス

のりかえプラスは乗り換えに特化したファクタリングサービスです。

2社目の利用や乗り換えでの審査申し込みの場合、ほとんどのファクタリング会社が嫌がる中、のりかえプラスではファクタリングの利用を逆に評価して、審査をしてくれます。

ファクタリングを活用していればしているほど、審査にも通りやすくなりますので、確認してみてください。

サービス名のりかえプラス
URLhttps://goodplus-service.co.jp/norikaeplus/
運営会社GoodPlus株式会社
手数料既存の会社よりも安い
対応地域全国(オンライン完結)
入金速度最短2時間
特徴・乗り換えに特化2社併用
・OKのりかえキャンペーン実施
評判・口コミhttps://shikin-tyoutatsu.com/norikaeplus-reviews/

のりかえプラスはこんな方におすすめです。

  • 今よりも手数料を安くしたい
  • 今よりも買取債権額を高くしたい
  • 利用しているファクタリング会社に不満がある

上記に1つでも当てはまる場合、一度相談してみる事をオススメします。

ファクタリングの利用条件が良くなることは、キャッシュフローの改善や資金不足を乗り越える糧にもなります。

真摯に対応してくれるのりかえプラスに相談してみましょう。

見積もりだけOk

のりかえプラス

まとめ:ファクタリング会社の併用は可能

ファクタリング利用中に他社申し込みができるのかどうか、また、ファクタリング会社の併用ができるのかどうかについて説明してきました。

結論、ファクタリング会社の併用は可能ですが、一般的な審査に比べると厳しくなります。

そのため、本日紹介した5つのポイントを参考の上、申し込みを行うようにしてください。

乗り換えのポイント3選

ファクタリング2社目なら

のりかえプラス

よくある質問

ファクタリング会社の併用は可能ですか?
可能です。併用の場合、審査が厳しくなる傾向にあるため、以下のポイントを抑えるようにしましょう。

・すでに利用しているファクタリング会社には伝えない
・2社目のファクタリング会社へは別会社の利用を伝える
・売却済みの債権は審査に出さない
・融資も合わせて相談してみる
・2社使うのではなく乗り換えも検討する
ファクタリング利用中に他社への審査申し込みは可能ですか?
可能です。
※すでに売却してある債権の場合、二重譲渡になり法律違反になるため、絶対にやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA