ファクタリングの乗り換えはバレる?リスクや検討ポイントも解説!

ファクタリングの利用中に乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか?

ファクタリング会社は利用者を他社へ逃がさないように営業の中で、囲い込みの言葉を使うことが多いのが現状です。

この記事を読めば、ファクタリングの乗り換えのリスクとポイントをできるようになります。

3行でわかるまとめ
  • ファクタリングの乗り換えは基本バレない
  • 既に利用しているファクタリング会社を使えなくなる可能性がある
  • ファクタリングの乗り換えで手数料や買取額の条件がよくなる

関連記事:ファクタリングおすすめ17社!手数料や買取可能金額ごとに比較!

ファクタリングの乗り換えなら

のりかえプラス

ファクタリングの乗り換えとは?

ファクタリングの乗り換えとは、企業が従来のファクタリング業者から別の業者へ移行することを指します。

ファクタリングは、企業が売掛金を現金化するための手段であり、その業者を変更することは企業戦略の一環として行われる場合もあります。

ファクタリングの乗り換えが行われるのは以下のような理由です。

金利や手数料の削減

新しいファクタリング業者がより低い金利や手数料を提供している場合、企業は乗り換えを検討することがあります。

事業者にとって、手数料はできる限り低く抑えたいものです。他のファクタリング会社に相談した場合、現在の手数料よりも安く提示されるケースが多くなっているためでもあります。

ファクタリングの乗り換えを検討する事業者のほとんどがこの理由が当てはまります。

サービスの向上

新しい業者がより迅速で効率的なサービスを提供している場合、企業はそれを利用したいと考えることがあります。

現在利用しているファクタリング会社の対応が良くない場合や、入金等が遅い場合に、事業者は乗り換えを検討したり、他の業者と比較をしたりします。

ファクタリングを利用する事業者の属性として、資金繰りに困っているケースがほとんどであるため、入金の遅れなどは特に乗り換え理由として多い。

契約条件の改善

新しい業者がより柔軟な契約条件を提供している場合、企業は乗り換えを検討することがあります。

先述したように、手数料の削減だけではなく、希望の金額を用意できるのかどうかも大切な要素になります。

現時点で利用しているファクタリング会社が、希望の調達額を満たしていない場合、希望の買取額を買い取ってもらえるファクタリング会社が現れると乗り換えを検討することも多いです。

リスクの分散

複数のファクタリング業者と取引することで、リスクを分散し、安定した資金調達を確保することができます。

ファクタリング会社は1社だけでないといけないという制約はないため、2つの債権を別々のファクタリング会社に売却するケースも増えてきているのです。

しかし、2社目のファクタリング会社になることを多くのファクタリング会社は嫌うため、審査に通りづらいというデメリットがあることもしっかりと覚えておきましょう。

なぜファクタリングの乗り換えがバレるのか?

ファクタリングの乗り換えがバレるのには必ず理由があります。基本的にファクタリングの利用やのりかえたことがバレることはありません。

しかし、いつの間にか乗り換えをしていることがバレるケースがあります。

その際に、考えられる理由を3つ紹介させていただきます。

ファクタリング会社からの情報漏洩

企業がファクタリング業者を変更するという情報が、従来の業者や関係者から漏れる可能性は0ではありません。

業者や関係者が情報を漏らすことで、乗り換えの計画が周知され、バレるリスクが高まります。

しかし、ほとんどの場合、クラウドで情報を管理されているため、バレる確率は低いと考えて良いでしょう。

業界内の情報共有

ファクタリング業界では稀に情報が共有されることがあります。

ファクタリングの研修等ではファクタリング会社の従業員が一斉に集まり勉強会を実施するというケースもあり、社員の会話で情報が共有されるケースも。

従来の業者やその他の業界関係者が新しいファクタリング業者への移行について情報を共有することで、バレる可能性があります。

取引先や競合他社からの情報収集

取引先や競合他社が企業のファクタリング業者の乗り換えに気付き、その情報を広めることがあります。

特に競合他社が情報を得ると、企業の戦略や弱点を悪用される可能性があることに加え、別のファクタリング会社からの営業電話がかかってくるなど、対応に追われるケースも散見されます。

そのため、乗り換えを実施する際には必ず情報漏洩がしないかどうかを確認した上で契約を結ぶようにしましょう。

バレるリスクとはどんなものか?

ファクタリングの利用がバレることはリスクにもなります。

ここでは、バレるリスクを3つ紹介します。

取引先や顧客への影響

ファクタリングを利用することがバレると、取引先や顧客が企業の財務状況に不安を抱く可能性があります。

これによって、取引先との信頼関係が損なわれたり、取引先や顧客からの支払い遅延が発生したりするリスクも。

2社間ファクタリングを利用している場合は、取引先にファクタリングの利用がわかることはありませんが、バレてしまうと、取引先との関係悪化につながることに加え、お客様が離れていく原因にもなるため、ファクタリングの利用はバレないようにする必要があります。

競合他社からの情報活用

競合他社が貴社のファクタリングの利用を知ると、企業の競争戦略や財務状況に関する情報を悪用する可能性があります。

これにより、市場での競争力が低下するリスクがあることはもちろん、市場のシェアの減少にもつながる可能性があるため、情報漏洩は避けたいものです。

広告等で認知を取り、営業につなげている場合、ファクタリングの利用がばれてしまうと、競合に広告費を少し多く予算を入れられてしまうと、営業活動すらままならない状況になってしまうので、絶対に避けたいところです。

従業員の不安や離職

ファクタリングの利用が企業内でバレると、従業員の間で不安や不満が広がる可能性があります。

ファクタリングを知っている従業員からすると、モチベーション低下や離職率の増加につながる可能性も。

また、従業員が離職することにより、社内業務が回らなくなり、社員一人当たりの仕事量が増え、離職が増えるという悪循環を産んでしまうことにもつながります。

そのため、ファクタリングの利用がバレるのだけは避ける必要があります。

バレるのを避けるための方法とは?

バレるのを避けるための方法はいくつかありますが、ここでは3つのポイントを紹介します。

資金繰りに悩んでいることをファクタリング会社以外に話さない

ファクタリングの乗り換え計画や関連する情報を関係者にのみ開示し、情報の漏洩を防ぐようにすることが大切です。

特に業界内や競合他社への情報共有を制限することが重要。

また、新しいファクタリング業者を選定する際には、口コミや評判、信頼性などを慎重に調査し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

非公開契約を結ぶ

ファクタリング業者との契約内容は機密情報として扱い、関係者以外に漏れないようにしましょう。

基本的には契約自体は非公開かつ、機密情報として取り扱われるため、バレることはほぼありませんが、必要に応じて、非公開契約を結ぶことも検討することも必要です。

事前準備とスムーズな移行

ファクタリングの乗り換えをスムーズに行うために、事前に計画を立て、移行手順を適切に管理しましょう。

現時点で、ファクタリングを利用している場合、次回の支払日等もファクタリング会社は把握しているはずです。

そのため、利用がなくなると問い合わせが入ることが予想できます。

しっかりと前準備をし、対策を練ることで、情報漏洩や混乱を最小限に抑えることができます。

乗り換えを検討する際のポイント

乗り換えを検討する際のポイントは主に4つです。

  • 金利や手数料はどうか
  • 契約条件
  • ファクタリング業者の信頼性
  • 乗り換え費用と手続き

乗り換えを検討する際に必ず確認したい点が上記になります。

金利や手数料は現在利用中のファクタリング会社と比べて安いかどうかを確認します。

また、乗り換えをした際に、契約条件は現在と比べ何が変わるかどうか、合わせて乗り換え先のファクタリング会社が信頼できるかどうかも確認することが必要です。

ほとんどの場合、ファクタリングの乗り換え手数料はかかりませんが、万が一手数料や手続きが必要ということであれば、必ず、条件を確認した上で契約をするようにしましょう。

成功事例から学ぶ、バレを防ぐテクニック

成功事例では、現在の契約と比べ手数料が安くなった。固定費が削減できた。というように条件の良化を実現しております。

ここでは、のりかえプラスの乗り換え成功事例を紹介します。

引用:のりかえプラス

基本的に、ファクタリングの利用が利用者から外部に漏れることは多くありません。

しかし、バレる場合は9割がファクタリング会社からの情報漏洩であると考えられます。

そのため、信頼性や実績をもとに手数料などの要素を加味して乗り換えをすることが大切だということです。

ファクタリングの乗り換えであれば、乗り換えを専門に扱っているのりかえプラスの利用がお勧めですので、ぜひ一度問い合わせしてみてください。

ファクタリングの乗り換えなら

のりかえプラス

まとめ:安全なファクタリングの乗り換えを実現するために

ファクタリング会社を乗り換えることで、条件よく契約ができるようになるケースも多々あります。

乗り換えを検討する際には、十分な検討と計画が必要ですが、新しい業者の選定や移行の計画を慎重に行うことで条件を良化して契約をすることができます。

新しいファクタリング業者の安定性や信頼性を確認し、信頼できるパートナーを選び、安定した取引環境を確保することで、バレを防ぎながら安全に乗り換えを実現することができます。

現在の手数料や買取額を少しでもよくしたい場合、乗り換えも検討してみてください。

ファクタリングの乗り換えがバレる:よくあるQ&A

ファクタリングの乗り換えはバレますか?
基本的にバレることはありません。例外に、どこからか利用情報が漏れてしまう場合があるため、注意するようにしましょう。
ファクタリングの乗り換えは違法ですか?
ファクタリング会社の乗り換えは違法ではありません。条件をよくすることができることが多くありますので、積極的に乗り換えを検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA