OLTAの審査落ちする原因7選と厳しい審査を通過するコツも解説!

ファクタリングサービスを提供するOLTAの審査は厳しいという口コミ・評判は本当でしょうか?

この記事ではOLTAの審査落ちしてしまう原因7選と厳しい理由についても解説していきます。

最後まで読めば、OLTAについて理解できますので、ぜひ最後までご覧ください。

また、OLTAの評判クラウドファクタリングについて知りたい人はこちらをご確認ください。

ファクタリングなら

ビートレーディングに相談する

OLTAに審査落ちしてしまう理由7選

OLTAの審査に落ちてしまう理由は様々ですが、9割ほどの人は、今回紹介する理由で審査落ちしていることが考えられます。

審査落ちを避けるためにも一緒に確認していきましょう。

①開業届を出していない

OLTAで審査落ちしてしまう理由の1つ目は「開業届を出していない」ことです。

OLTAでは審査時の必要書類として、個人事業主の場合、開業届が必要になります。

※初年度で決算や確定申告が未だの場合の書類は以下です。

法人:残高試算表(貸借対照表と損益計算書)  

個人事業主:収受印付きの開業届

そのため、開業届を提出していない、フリーランスや副業での収入をファクタリングで資金調達しようとしている方は審査に落ちてしまいます。

他のファクタリング会社でも個人事業主の場合、開業届が必要という会社も多いですので、必ず必要書類を確認した上で、審査に申し込むようにしましょう。

②創業4ヶ月以内である

OLTAで審査落ちしてしまう理由の2つ目は「創業4ヶ月以内である」ことです。

OLTAでは、すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4カ月分の入出金明細が審査時点で必要になります。

すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4カ月分の入出金明細(通帳) 

(お申込み月の4カ月前の1日から前月末までの計4カ月分の履歴が必要です)

開業して間もない、もしくは企業してから間もない事業者の場合、そもそも審査をしてくれない場合があります。

そのため、必ず4ヶ月を経過した上で、申し込むようにしてください。

※4ヶ月以内の場合でも、審査をしてもらえる可能性も0ではないため、一度電話にて確認してみるのもオススメです。

③書類不備がある

OLTAで審査落ちしてしまう理由の3つ目は「書類不備がある」ということです。

OLTAの審査では下記4つの書類の提出が必要になります。

  1. 本人確認書類
  2. 請求書
  3. すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4カ月分の入出金明細(通帳)
  4. 法人の場合:昨年度の決算書(勘定科目内訳明細全ページ含む)

個人事業主の場合:税務署の収受印付き確定申告書B第一表

※電子申告の場合は、確定申告書および電子申告時の送信票(受付日時、受付番号記載)

しかし、会社や申し込み人の属性によっては追加で書類の提出を求められることも多々あります。

そもそもの書類の提出に不備がある場合は審査落ちの原因になりますが、追加書類を求められた際に提出できず審査落ちになる方も少なくありません。

そのため、業績や取引先との履歴がわかる書類は手元に用意しておくようにしてください。

④取引先の信用情報が悪い

OLTAで審査落ちしてしまう理由の4つ目は「取引先の信用情報が悪い」ということです。

OLTAのクラウドファクタリングでは、AIを活用して審査が実施されます。

その中で、OLTAでは担保や保証人は不要で契約をするため、取引先の信用情報が3社間ファクタリングなどに比べ、より厳しくなります。

企業の信用情報を調べる方法はいくつか方法がありますが、OLTAのAIにも自動的に信用情報を取り込む機能が備わっていることが想定でき、取引先の信用情報が悪いと、審査落ちしてう原因となります。

そのため、審査に申し込む際には必ず、信用度が高い取引先への売掛金で審査に入れるようにしてください。

そうすれば、審査落ちする確率を減らすことができます。

⑤申し込み本人の信用情報が悪い

OLTAで審査落ちしてしまう理由の5つ目は「申し込み本人の信用情報が悪い」ということです。

OLTAではファクタリングを利用したことが個人の信用情報や決算には残らないのも1つの特徴ですが、逆にいうと、個人の信用情報も少なからずみられている可能性があります。

特にファクタリングでは二重譲渡や詐欺が起こることもあるため、申し込み人本人の信用情報も必ず確認されます。

ファクタリングではブラックな人でも利用できる資金調達方法として認知されていますが、何も制約がないホワイトな人に比べると、圧倒的に審査に落ちやすくなるということも頭に入れておきましょう。

⑥請求書内容に不備がある

OLTAで審査落ちしてしまう理由の6つ目は「請求書内容に不備がある」ということです。

ほとんどの人が見落としがちな点ですが、請求書の内容に不備がある場合も審査落ちの原因となります。

例えば、請求日の期日が審査時点で伝えていた日数と違うと、虚偽と疑われてしまったり、AIで弾かれてしまう可能性もあります。

ファクタリングでは、請求書の支払い期日はしっかりと確認されていること、またインボイス制度の導入などもあり、請求書の作成が厳しくなっていることもあり、請求書も国の制度に従って作成する必要があります。

取引先には通っていた請求書がOLTAでは不備と見なされる場合もありますので、必ず的確に請求書を作成するようにしてください。

⑦OLTAからの依頼に対して対応が悪い

OLTAで審査落ちしてしまう理由の7つ目は「OLTAからの依頼に対して対応が悪い」ということです。

OLTAでは申し込み前の確認の段階で、

  1. 事業形態(法人or個人)
  2. 今回の調達希望額
  3. 債券売却済みかどうか
  4. 必要書類の確認

上記4点で確認することができます。

少ない確認項目であるが故に、メールや電話で確認の連絡が申し込み人本人に行く場合もあります。

その場合、OLTAからの質問に対して、真っ当に答えることをしていないと、審査に落とされてしまう可能性があります。

ほとんどのファクタリング事業者が手を抜きがちですが、審査落ちしたくないなら相手からの質問へは真摯に対応するように心がけてください。

OLTAの審査が厳しい理由3選(使ってみた)

それぞれ解説していきますので、一緒に確認していきましょう。

①審査結果落ちの理由がわからない

OLTAの審査が厳しいと感じる理由1つ目は「審査結果落ちの理由がわからない」ということです。

OLTAでは審査の結果通知を行う際、審査落ちした方に関しては、理由は明記されず通知が行きます。

そのため、「なぜ審査に落とされたのか?」「何がいけなかったのか?」が不明確なまま諦めてしまうことになります。

審査落ちの理由がわからないことから、OLTAの審査が厳しいのではないかという疑問へと繋がっていることが原因の1つと挙げられます。

②AIだけではなく最終的には人が判断している

OLTAの審査が厳しいと感じる理由2つ目は「AIだけではなく最終的には人が判断している」ということです。

OLTAは業界初のクラウドファクタリング(AIファクタリング)を導入した企業として有名ですが、AIでの審査は最初の仮審査で、最終的な判断は人によって行われていると想定できます。

そのため、申し込みの段階で審査に通る可能性があると診断されたとしても、最終的には審査落ちをしてしまったという方も中にはいます。

また、AIの審査だからこそ、情報に不明確なものが1つでも存在すると審査落ちにつながってしまうため、AIと人のダブルチェックが入るということを必ず頭の片隅に入れておきましょう。

③2社間ファクタリングのみの対応のため

OLTAの審査が厳しいと感じる理由3つ目は「2社間ファクタリングのみの対応のため」ということです。

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」が存在します。

3社間ファクタリングでは、取引先にも通知や確認の連絡を取ることができますが、2社間ファクタリングの場合、取引先に対して、確認をすることができません。

そのため、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べ、審査が厳しくなる傾向にあります。

2社間ファクタリングのみに対応しているという点はOLTAの審査が厳しいと感じられる理由の1つであると言えます。

OLTAの審査に通るか心配な人は相見積がオススメ

OLTAに審査落ちしたとしても、他のファクタリング会社では落ちるとは限りません。

そのため、審査に通るかどうかが心配な人は、必ず最低3社の相見積もりをしましょう。

相見積もりをすることのメリットは以下の3点です。

ファクタリングを利用できる可能性が上がる

審査落ちを避けたい人が相見積もりをすることで、単純に利用できる可能性が上がります。

1社だけに審査を入れた場合と、3社に入れた場合では、確率論的に審査に通りやすくなります。

かといって、すべての会社に審査に出してしまうと、手間が増えることに加え、どこの会社に依頼をかけるべきかわからなくなってしまう可能性が上がります。

そのため、相見積もりをする際は3社がオススメです。

一番条件がいいところで契約ができる

審査落ちを避けたい人が相見積もりをすることで、得られるメリット2つ目は一番条件の良い会社で契約をすることができるという点です。

1社のみに審査を依頼した場合、依頼をした会社の条件がいいのか悪いのか判断がつかないケースが多く、ファクタリング会社が高めの手数料を設定しているケースもあります。

相見積もりをすることで、会社ごとの条件を確認することができるようになり、条件のいいところで契約をできるようになる可能性も上がります。

そのため、相見積もりは必ず行うようにしてください。

1社審査に通ると、他社での審査も通る可能性が上がる

審査落ちを避けたい人が相見積もりをすることで、得られるメリット3つ目は他社の審査も通りやすくなるということです。

ファクタリング会社にて、見積もりを作成する際に、90%の確率で他者への見積もり依頼状況をヒアリングされます。

1社審査に通っていることを証明できると、他社の担当者からしても、他社で審査に通っていることが安心材料になり、条件よく審査結果を提示してくれる可能性も上がります。

相見積もりをすることは全てにおいて、メリットが多くなっておりますので、必ずするようにしてください。

OLTAに審査落ちした人にオススメなファクタリング会社

OLTAに審査落ちした人でも審査が通る可能性があるファクタリング会社を紹介します。

審査通過率が高く、柔軟な対応が評判のある企業をまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、網羅的に確認したい方はオススメのファクタリング会社17選もご覧ください。

ビートレーディング

引用:ビートレーディング

ビートレーディングの口コミ・評判はこちらから

・ビートレーディングの評判・口コミ!メリット9選と審査通過のコツ5選も徹底解説

OLTAの審査落ちした人に真っ先にオススメしたいのがビートレーディングです。

審査に落ちてしまう理由は上記で説明した通りですが、その中でも開業して間もない、もしくは初めての取引先という方は、審査が通らないパターンも多いと思います。

ビートレーディングはファクタリングのパイオニアと呼ばれる企業であり、長年の実績と経験から、条件が悪くても買取をしてもらえる可能性は十分にあります。

そのため、OLTAの審査に落ちた人は必ず相談してみるようにしてください。

ファクタリングなら

ビートレーディングに相談する

アクセルファクター

引用:アクセルファクター

アクセルファクターの口コミ・評判はこちら

・アクセルファクターの口コミを徹底調査!審査落ちしないコツ7選とメリット9選も解説

OLTAの審査に落ちた人にアクセルファクターをオススメしたい理由は、ホームページ上で、調達可能額を自動診断することができるからです。

OLTAだけに限らず、ファクタリングの審査に落ちてしまう理由には、事前の確認不足である人が多いです。

アクセルファクターの自動診断を活用し、可能性を把握した上で、審査に申し込むことによって、資金調達ができる可能性が広がります。

そのため、まずはアクセルファクターの自動診断で希望額を調達できるか確認してみてください。

無料自動診断

アクセルファクターをみる

ベストファクター

引用:ベストファクター

ベストファクターの口コミ・評判はこちら

ベストファクターの口コミからわかる評判を紹介!特徴や注意点まで詳しく解説

OLTAの審査に落ちた人にベストファクターをオススメする理由は買取下限が30万円からと比較的低いかつ、注文書ファクタリングにも対応しているためです。

ファクタリングの審査に落ちてしまった方は、請求書の情報に何かしら問題があると言えます。

しかし、注文書ファクタリングの場合、仕事を受注した段階で資金調達ができ、契約書があれば、可能性は高まります。

そのため、OLTAの審査に落ちた方は、ベストファクターの注文書ファクタリングも考えてみてください。

注文書ファクタリング

ベストファクターに相談する

日本中小企業金融サポート機構

引用:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構の口コミ・評判はこちら

・日本中小企業金融サポート機構の評判・口コミ!メリット9選と審査通過のコツ5選も解説

OLTAの審査落ちに日本中小企業サポートをオススメする理由は、ファクタリングでは珍しい非営利団体であるためです。

利益を追求しない団体のため、資金繰りに悩む中小企業や個人事業主に寄り添って、審査をしてくれる可能性があります。

なぜ、ファクタリングを利用することになったのか、資金調達したお金を何に使うのかを明確にし、先方へ伝えることで柔軟に審査をしてもらえる可能性が高まります。

そのため、これまで紹介したビートレーディングやアクセルファクターにも断られた方は、相談することをオススメします。

非営利団体

日本中小企業金融サポートに相談する

のりかえプラス

引用:のりかえプラス

のりかえプラスの口コミ・評判はこちら

・のりかえプラスの口コミ・評判は?運営会社やサービス概要についても徹底解説!

OLTAの審査落ちした方にのりかえプラスをオススメする理由は、のりかえプラスの審査では、ファクタリングをすでに利用していることを評価してくれるためです。

ほとんどのファクタリング会社の場合、既存のファクタリング会社に継続的に契約することを断られた会社は審査に通りにくくなるのですが、のりかえプラスでは逆に評価してもらえます。

そのため、OLTAの審査に落ちてしまったからこそ、のりかえプラスに相談すべきだと言えます。

利用歴を評価

のりかえプラスに相談する

OLTA審査落ちに関するまとめ

OLTAに審査落ちする理由は様々ですが、必ず原因があります。資金繰りに悩む事業者にとって、ファクタリングは救いの選択肢といえます。

そのため、諦めずに別会社にて申し込みをしてみるようにしてください。

OLTAに審査落ちしてしまう理由7選

OLTAの審査が厳しい理由3選

相見積もりのメリット3選

オススメのファクタリング会社5選

OLTAの審査に関してよくある質問

OLTAの審査に落ちました。理由は教えてもらえますか?
正式な理由は聞くことができません。担当者ベースで教えてもらえる可能性もなくはないですが、可能性としては低いでしょう。
OLTAの審査落ちしたらファクタリグは利用できませんか?
OLTAの審査に落ちたとしても、他のファクタリング会社が利用できないというわけではありません。
諦めずに別のファクタリング会社へも申し込みを入れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA