ベストファクターの審査落ち必見!通らない理由も徹底解説!

ベストファクターの審査に落ちてしまった方は特に必見です。

審査落ちの理由をしっかりと把握していない場合、別のファクタリング会社へ審査を依頼したとしても、落ちてしまう可能性が高いです。

そのため、必ず審査落ちの原因を確認するようにしましょう。

審査が緩い会社3選

その他の審査が緩いファクタリング会社はこちらを参考にしてください。

参考:審査が緩いファクタリング会社は?個人事業主、フリーランス、100%誰でも通るのか?

3行でわかるまとめ
  • 売掛先からの入金履歴が確認できない場合落ちる
  • 必要書類の不備で落ちる場合もある
  • 他のファクタリング会社なら通る可能性がある

ベストファクターとは何?

関連記事:ベストファクターの口コミからわかる評判を紹介!特徴や注意点まで詳しく解説

ベストファクターとは即日で30万円から5,000万円までを調達できるファクタリングサービスです。

ホームページには資金調達シュミレーターという診断サービスを設けており、審査に申し込む前から調達できるかどうかが確認できます。

手数料は業界最安水準の2%からとなっており、平均買取率も90%超えと優良のファクタリングサービスです。

ベストファクターの特徴は以下の6点です。

  • 最短1日のスピード調達
  • 二社間ファクタリングが利用可能で信用に傷がつかない
  • 業界最高水準の2%からの手数料
  • 担保が保証人が不要
  • 業界最高水準のセキュリティ対策
  • 償還請求権なしの完全買取だから安心

以上の特徴から多くの事業者に利用されている人気のファクタリングサービスです。

ベストファクターの審査基準とは?

ベストファクターの審査にはいくつかの基準が設けられております。

1つでも整っていない場合、審査落ちにつながってしまうことになりますので、一緒に確認していきましょう。

通帳の入金履歴の有無

ベストファクターの審査基準の1つ目は「通帳の入金履歴の有無」です。

ベストファクターの審査必要書類の1つに通帳があります。

通帳を確認することで、売掛先との取引の有無、および契約書などに記載されている条件等と相違がないかどうかを確認されます。

その際に、通帳の入金履歴が確認できなかった場合、取引や契約を確認できるものが少なく、審査自体ができなくなる可能性があります。

そのため、ベストファクターへ提示できる通帳の入金履歴があるかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

請求書の妥当性

ベストファクターの審査基準の2つ目は「請求書の妥当性」です。

ベストファクターのファクタリングでは請求書が実際のものなのか、偽造されたものではないのかを確認されます。

ファクタリング業界では過去、偽造した請求書を利用してサービスを利用するという事例が発生したことから、請求書の妥当性の判断に慎重になっている傾向にあります。

そのため、請求書と契約書をセットにして用意しておくなど、妥当性を先方へ理解してもらえるように書類を揃えておくことが必要になります。

請求先の信用度

ベストファクターの審査基準の3つ目は「請求先の信用度」です。

ベストファクターのファクタリングは、償還請求権なしの完全買取型となっているため、売掛先が倒産した場合、責任はベストファクターが取ることになり、損失を被ることになってしまいます。

そのため、売掛先の信用情報が重要になります。

特に、個人事業主宛の請求書やフリーランスへの請求書の場合、審査には通らないと思っておいた方が良いでしょう。

審査に出す際には必ず請求先の信用度がある先への債権を利用するようにしましょう。

売掛債権額

ベストファクターの審査基準の4つ目は「売掛債権額」です。

ベストファクターでは買取できる債権額が30万円から5,000万円までと上限値と下限値が定められています。

そのため、30万円を下回る債権や5,000万円を上回る債権の買取は基本的に行なっておりません。

売掛債権額を審査前に確認しておくことで、審査落ちを避けることにも繋がります。

利用者の信用情報と電話対応

ベストファクターの審査基準の5つ目は「利用者の信用情報と電話対応」です。

ベストファクターの審査では売掛債権の妥当性や信憑性が重視されますが、利用者の信用情報も大事な指標となります。

ファクタリングサービスでは信用情報がブラックだった場合でも利用できるサービスとして有名ですが、最低限確認されると思っておいた方が良いでしょう。

また、審査の申し込みをWEBから行なった場合でも、担当者から電話にて確認が入る場合もあり、電話対応が適当だと、審査に落ちてしまう場合もあります。

そのため、利用者の信用情報と電話対応は審査基準の1つでもあるということを覚えておきましょう。

審査で落ちる主な理由とは?

ベストファクターの審査に落ちる理由にはいくつかありますが、ここでは7つの原因について説明します。

1つでも当てはまる場合、ベストファクターの審査落ちをした原因の可能性があるため、しっかりと確認していきましょう。

審査書類の不備

ベストファクターの審査落ちの理由の1つ目は「審査書類の不備」です。

ベストファクターだけに限らず、ファクタリングの審査では、審査必要書類が設定されております。

設定されている必要書類が揃っていない、もしくは請求書自体に不備があると審査に通りません。

また、審査時の必要書類にない書類を追加で請求される場合があり、1つでも足りない場合は審査に落ちてしまうと考えた方が良いでしょう。

ベストファクターの審査必要書類

  • 代表者の身分証明書
  • 請求書
  • 入出金の確認が取れる通帳(WEb通帳含む)

上記以外の書類を要求される場合、ネガティブではなく、審査に通すために書類を集めているというポジティブな理由ですのでしっかりと対応しましょう。

創業初期や初めての契約先

ベストファクターの審査落ちの理由の2つ目は「創業初期や初めての契約先」です。

創業初期や初めての契約先の場合、契約に関しての確認が取れない場合や、信憑性の判断が難しいため、審査落ちの原因となります。

創業初期の場合、最初から付き合いのある取引先であれば、入金履歴が確認できる可能性はありますが、ほとんどの場合、確認できる書類が少ないでしょう。

また、初めての契約先の場合に関しても、契約書は確認できたとしても、入金の履歴が確認できない場合、審査が厳しくなります。

そのため、創業初期の場合は、融資を、新規の契約先ではなく、既存の取引先への売掛債権で審査に申し込むようにしましょう。

取引先の信用度

ベストファクターの審査落ちの理由の3つ目は「取引先の信用度」です。

ファクタリングは特性上、取引先からの入金があることが前提で債権の買取を行うため、そもそも取引先の信用がない場合、審査に通りづらくなってしまいます。

特に、個人事業主やフリーランス向けの売掛債権の場合、審査に通りづらいため、審査に出す売掛先は法人にしましょう。

法人の中でも、ホームページや存在を確認できるものがある企業の場合より良いです。

売掛債権の信憑性

ベストファクターの審査落ちの理由の4つ目は「売掛債権の信憑性」です。

過去、売掛債権を偽造してファクタリングを利用するということがあったため、売掛債権が本当に存在する契約なのかどうかの確認を行います。

その際に、取引先からの入金履歴や取引先との契約書などの書類関係の提示を求められるケースもあるため、提示できない場合、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

そのため、売掛債権の信憑性を証明できる契約書や入金履歴がある先で審査に出すようにしてください。

売掛債権の入金日が先すぎる

ベストファクターの審査落ちの理由の5つ目は「売掛債権の入金日が先すぎる」こと。

入金サイクルが2ヶ月先であれば、可能性はありますが、3ヶ月先、4ヶ月先の場合審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

入金が先すぎる場合、仮に審査に通ったとしても手数料が高くなったり、買取債権額が低くなる可能性があります。

そのため、審査に入れる場合は入金までの期間が短ければ短いほど良いということを覚えておきましょう。

売掛債権が上限値や下限値を超過

ベストファクターの審査落ちの理由の6つ目は「売掛債権が上限値や下限値を超過」です。

ベストファクターでは買取の上限値とか現地が決まっています。

そのため、30万円を下回る債権や5,000万円を上回る債権の場合、審査に落ちてしまう場合があります。

しかし、上記金額外だったとしても、契約できる可能性はありますので、一度相談してみるのも一つの手です。

電話対応がわるい

ベストファクターの審査落ちの理由の7つ目は「電話対応がわるい」こと。

ほとんどの人が意識できていない点にはなりますが、電話申し込みをした人だけではなく、WEB申し込みをした人に関しても、担当者から電話で連絡が入ります。

電話がかかってきた際の対応が悪いと担当者ベースでも、何か隠し事をしているのではないか、怪しいのではないかと疑問の目でみられてしまうことになります。

売却しようとしている債権が条件に当てはまっているのに、電話対応で落とされてしまうといやですよね。

そのため、電話対応に関しても真摯に対応する必要があるということをしっかりと覚えておきましょう。

審査に通るための準備とは?

ベストファクターの審査に通るための準備にはいくつかありますが、ここでは5つ紹介します。

審査申し込み書類のダブルチェック

ベストファクターの審査に通るための準備1つ目は「審査申し込み書類のダブルチェック」です。

多くの人が審査書類に不備がないと思い込んで審査に出しており、提出後にベストファクターから修正を依頼されるケースも少なくありません。

そのため、審査申し込みをする前には必ずダブルチェックを心がけるようにしましょう。

売掛先が法人の債権を用意する

ベストファクターの審査に通るための準備2つ目は「売掛先が法人の債権を用意する

」ことです。

前述した通り、売掛先が個人事業主、もしくはフリーランスの場合、審査落ちの原因になってしまいます。

そのため、審査に出す債権に関しては、法人向けの資料にしましょう。

※法人の場合でも落ちる場合はあります。

追加書類を求められた際に対応できる

ベストファクターの審査に通るための準備3つ目は「追加書類を求められた際に対応できる」ことです。

ファクタリングの審査では、必要書類は2点だけ、3点だけと書いていても追加書類を求められるケースが少なくありません。

追加書類を提出できない場合、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

そのため、ベストファクターから追加の書類を求められた際に提示できるようにあらかじめ、追加で必要になりそうな書類は手元に用意しておきましょう。

丁寧な電話対応を心がける

ベストファクターの審査に通るための準備4つ目は「丁寧な電話対応を心がける」ことです。

電話対応も先方からはみられているということを意識した上で電話申し込みや対応をすることにより、丁寧な人という認識を相手に持ってもらえるようになります。

例えば、あなたの売却したい債権が買い取るかどうか微妙なラインの時、電話対応面を考慮して、判断されることもあります。

そのため、必ず電話対応は真摯に行うようにしてください。

※電話だけではなく、メールでの、やり取りも漏れなく行うようにしましょう。

資金調達シミュレーションを活用する

ベストファクターの審査に通るための準備5つ目は「資金調達シミュレーションを活用する

」ことです。

引用:ベストファクター

ベストファクターでは審査申し込み前から債権の売却を希望する方向けにシミュレーターが用意されています。

審査に申し込む前に審査をしてみることによって利用できる確率も上がります。

無料で使えるツールになっておりますので、申し込み前に一度試しておきましょう。

審査落ちを回避するためのコツ

審査落ちを回避するためには上記の「審査に通るための準備」を徹底する必要があります。

中でも、特に注意したいのが売掛債権の請求先の信用度合いと、審査必要書類の2点です。

上記2点が整っていない場合、審査落ちする確率が高いため、最低限気をつける必要があります。

また、審査落ちを回避したいのであれば、シミュレーターを活用するなど万全の対策をしてから審査に出すことをお勧めします。

ファクタリング業界全体における審査落ちのコツについても説明しておりますので、合わせて確認してみてください。

関連記事:ファクタリングの審査落ちの理由11選と審査激甘な会社5選も解説!

ベストファクター以外の資金調達方法

ベストファクターの審査に落ちてしまった方でも利用できる可能性がある資金調達方法について説明していきます。

それぞれ解説していきます。

他のファクタリング会社を利用

ベストファクターの審査に落ちた人にオススメしたい資金調達方法1つ目は「他のファクタリング会社を利用」することです。

ベストファクターの審査に落ちたからといって、他のファクタリング会社が利用できないということではありません。

審査基準は各社別々に存在しており、債権以外のことが原因で審査落ちしてしまった場合、通る可能性は十分にあります。

そのため、必ず他社にも審査依頼をしてみるようにしてください。

審査が緩い会社3選

金融機関からの融資

ファクタリングを利用している人の中には融資を断られた方も多いです。

しかし、一時的な資金ショートや時期的な赤字の場合、銀行融資を受けられる可能性は十分にあります。

ファクタリングと銀行融資の一番の違いは資金調達速度です。

ファクタリングは1週間程度で資金調達できますが、融資の場合、数ヶ月かかってしまいます。

そのため、将来的に資金ショートになりそうという方は早めに金融機関に相談するようにしましょう。

ビジネスローン

ベストファクターの審査に落ちてしまった方にオススメな調達方法はビジネスローンの活用です。

ビジネスローンでは、会社で借りるのではなく、代表者の信用を活用して利用します。

信用がブラックな人の場合、審査に通らない可能性が高いですが、税金の滞納等であれば審査に通る可能性は十分にあります。

そのため、ビジネスローンを検討することもオススメです。

ビジネスローンに関しても、ファクタリングと同様早期に資金調達をすることが可能なため、ファクタリングが活用できない方にもオススメな資金調達方法です。

ベストファクターの審査落ちに関するまとめ

ベストファクターの審査に落ちてしまうのには必ず理由があります。

審査落ちの原因をはっきりさせない限り、他のファクタリング会社の審査に通ることもできない可能性が高いため、推測する必要があります。

しかし、ベストファクターの審査に落ちたからといって全てのファクタリング会社が通らないわけではないため、別で紹介しているオススメのファクタリング会社や審査が緩いファクタリング会社を参考に、審査に申し込むようにしてください。

関連記事:ファクタリングおすすめ17社!手数料や買取可能金額ごとに比較!

関連記事:審査が緩いファクタリング会社は?個人事業主、フリーランス、100%誰でも通るのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA