ビートレーディングの評判・口コミ!メリット9選と審査通過のコツ5選も徹底解説

ビートレーディング 評判・口コミ

資金調達メディアが紹介するサービスの一部には広告を含んでおり、当サイトを経由してサービスへの申し込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、ユーザーの利益を第一に考え客観的な視点でサービスを評価しており、当サイト内のオススメやサービスの評価に関して影響を及ぼすことはございません。

この記事はこんな人にオススメです。

必見な人
  • ビートレーディングの評判が気になる人
  • 資金繰りが厳しく、すぐにお金が必要な人
  • 審査について知りたい人

この記事ではこんな悩みを解決できます。

記事を書くにあたって私は、ビートレーディングについて徹底的に調査し、分からない点は同社に問い合わせもしています。

本記事の結論をお伝えします。

ビートレーディングまとめ
  • 累計取引高1,1170億円越えの大手ファクタリング会社
  • 取引会社は5.2万社超えと実績十分
  • 2社間ファクタリングが可能で取引先にバレない

ビートレーディングは申し込みから最短2時間で資金調達ができるので、1日も早く運転資金を手に入れたいあなたにぴったりのサービスです。

審査に落ちる原因など重要な点も解説しているので、必ず最後まで記事を読んでくださいね。

土日祝日、急遽資金調達が必要になった方はこちらをご確認ください。

ビートレーディングとはファクタリング専門の会社

画像引用元:ビートレーディング

会社概要

ビートレーディングはファクタリング専門の会社で、2012年に設立されました。

会社名株式会社ビートレーディング
代表者代表取締役会長 鈴木 秀典代表取締役社長 佐々木 英世
本社所在地〒105-0012東京都港区芝大門一丁目2-18野依ビル3階・4階
支店・東京本社・仙台支店・名古屋支店・大阪支店・福岡支店
資本金7,000万円
事業内容ファクタリング事業コンサルティング事業
公式サイトhttps://betrading.jp/

ビートレーディングは「ファクタリングのパイオニア」としてお客様に寄り添ったサービスを提供しています。審査スピードが速く、申し込みから最短2時間での資金調達ができます。

LINEで気軽に相談もできるので、ぜひ一度問い合わせしてみてください。

ラインでの相談はこちらから

ビートレーディングに相談してみる

ファクタリングとは

ファクタリングは売掛債権(商品やサービスの代金を受け取る権利)を買い取ることで、早期に資金調達ができる金融サービスです。

ファクタリングには次の2種類があります。

2社間ファクタリング利用者(あなた)ビートレーディング2社間で行うものです。

メリット
  • 売掛先にファクタリングを利用したことをバレない
  • 資金化までスピーディ
デメリット
  • 3社間ファクタリングに比べ、手数料が割高なこと

二社間ファクタリングに関する詳しい記事はこちらを参照ください。

一方で3社間ファクタリング利用者ビートレーディング、そして売掛先3社間の合意のもと行います。

メリット
  • 手数料が割安
  • 2社間よりも扱える売掛債権の幅が広い
デメリット
  • 売掛先にファクタリング利用を知られる
  • 2社間より資金化に時間がかかる

三社間ファクタリングの詳しい内容についてはこちらを参照ください。

ビートレーディングは専任のオペレーターが親身になって相談に乗ってくれます。初めてでも安心して使える環境が整っていますので、一度気軽に相談してみてください。

ビートレーディングの評判・口コミ

ここではビートレーディングのネットでの評判・口コミを紹介します。

ミスマッチがないようにぜひ参考にしてください。

“複数の業者に問い合わせしましたが、対応の良さでビートレーディングさんを選びました。

入金までの流れも早く、依頼してよかったです。

Google口コミより引用

こんなに簡単に資金を調達できる方法があるなんて全然知らなかった。対応面も凄く良かったし、資金繰りに困ってる知人も多いのでオススメしようと思う。

Google口コミより引用

業界のパイオニアであるからこそ、初めての利用に特に利用されていることが多いようです。

また、初めてのでの利用でも対応面が良いと言うのは安心して利用することができます。

資金繰りが厳しい時に、知人に紹介してもらいました。

ファクタリングの知識は全くありませんでしたが、丁寧に説明してくれて分かりやすかったです。

おかげさまで何とか乗り切る事ができました。

Google口コミより引用

ファクタリングを初めて利用するという方は知識がない方も多いのではないでしょうか?

その中でも、しっかりと説明してもらいながら進められるのはメリットの1つであると言えます。

業種的に売掛金の入金サイトが長いため、定期的に依頼してます。

全てを買い取ってはもらえませんがいつも納得の金額です。

Google口コミより引用

ビートレーディングの手数料は業界最安水準の2%からとなっており、利用者にも納得した上でサービスを利用できるようにされております。

他社よりも安い手数料を提示してくれる可能性もありますので、相見積もりでも依頼をかけてみましょう。

大手なので丁寧で対応も早かったが、審査が厳しかった。

Google口コミより引用

大手になると、少額債券には消極的になる場合があります。

そのため、債権額が低い小規模事業者や取引先ができて間もない企業だと信用力に欠け、審査に落ちてしまう場合もあるようです。

“個人情報をかなり聞き出してきます。

今の所どこにも迷惑はかかってないのでいいですが。

結構不安になります。

必要書類が2点というのは嘘で追加で何点か要求されます。

対応は悪くないですが、担当者さんの話がわかりづらいです。

こちらの弱みを握りたいからだとは思いますが、色々聞かれるので1歩引いた形で話したほうがいいです。

あと手数料は高いです。”

Google口コミより引用

ファクタリングに関しては、どこも個人の信用や取引先の信用情報をもとに審査をしているため、個人情報を聞いてきます。

ただ、逆に考えると、個人情報を聞き出すと言うことは審査が通る可能性があるとのことですので、必ず真摯に対応するようにしましょう。

ファクタリングは利用者よりも売掛先の業績や信用を見て審査しているので、気になる点があれば追加で資料の提出をお願いされることもあります。

ファクタリングは銀行融資と比べて手数料が割高ですが、ビートレーディングは最低手数料が2%からとファクタリング会社の中では安いです。

即日で資金化できるのはファクタリングの大きなメリットです。何週間も銀行の審査を待てない人は、ビートレーディングのファクタリングをおすすめします。

ビートレーディングのメリット9選

ここではビートレーディングのメリット9選を紹介します。

1.最短2時間で資金調達できる

ビートレーディングでは申し込みから最短2時間で資金調達できます。

ファクタリングは銀行融資と違い、担保も保証人も不要なので審査スピードが速いです。売掛先の業績や信用が良好なら最短2時間で資金調達できます。

銀行とビートレーディングの違いを見てみましょう。

必要書類審査にかかる時間
銀行融資・決算書・試算表・事業計画書・資金繰り表・印鑑証明書・登記簿謄本1週間〜2週間新規の場合1ヶ月ほど
ビートレーディング・通帳のコピー(2ヶ月分)・請求書最短2時間

書類の少なさと審査スピードは一目瞭然ですね。

もし資金繰りが急に悪化した場合は、最短2時間で調達できるビートレーディングに相談してみましょう。

2.審査通過率が98%と高い

ビートレーディングは売掛先の業績や信用を元に審査しているので、利用者が多少の赤字や※債務超過でも資金調達ができます。

※債務超過・・・資産よりも負債が多いこと

ファクタリングの審査は売掛金を最終的に回収できるかどうかを見ているので、利用者の業績や財務状況は審査しません。

売掛先の信用度が高ければすぐ資金調達できるので、利用者が赤字・債務超過の企業でも審査に通りやすいです。

3.最低手数料は2%

ビートレーディングの最低手数料は2%です。大手のファクタリング会社と比べても遜色ない水準です。

ファクタリング会社最低手数料
ビートレーディング2.0%〜
日本中小企業金融サポート機構1.5%〜
アクセルファクター2.0%〜
OLTA(オルタ)2.0%〜

手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで相場が異なります。3社間ファクタリングのほうが手数料は安いです。

・3社間ファクタリングの手数料相場 2〜9%

・2社間ファクタリングの手数料相場 8〜18%

ビートレーディング調べ

手数料は売掛先の業績やファクタリングを利用する条件によって変動します。

手数料を少しでも抑えたいなら以下の4点を意識してみてください。

  • 業績が良い売掛先を選ぶ
  • 3社間ファクタリングを利用する
  • 金額が大きい売掛金にする
  • 回収までの期間が短い売掛金にする

ビートレーディングの最低手数料は2%と大手のファクタリング会社の中でも遜色ないレベルです。ぜひ、一度見積もり相談してみてください。

4.受注時点でもファクタリングを利用できる

ビートレーディングでは仕事を受注した段階で資金化ができる「注文書ファクタリング」を利用できます

通常のファクタリングは全ての仕事が終わないと利用できません。そのため本当に必要な時にお金を借りられないのが現状です。

ビートレーディングは1日でも早く資金が欲しいニーズに応えるべく「注文書ファクタリング」を始めました。この取組みは日経新聞でも紹介されています。

請求書があれば審査ができるので、より急ぎで資金が必要な場合は「注文書ファクタリング」がおすすめです。

5.売掛先にバレずに資金調達できる

2社間ファクタリングを利用すると、売掛先にバレることなく資金調達ができます。

2社間ファクタリングは利用者とビートレーディングとの契約になるので、売掛先に知らせる必要がないからです。

ファクタリングを利用したことを知られると「業績が悪化したのでは?」「資金繰りが大変なのかな」と要らぬ心配をかけるリスクがありますよね。

売掛先にバレたくなければ、2社間ファクタリングがおすすめです。

6.必要書類はたったの2点だけ

ビートレーディングの審査で必要な書類は以下の2点です。

①売掛先からの入金がわかる通帳のコピー

②売掛債権に関する書類(請求書、契約書、発注書など)

資料提出から最短30分で買取金額を知らせてくれます。

ただ売掛先の業績・信用によっては追加で書類をお願いされることがあるのでご承知ください。

7.オンライン完結で契約できる

ビートレーディングは見積もりから最後の契約までオンラインで手続きできます。

書類の提出もオンライン上でできますよ。

ビートレーディングでは他にも来店契約と訪問契約ができますが、短時間で済ませたいならオンラインがおすすめです。

8.調達額は無制限

ビートレーディングのファクタリングの調達額に上限はありません。

保有している売掛債権の金額まで買取りができます。

実際にビートレーディングでは※7億円の売掛債権を買い取った実績があります。※ビートレーディング公式サイト参照

全てのファクタリング会社が大型のファクタリングに対応していないので、この点は魅力的です。

ビートレーディングでは少額の売上債権をまとめて買取りもしています。

大きな金額を調達したい場合に、ビートレーディングはおすすめです。

9.取扱い件数は52,000件と業界トップクラス

ビートレーディングは累計取引額1,170億円、取引実績は52,000社を誇り、その実績はトップクラスです。

ファクタリング会社累計取引額取引件数
ビートレーディング1,170億円52,000社
OLTA(オルタ)1,000億円10,000社
日本中小企業金融サポート機構110億円4,800社
アクセルファクター350億円11,000社
2023年12月時点

ビートレーディングが豊富な実績を残せたのは6つのサービスを徹底してきたからです。

  • 法令遵守
  • 徹底した個人情報の管理
  • お客様に合わせたサービスの提供
  • 契約内容の遵守
  • 日本全国どこでも対応
  • 適切な社内環境の整備(社員教育・コンプラなど)

実績が十分あるファクタリング会社を利用したい人は、ビートレーディングがおすすめです。

相談無料

ビートレーディングに相談してみる

ビートレーディングのデメリット3選

ここではビートレーディングのデメリットを3つ紹介します。

1.給与ファクタリングができない

ビートレーディングでは給与ファクタリングはできません。

給与ファクタリングは一般的に違法とされています。例外として金融庁に登録を受けた正規の貸金業者しか給料債権を取り扱うことができません。

出典:警視庁「無登録の給与ファクタリング業者に注意!」

給与ファクタリングとは給与をもらえる権利を手数料を支払って買い取ってもらい、早期に現金化する仕組みのことです。

給与ファクタリングは利用者の依存性が高く、悪質な業者も多いです。 他社で利用するにしても金融庁で貸金業の登録を受けているか確認しましょう。

一部の企業では福利厚生として給与の前払いサービスを行っているところもあるので、お勤めの会社に確認するのも良いかもしれません。

ビートレーディングは貸金業者ではないので、給与ファクタリングを利用できません。

2.少額利用の場合、手数料が高い場合がある

ビートレーディングは3万円からファクタリングを利用できますが、少額の場合手数料が割高になることがあります。

手数料に一定の基準があり、少額利用の場合にはどうしても手数料が高くなります。

ビートレーディングは少額の売掛債権をまとめて買取りできるので、利用する場合はある程度まとまった金額にしましょう。

3.対面相談できるのは全国で5店舗しかない

ビートレーディングの有人店舗は全国で5ヵ所しかないので、対面で相談したい人は不便かもしれません。

店舗一覧

店舗名所在地連絡先
東京本社東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階03-6450-1604
仙台支店宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-7 三共仙台ビル3階022-796-0892
名古屋支店愛知県名古屋市中区栄二丁目4-1 広小路栄ビルディング5階052-228-3616
大阪支店大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル9階06-6130-0818
福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目1-33はかた近代ビル8階092-292-2220
2023年12月時点

対面で相談・手続きしたい場合はいずれかの店舗に行く必要があります。場合によって専任担当者が訪問してくれることもあるので、まずは相談してみてください。

ビートレーディングで資金調達する3ステップ

ビートレーディングは次の3ステップで始められます。

問い合わせする

まずは問い合わせして無料で見積もりをしてみましょう。

見積もり方法は以下の4つの方法から選んでください。

見積もりにあたってファクタリングの説明をしたり、調達希望日や調達など簡単なヒアリングを行います。

その後必要な書類の案内をされますよ。

必要書類を提出する

ビートレーディングの審査には次の2点の書類が必要です。

①売掛先からの入金がわかる通帳のコピー

②売掛債権に関する書類(請求書、契約書、発注書など)

ただし、売掛債権の内容によって追加で資料の提出を求められたり、ヒアリングをされる可能性があります。

書類の提出は

のいずれかの方法です。

書類の提出後最短30分で買取額の提示があります。見積もり内容に納得したら次は契約です。

契約する

ビートレーディングではオンライン、来店、訪問のいずれかの方法で契約ができます。

契約締結後は即日振込がされますが、契約した時間が17:00以降の場合、入金されるのは翌営業日です。

その日のうちに資金調達したい場合には、午前中〜正午にかけて契約しておくのがおすすめですよ。

ビートレーディングで審査落ちする原因5選

ここでは審査に落ちる原因を5つ紹介します。

初めての利用で審査に不安がある方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

1.売掛先が新規取引先

売掛先が新規取引先だと、審査に落ちる可能性が高くなります。

過去に取引が全くない新規先は、売掛債権の存在そのものが疑われてしまうからです。

実際に利用者と売掛先が悪巧みをして請求書をねつ造し、ファクタリング会社を騙した事例がありました。ファクタリング会社は架空の売掛債権に対してかなり警戒しています。

出典:株式会社NO.1「ファクタリングの不正利用により裁判にまで発展した例」

ファクタリングを利用する場合は、ある程度取引実績がある売掛先を選びましょう。

2.売掛先がフリーランスや個人事業主

売掛先がフリーランスや個人事業主の場合は、法人と比べ審査に通るのが難しいです。

フリーランスや個人事業主は事業の規模が小さく、売掛金の回収リスクが高いからです。法人に比べると経営体力も劣りますし、信用情報の調査も難しいです。

例え業績が好調でも、業態がフリーランス・個人事業主なだけで審査に落ちてしまうこともあります。

ファクタリングの審査で重要視されているのは、売掛先の経営状態と信用です。審査に通りやすくするために、信用力の高い法人の売掛先を選ぶようにしましょう。

3.売掛金の回収までの期間が長い

売掛金が入金されるまでの期間が長いと、審査に落ちる可能性が高くなります。

なぜなら売掛金が入金されるまでの期間が長いと、ファクタリング会社は様々なリスクを背負うからです。

①災害や国際情勢による経営悪化

②社内のトラブルによる経営悪化

③売掛先に支払う余裕がない

売掛債権は入金されるまでの期間が長ければ長いほど、回収できないリスクが高いです。

リスクの分だけ審査落ちしやすくなり、審査に通ったとしてもファクタリング会社に支払う手数料が高くなります。

入金されるまでの期間は業種によって異なりますが、30日〜60日間が一般的とされ、120日間を超えると審査は難しくなるでしょう。

審査に出す請求書は入金までの期間が極力短いものにしましょう。

4.二重譲渡の疑いがある

売掛債権の二重譲渡は審査落ちどころか犯罪になりますので、絶対にしないでください。

二重譲渡とは1つの売掛債権を2つ以上のファクタリング会社に売却することです。

例えば「A社の売掛金100万円を甲社と乙社に同時に売却することで、2社から合計200万円受け取る」ような場合が当てはまります。

悪意がなくても「審査に通るか心配だから」という理由で複数のファクタリング会社に審査を出す場合も二重譲渡です。

ただし複数の売掛債権を別のファクタリング会社に買い取ってもらうことは、全く問題ありません。

売掛金A→〇〇社

売掛金B→▲▲社

売掛金C→◇◇社

二重譲渡の疑いがある売掛債権は審査落ちの可能性が高いので気をつけましょう。

5.利用者に問題がある

ファクタリングは利用者に問題があると審査に落ちることがあります。例えば以下のような人です。

・人柄が不誠実

・書類の提出に応じない

・ヒアリングした内容に答えない

ファクタリングのメリットは利用者の業績が赤字・債務超過であっても、売掛先の業績が良好なら審査に通りやすいことです。しかし、今後の取引でトラブルになりそうな利用者は、売掛先がどんなに業績が良くても取引を断られます。

電話での問い合わせの場合でも、人柄を見られているので、丁寧に対応しましょう。

審査時にヒアリングや書類の提出を求められた場合は、誠実に対応し信頼関係を作りましょう。審査する側も人間ということを忘れてはいけません。

ファクタリングと銀行融資の違い

A.ファクタリングと銀行融資の違いを一覧表にしてみました。

ファクタリング銀行融資
調達金額売掛金の金額まで企業の業績・規模による
返済期間30日〜120日ほど6ヶ月〜15年ほど
返済方法一括一括または分割
必要な費用手数料金利・手数料
審査期間数時間〜1日1週間〜1ヶ月
審査対象売掛先借りる人・企業
審査の難易度低い高い

まとめ

ビートレーディングはファクタリングのパイオニアと言われる大手ファクタリング会社です。

資金調達をしたい、売掛金を買い取ってもらい、少しでもキャッシュフローを改善したいという方にはとてもおすすめなファクタリング会社です。

是非一度、お問合せをして見ましょう。

相談無料

ビートレーディングに相談してみる

ビートレーディングのよくある質問

ビートレーディングに関してよくある質問をまとめました。最後に疑問点を解消してくださいね。

個人事業主でも利用できるか
個人事業主でもファクタリングは利用できます。
審査も法人の場合同様、売掛先の業績や信用を重要視しています。場合によっては確定申告書や開業届の提出を求められることもあります。

利用にあたっては以下の3点に注意してください。
・※売却できる売掛債権か
・売掛先の信用力は十分か
・売掛先がフリーランスや個人事業主ではないか

※売却できる売掛債権・・・入金が確定している債権、行政に対する債権、サービスを提供する前の将来債権、診療報酬債権など
個人事業主でもファクタリングは利用できます。まずはビートレーディングで気軽に相談してみてください。
決算が赤字だがファクタリングを利用できる?
決算が赤字でも売掛先の業績・信用が良好なら利用できます。
ファクタリング会社はあくまで売掛金が入金されれば問題ないので、利用者の財務状況は審査にさほど影響はありません。

ファクタリングは売掛金を早期に資金化できるので、※入金サイトが早くなり資金繰りを改善できます。
※入金サイト・・・取引代金の締め日から実際に入金されるまでの期間

請求書や通帳のコピーがあれば審査可能ですので、一度相談してみましょう。
どんな売掛金を買い取ってくれるか
ファクタリングの審査に出す売掛債権は以下のものがおすすめです。
・業績・信用度が高い売掛債権
・入金までの期間が短い売掛債権
・※譲渡禁止特約が付いていない売掛債権

※譲渡禁止特約・・・売掛先の同意を得ずに売掛債権の譲渡を禁止する特約

2020年4月1日の改正民法により譲渡禁止特約が付いた売掛債権でも譲渡ができるようになりました。しかし譲渡禁止特約が付いていることをファクタリング会社が知った上で買い取った場合には、売掛先から支払いを拒絶される危険性があります。
出典:経済産業省「債権法改正により資金調達が円滑になります」

売却する売掛債権は譲渡禁止特約が付いていないものにしましょう。
納品前の売掛金でも買い取ってくれるか?
ビートレーディングでは納品前の売掛債権でも買い取る「注文書ファクタリング」が利用可能です。

仕事を受注したタイミングで売掛債権を売却できるので、通常のファクタリングよりも早く資金化できます。
審査の時には請求書の代わりに注文書(発注書)を用意しましょう。

1日も早く資金が必要な場合には、ぜひ「注文書ファクタリング」を利用してみてください。
売掛先にファクタリングを知られない方法は?
2社間ファクタリングを利用することで売掛先に知られることなく資金調達ができます。
2社間ファクタリングを利用すると3つのメリットがあります。
・売掛先に知られない
・資金化までのスピードが速い
・※償還請求権が発生しない

※償還請求権・・・売掛先が倒産した時にファクタリング会社が利用者にお金の請求をすること

「売掛先の了承を得るのが難しい」「売掛先に無用な心配をされたくない」そういった場合は2社間ファクタリングがおすすめです。
ファクタリングと銀行融資の違いは?
最も大きな違いは資金化できるまでの期間です。
ファクタリングは申し込みから最短2時間で資金化できます。
1日も早く資金調達したい人ににファクタリングはおすすめです。
ファクタリングは違法じゃないの?
ファクタリングは違法ではありません。合法です。
理由は2つ
・民法466条に「債権は売り渡すことができる」と記載してる
・円滑な資金調達を実現するための法改正がされた
出典:神戸合同法律事務所「債権の譲渡性」
出典:経済産業省「債権法改正により資金調達が円滑になります」

ファクタリングは法律で認められているのがわかりますね。
経済産業省は中小企業が円滑に資金調達できるようファクタリングを推奨しています。

ファクタリングは合法な資金調達方法ですので、安心して利用して大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA