ペイトナーファクタリングの審査落ちする理由は?回避のコツや対処法も解説!

ペイトナーファクタリングの審査落ち必見。

なぜ審査落ちしたのか理由を見つけ、他社で審査に通すためのコツも解説します。

ペイトナーファクタリングの評判・口コミが気になる方はこちらを参考にしてみてください。

3行でわかるまとめ
  • 審査落ちする理由は取引履歴が確認できない事が理由な事が多い
  • 審査前の準備として、書類は必ず揃えておく
  • ペイトナー以外のファクタリング会社を利用

ペイトナーファクタリングの審査落ちにオススメ

ペイトナーファクタリングとは何か?

ペイトナーファクタリング
引用元:ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングとは個人事業主・フリーランス向けのファクタリングサービスです。

累計申請件数は10万件を突破し、利用手数料は10%固定と利用者にわかりやすいのが特徴。

アカウント登録が完了している場合、最短10分で資金調達することも可能といち早く資金調達をしたいニーズを満たし、債権についても支払いが70日以内の債権であれば利用できます。

ペイトナーファクタリングの詳しい口コミ・評判はこちらをご確認ください。

ペイトナーファクタリングの評判・口コミを徹底解説!

ペイトナーファクタリングの審査基準とは?

ペイトナーファクタリングは以下の項目で決まります。

それぞれ解説していきます。

売掛先の信用力

ペイトナーファクタリングの審査基準の1つ目は「売掛先の信用力」です。

ファクタリングというサービスの性質上、利用者の信用度よりも売掛先の信用度の方が大切になります。

そのため、売掛先が上場企業なのか、中小企業なのか、個人事業主なのかによって買取できるかどうかに大きな差が生まれます。

個人事業主宛の売掛債権に関しては9割以上の確率で買取してもらうのが難しいということを頭に入れておきましょう。

売掛債権の質

ペイトナーファクタリングの審査基準の2つ目は「売掛債権の質」です。

ファクタリングでは過去、二重譲渡や詐欺等に使われたこともあるため、そもそも売掛債権が本当に実在するものなのかどうかも確認されます。

そのため、売掛債権がしっかりとしたものである証明をできるように、売掛先との取引履歴がしっかりとわかるような資料を用意する事が大切です。

売掛債権の支払い期日

ペイトナーファクタリングの審査基準の3つ目は「売掛債権の支払い期日」です。

ペイトナーファクタリングの利用できる売掛債権の支払い期日は70日以内と決まっています。

そのため、支払い期日が70日を超える売掛債権の場合、買取してもらえません。

利用者の社会的な信用度合い

ペイトナーファクタリングの審査基準の4つ目は「利用者の社会的な信用度合い」です。

ファクタリングでは売掛先の信用度が重視されるとはいっても、利用者の信用度がブラックリストに載っている場合、利用できる確率は相当低くなります。

個人の公共料金の支払い遅れや税金の滞納などはそこまで問題ありませんが、確定申告をしていない場合は、事業税等を払っていない場合は注意が必要です。

公的な支払いが遅れていることは国が運営しているサイトを利用すればすぐに確認できてしまいます。

利用前に必ず確認するようにしましょう。

審査で落ちる主な理由とは?

ペイトナーファクタリングの審査に落ちてしまう理由は以下になります。

取引先との取引履歴が確認できない

ペイトナーファクタリングの審査に落ちる理由の1つ目は「取引先との取引履歴が確認できない」ためです。

ペイトナーファクタリングを利用するためには口座の入出金明細が必要になります。

入出金明細で買い取ってもらう予定の売掛先の入金履歴がない場合、審査に落ちてしまう確率は高くなります。

ペイトナーファクタリングに対して、しっかりと取引履歴が確認できるようにしなければ審査落ちしてしまいます。

対応するための準備はこちらから

業績や収益が不安定

ペイトナーファクタリングの審査に落ちる理由の2つ目は「業績や収益が不安定」なためです。

ファクタリングを行う際、基本的にはノンリコース契約となり、買い取った債券の保証はファクタリング会社にて持つことになります。

そのため、売掛先や利用者の業績や収益状況が不安定の場合、リスクを加味して、審査に落とされる場合があります。

対応するための準備はこちらから

申請書類の不備

ペイトナーファクタリングの審査に落ちる理由の3つ目は「申請書類の不備」です。

審査に落ちている多くの人ができていると思っているからこそ、落ちてしまいます。

ペイトナーファクタリングの審査では、申請書類が揃っている事が大前提で審査をされます。

申請書類の不備がある場合はそもそも審査に通りません。

対応するための準備はこちらから

支払い期日が長すぎる

ペイトナーファクタリングの審査に落ちる理由の4つ目は「支払い期日が長すぎる」ことです。

ペイトナーファクタリングを利用できるのは70日以内の売掛債権と決まっており、71日以上の場合、審査に落ちてしまいます。

そのため、必ず70日以内の売掛債権で審査に申し込む事が必要です。

対応するための準備はこちらから

社会的信用の不足

ペイトナーファクタリングの審査に落ちる理由の5つ目は「社会的信用の不足」です。

業績や収益が不安定」でも説明した通り、利用者の社会的信用力が低い場合、審査に落ちてしまう事があります。

社会的信用についてはCICJICCKSCで確認する事ができますので、確認してから審査に申し込むことで、審査落ちする確率を下げる事ができます。

対応するための準備はこちらから

審査に通るための準備とは?

ペイトナーファクタリングの審査に通るための準備には以下が挙げられます。

取引履歴がしっかりとわかるようにする

ペイトナーファクタリングの審査に通るために「取引履歴がしっかりとわかるようにする」事が大切です。

申し込みの段階で、取引履歴がわかるようにしていないと審査に時間がかかることに加え、審査に落ちてしまう可能性も上がります。

そのため、審査に通るための準備として、取引歴がしっかりとわかる書類(入出金明細)等を準備するようにしましょう。

審査落ちする理由はこちら

信用度の高い先への債権を選ぶ

ペイトナーファクタリングの審査に通るために「信用度の高い先への債権を選ぶ」事が大切です。

買い取ってもらう売掛債権に関しては、必ず法人向けの売掛債権にしましょう。

個人事業主やフリーランスへの売掛債権の場合、買い取ってもらえない可能性が高いです。

そのため、取引先の中でも信用度の高い先への売掛債権で申し込むようにしましょう。

審査落ちする理由はこちら

申請書類をしっかりと揃えておく

ペイトナーファクタリングの審査に通るために「申請書類をしっかりと揃えておく」事が大切です。

申し込みの前段階で、申請書類をしっかりと揃えておくことが大事です。

準備したと思っていても、焦って用意していると不備が見つかるケースもあります。

そのため、申し込み前に必ず準備しておくようにしましょう。

審査落ちする理由はこちら

70日以内の債権を買い取ってもらう

ペイトナーファクタリングの審査に通るために「70日以内の債権を買い取ってもらう」事が大切です。

ペイトナーファクタリングでは買取できる債権を70日以内の債権と決められています。

そのため、目安として、2ヶ月先の再建までと覚えておくと良いでしょう。

支払日が未定の場合、買い取ってもらえないことも多いため、支払い期日を確認しましょう。

審査落ちする理由はこちら

自身の信用度を確認する

ペイトナーファクタリングの審査に通るために「自身の信用度を確認する」事が大切です。

ご自身の信用情報が汚れていると、ファクタリングが利用できない可能性も上がります。

そのため、利用前の準備段階で自身の信用情報をしっかりと確認しておくようにしましょう。

審査落ちする理由はこちら

審査落ちを回避するためのコツ

ペイトナーファクタリングの審査落ちを回避するためのコツは上記で説明した「審査に通るための準備」に加え、ダブルチェックを怠らない事が大切です。

書類の不備がないと思っていても、焦って用意したり、疲れている時に用意をするとうっかり抜けてしまっている書類などもよくあります。

そのため、しっかりと審査に出す前に必ずダブルチェックをしましょう。

また、口コミや評判などで審査落ちの原因を探ることもできますので、ペイトナーファクタリングの評判・口コミも参考にしてみてください。

審査落ち後の対処法

ペイトナーファクタリングの審査に落ちてしまった時の対処法としては以下が挙げられます。

別の売掛債権を利用する

ペイトナーファクタリングの審査に落ちてしまった場合、「別の売掛債権を利用する」事が対処法の1つです。

1つの債権が審査に落ちたからといって、他の債権が通らないというわけではありません。

そのため、別の債権で審査に入れることで利用できる可能性はあります。

買取希望額を下げる

ペイトナーファクタリングの審査に落ちてしまった場合、「買取希望額を下げる」事が対処法の1つです。

ペイトナーファクタリングの審査に落ちた理由は債権の買取希望額が高すぎた事が原因の可能性もあります。

そのため、買取希望額を下げてから審査に申し込むことで審査に通る可能性があります。

違うファクタリング会社を利用する

ペイトナーファクタリングの審査に落ちてしまった場合、「違うファクタリング会社を利用する」事が対処法の1つです。

ペイトナーファクタリングで審査に落ちたとしても、他のファクタリング会社では審査が通る可能性があります。

ペイトナーファクタリングの審査落ちにオススメ

上記以外のファクタリング会社のオススメはこちらを確認ください。

ペイトナーファクタリング以外の資金調達方法

ペイトナーファクタリングの審査に落ちてしまったからといって、他の資金調達手段が使えないというわけではありません。

一緒に確認していきましょう。

融資を活用する

ペイトナーファクタリング以外の資金超調達手段の1つ目は「融資を活用する」ことです。

個人事業主の場合、審査の難易度は上がりますが、法人の場合、利用できる可能性もあります。

融資の相談をする際には必ず、すでに法人口座を開設している銀行に相談するようにしましょう。

また、創業初期の場合は、日本政策金融公庫の創業融資なども視野に入れてみてください。

ビジネスローンを活用する

ペイトナーファクタリング以外の資金超調達手段の2つ目は「ビジネスローンを活用する」ことです。

ビジネスローンは個人や法人の代表者が保証人となることで借入する事ができます。

特徴としては銀行融資よりも資金調達が早くできるという事です。

他のファクタリング会社を活用する

ペイトナーファクタリング以外の資金超調達手段の3つ目は「他のファクタリング会社を活用する」ことです。

前述したように、ペイトナーファクタリングの審査に落ちたからといって、他のファクタリング会社の審査に通らないとは限りません。

他のファクタリング会社に審査を申し込むと通ったという例もありますので、ぜひ問い合わせしてみてください。

ペイトナーファクタリングの審査落ちにオススメ

ペイトナーファクタリングの審査落ちに関するまとめ

ペイトナーファクタリングの審査落ちする理由は様々です。

審査落ちを避けるためには、しっかりと準備を行った上で申し込む必要があります。

ペイトナーファクタリングの審査基準

審査落ちする理由5選

審査に通るための準備

審査に落ちた時の対処法

その他の資金調達方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA