【最新】クラウドファクタリングとは?オススメ業者やメリット・デメリットを徹底解説!

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

クラウドファクタリングとは通常のファクタリングとは違い、ネットだけで完結するファクタリングサービスです。

簡単に言い換えると、来店不要のファクタリングということ。

最近では、多くの会社でクラウドファクタリングを取り入れておりますので、ファクタリングのオススメ会社17選もぜひ参考にしてみてください。

クラウドファクタリングなら

OLTAを見てみる

クラウドファクタリングとは?

クラウドファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社へ売却する際に、ネット完結(面談不要)で審査申し込みから契約、入金までを行えるサービスです。

近年、WEB完結型のオンラインファクタリングが流行してきたため、OLTA株式会社が2017年に「クラウドファクタリング」という商品・サービスに関する商標登録を行っています。

「クラウドファクタリング」OLTA株式会社の商標登録について

クラウドファクタリングという名前で商品・サービスを他のファクタリング会社が使用することはできません。

しかし、一般的なオンライン完結型(来店不要)のファクタリングと比較したときに、クラウドファクタリングと違うのは必要書類や手数料、その他審査に関わる事項だけであるということを覚えておきましょう。

また、クラウドファクタリングの場合、ほとんどが2社間ファクタリングとなり、3社間ファクタリングんで、クラウドファクタリングに対応している会社は少ないということも合わせて覚えておきましょう。

クラウドファクタリングと従来のファクタリングとの違い

クラウドファクタリングと従来のファクタリングの1番の違いは申し込みから契約までネットで完結するのか、しないのかです。

簡単早見表クラウドファクタリング従来のファクタリング
審査書類の提出方法・WEBフォームで提出
・メールで提出
・LINEで提出
・請求書や取引がわかる証明書類を店舗へ持参
・郵送
審査結果の通知電話、メール等での結果通知電話での通知後、対面で説明
契約クラウド利用のため、オンライン完結対面、もしくは郵送で契約書面で契約
かかる日数最短即日3日〜1週間程度

元々、日本で最初に始まったファクタリングは、契約者が必ずファクタリング業者と対面で契約することが必要でした。

しかし、技術の進歩とともに、オフラインだけではなく、オンラインで契約までできるファクタリング業者が現れ、現在では、クラウドファクタリング(オンライン完結型)のファクタリングが主流となってきています。

クラウドファクタリング(オンライン完結ファクタリング)の業者厳選10社紹介

クラウドファクタリング(オンライン完結)を行っている会社は多く存在しますが、その中でも、実績や信用がある会社を厳選10社紹介していきます。

業者比較表入金速度手数料公式サイト評判・口コミ
1.OTLA最短即日2%〜https://www.olta.co.jp/レビュー見る
2.ビートレーディング最短2時間2%〜https://betrading.jp/レビュー見る
3.日本中小企業金融サポート最短3時間1.5%〜10%https://chushokigyo-support.or.jp/レビュー見る
4.アクセルファクター最短即日2%〜https://accelfacter.co.jp/レビュー見る
5.えんナビ最短即日5%〜https://ennavi.tokyo/レビュー見る
6.QuQuMo最短1時間1%〜https://ququmo.com/レビュー見る
7.ペイトナー最短10分一律10%https://paytner.co.jp/レビュー見る
8.labol最短1時間一律10%https://labol.co.jp/レビュー見る
9.PAYTODAY最短30分1%〜9.5%https://paytoday.jp/レビュー見る
10.GoodPlus最短2時間5%〜https://goodplus-service.co.jp/レビュー見る

一覧では、入金までの最短と手数料について上げさせていただきましたが、あくまで一番安い、良い条件での契約になります。

そのため、目安としては、手数料は10%前後入金は契約日の翌日以降になる場合が高いということを覚えておきましょう。

土日祝日のファクタリング利用の場合は 、土日祝日にも営業しているGoodPluslabolに依頼するようにしましょう。

また、見積もり依頼をする際には、必ずクラウドファクタリングのメリットを活かし、相見積もりを3社以上取ることがオススメです。

相見積もりをすることで、買取額や手数料が一番いい会社で契約することが可能になりますので、必ず行うようにしましょう。

クラウドファクタリングの問題点とデメリット3選

クラウドファクタリングは便利な反面、問題点も存在しているため、必ず確認するようにしましょう。

対面型に比べ審査が厳しい

クラウドファクタリングは、従来の対面でのファクタリングに比べ、審査が厳しくなる傾向にあります。

対面の場合に比べ、書類のみで審査を進めるため、ファクタリング会社のリスクが高くなり、結果として審査も厳しくなってしまいます。

また、二重譲渡のトラブル等が過去に発生していたこともあり、従来の対面でのファクタリングに比べ、審査が厳しくなるということを覚えておきましょう。

手数料が高くなる可能性がある

審査が厳しくなることと同様にクラウドファクタリングの場合、手数料が高くなる場合もあります。

一方で、オンライン完結の場合、人件費やその他経費がなくなることから安くなる場合もございますので、手数料に関しては相見積もりで安いところを探しましょう。

そうすることで、無駄なコストをかけずに済ませることができます。

違法業者との取引リスクがある

クラウドファクタリングの場合、ファクタリング会社の存在を把握するためには、HPや電話等で確認を行います。

ただ一方で、ホームページを用意していない会社も少なからずあるため、相手がしっかりとした業者であるかどうかの判断が付きづらくなってしまうケースもあります。

ファクタリングでは、手数料の制限等が設けられていないため、違法業社も中には存在しています。

そのため、しっかりと見極めるために、ホームページがある会社、かつ本日ご紹介した信用できる会社に依頼をするようにしてください。

クラウドファクタリングが向いてる人とメリット3選

クラウドファクタリングが向いている人は、少しでも早く資金調達がしたい人

オンライン完結であるため、審査から契約までの手続きがスムーズで、入金も早ければ即日対応してもらえます。

手続きに手間がかからない

クラウドファクタリングのメリット1つ目は審査申し込みから契約までクラウド(オンライン)完結での取引になるため、書類の郵送や押印等の手間がかからないこと。

従来のファクタリングであれば、郵送でのやり取りや、書類への押印等、少なからず労力がかかっていました。

そのため、クラウド完結で契約までできることはメリットの1つであると言えます。

申し込みから資金調達できるまで早い

クラウドファクタリングのメリット2つ目は申し込みから資金調達までが早いということ。

従来のファクタリングであれば、審査書類等、郵送を含めると契約までに最低でも1週間前後かかってしまいます。

一方で、クラウドファクタリングの場合は審査申し込みから契約、入金までは最短即日で可能となり、急な資金調達にも対応することができます。

そのため、資金調達まで早いということはクラウドファクタリングのメリットであると言えます。

郵送費等無駄なコストがかからない

クラウドファクタリングのメリット3つ目は無駄なコストがかからないということです。

従来のファクタリングであれば、郵送費や出張費等、契約に付随するコストがかかってしまっておりましたが、クラウドファクタリングであれば、手数料以外のコストは基本的にかかりません。(一部対象外あり)

そのため、余計なコストを削減したい方にとっても、クラウドファクタリングは資金調達の手段として、素晴らしいものであるといえます。

クラウドファクタリングまとめ

クラウドファクタリングとは、来店不要かつで来店不要なファクタリング。

従来のファクタリングに比べ、手続きまでがスムーズな一方、オンラインだからこそ、利用者がファクタリング業者を対面で確認することができない点がデメリットとなります。

現在では従来のファクタリングの仕組みも残ってはいますが、ほとんどの会社がクラウドファクタリングへと変わってきているため、クラウドファクタリングを一度利用してみるのも良いと思います。

二社間ファクタリングのみで、三社間ファクタリングに対応していない会社も多いため、注意しましょう。

利用する際には必ず他社との相見積もりを取得した上で、契約条件等を確認し、契約するようにしましょう。

クラウドファクタリングのよくある質問

クラウドファクタリングとはなんですか?
クラウドファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社へ売却する際に、ネット完結(面談不要)で審査申し込みから契約、入金までを行えるサービスです。
クラウドファクタリングとOLTAは何の関係があるんですか?
OLTA株式会社が2017年に「クラウドファクタリング」という商品・サービスに関する商標登録を行っていることが関連があることがわかっています。
クラウドファクタリングのオススメはどこですか?
クラウドファクタリングといえば、OLTA株式会社がオススメです。
そのほか、ビートレーディングやペイトナーファクタリングもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA